シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヨーロッパ1等旅行

とっくに、廃版になっていますが ”辻 静雄”さんの著作で
『ヨーロッパ1等旅行』。という旅行記があります。
まだ私が若い日、『明日のジョー』。と『ヨーロッパ1等旅行』を
読んで熱くなり、ヨーロッパ行きを決意させてくれた貴重な1冊です。

本の内容は「吉兆」の先代 湯木 貞一さんと二人でヨーロッパの
1流店ばかりを食べ歩くと言う本でした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%AF%E6%9C%A8%E8%B2%9E%E4%B8%80
読んでいてとても、面白く。
いつか私もこの本の中のレストランに行き
楽しく食事をして、移動には
BMWでアウトバーンを速度いっぱいに飛ばしてと・・・・。
勝手な白昼夢は限りなく広がりました。


今でも時折埃をかぶった本立てから、探して読みふけります。
確かに日本の高度成長期に、「吉兆」が日本料理の質の向上に
貢献したのは多大な物があったと思います。
私が、日本料理を教えて頂いたのも、吉兆出身の新村さんという職人でした。


今回吉兆が本当に情けない理由で、閉店なさる事は残念でなりませんがあそこまでやってしまうと、致し方ないのでしょう。
事件が発覚した日、もう行けなくなるからと、東京からのお客様が
その日のランチに行ったと仰ってましたが 現実になりました。

食材や、完成した料理の再使用。
誘惑が全く無いとは言いません。
一人の人間として、「もったいない」と思う気持ちは
あってしかるべきです。
地球の南の国では、北の国が飽食に明け暮れているせいで
餓死している子供達が沢山います。 
我々が残飯として、廃棄している食材を再加工して
彼らにプレゼントできたら、少なくとも飢餓からは救われます。


でも、一回の食事が一人何万円という対価を支払っているのに
使いまわし(仮に1杯300円の学食のうどんでも同じですが)は
商道徳上あってはならない、事だと思います。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E7%94%B0%E8%88%87%E4%B8%80
先日久しぶりに八田興一さんの本を読んだが、戦前の日本人は
あれほど、立派な事をする人が沢山いたのに。
どうしてしまったのでしょう?

新潟の山古志村の地震の時、ジャンボ宝くじ
前後賞入れて3億円、役立ててくださいと当りの宝くじを3枚匿名で
寄付なさった方が居たが・・・・。
人間は平気で善にも悪にもなれる。


とにかく、ひとつの時代が終わった。
残った今回の事件には関係の無い「吉兆」のみなさんの奮起を期待します。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/28(水) 23:36:33|
  2. レストラン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<友、遠方より来る。 | ホーム | 記憶に残る朝飯。フォー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/81-2426c11a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。