シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

めまい。2

お見合いに失敗した件の女性は それから3ヵ月後
北九州の優しい歯科医と巡り会い、1年後にめでたくゴールインしました。
(わしのお陰や!)

さて何となく その時以来その店には行っていなかったので気まずい事この上ない。
私の方が年も上だし、こちらから言葉をかけて後は知らん顔と言う方針にしました。
いまだに彼は独身でしたが、(人の事を心配すんなって?)
何のことやらあまりよく覚えていないようでしたので一安心。

さて、フォワグラですが・・・・。
「ムッシュー、今夜はお祝いだから何か、
フォワグラに合うワインを適当に見繕って下さい」。
その日の気分は、よく冷えたポルト酒(但し白)か
王道のソーテルヌ、ヴィンサントでも良いなと思いましたが
フレンチにヴィンサントはないですね。

決めあぐねていると、これにしましょうといって
チクリンさんが 引っ張りだしてきたのは
「エシェゾーの'99」。何か悪い甘美な悪夢を見ているような気がしてきました。
フォワグラとの相性ははっきり言って未知数です。
鴨のローストにフルーツ系(ベリー類、柑橘類、桃やアプリコット)の
ソースに、フォワグラが添えられていたら
個人的にはかなり好みの味の組み合わせです。

しかし、ゲストがセレクトしたワインが明らかに奇妙なマリアージュでも
逆らわないで受け入れると言う 我々の原則がありますので
「おっ良いですね」とお伝えして、この馬鹿高 高級ワインを頂く事に
しました。

(馬鹿高といってもDRCのエシェゾーではありませんよ!)

分厚く切ったフォワグラにサツマイモの輪切りのローストが添えられて
ソースはエーグルドゥ(甘酸っぱいソース)
ワインも料理もかなり美味しいけど、何か変かな?
と言うか私の体力が、このフルボデイの濃厚なワインを
楽しむにはもう、嗅覚も味蕾も疲れ果てていました。

それでも、日韓横断ウィンドサーフィン大会の実行のための
事務局がいきなり開設されたりと 話しは弾みっぱなし。

「ムッシューは料理作ってばかりだあんまり食べていないから
何か食べてよ」。
さらなる、料理のお勧めが・・・・。
やっぱりせっかくのワインを美味しく頂きたい
胃の収容容量はとっくに超えていましたが
鳩のローストをオーダーする。
私の二人の友人はまるで烏龍茶でも飲むように
がぶ飲みをしていて、もったいない事この上ない
鳩の料理が来る前に「エシェゾー '99」は終わりましたが
鳩を何とか食べて帰ればいいやと 思っていると
チクリンさんまたもや、何処かにお消え遊ばして
お手洗いでも行ったのかと思っていたら。

新たなる、苦難の1本をニコニコ抱えていらした
「ルイ・ジャドのシャンボール・ミュジニーこれも'99」。
『シッシッ死ぬー』とベッドの中でもないのに呻いてしまいました。

こんなに良いワインばかり開けるのなら
今度日を改めて、料理も選んで楽しみたかったよー。
逆に本当に美味しいチーズだけセレクトするとか。


そうやって、幸福で不幸な夜は更けていきました。
この日に開けたワインの金額を頭の中で(すみません貧乏性なもんで)
計算して愕然とする。総計安くても12万円、高くて18万超え


あーあーあー疲れた」。 とっても楽しかったのですが。

この話し 更に続く。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/22(木) 15:56:01|
  2. 友人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<めまい。3 | ホーム | めまい。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/77-07ca00c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。