シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

頂く。

今年も続々と・・・・?


5人の方からヴァレンタインデーの贈り物を頂いて
これくらいが、常識的であり平和で嬉しいと
負け惜しみを言っておりますが。


昔、若造のくせに、会社の役員なんぞを押し付けられていた頃は
少なくて30個前後、さらに中州で遊び呆けていたころは60-70個
前後色々な物を頂いた。


誰に何を頂いたか解らなくなるので、一々付箋に名前を書いて
貼っておきました。
何も私は自慢しているわけですが・・・・・。


心に残る?プレゼントを少し書いてみます。
心に残るとは、インパクトが強すぎて今だに覚えている
と言う事であって、世間一般の意味とはかなり違います。


ひとつ。
男性用のランジェリー。
それも妙齢な女性から。
そのランジェリー どんな、ゲイバーに行っても彼らが赤面するぐらい
ターニングポイントを 強調してありました。
欧米では(又、欧米か?)基本下着を贈ると言う事は、特別な関係になった人。
もしくは、特別な関係に進みつつある人達の間で交わされるべき
贈り物のはず・・・・。
「うーん 意味が理解できない」。
おそる、おそる電話をする。
「頂き物について質問があるのですが」?
「はい何か」?
「あのランジェリーの意味は解っていらっしゃいましたか」?
「えっ?何かお気に召しませんでしたか」?
「いいえ、あのような結構な頂き物ありがとうございました。
ただ、下着を贈る事の意味が解っていらっしゃるのかと思いまして」。


長い沈黙・・・・・・。



さらに、長い沈黙・・・・・。


「どんな、意味があるのですか」?
「えっ?ご存知無いんですね」。
「意味はですね、『二人っきりの夜に身に付けて来て下さい』と言う
事になりますが」。


長い沈黙・・・・・・。


「どうしましょう、男性はあまりチョコレートをお好きでない方も
多いので今年は、全てランクを分けて下着にしたのですが」。


「君は、アホだ!明日にでも私のシャレを解ってもらえたかと
丁寧に電話でもした方が良いですよ」。
「もっとも、あなたが誰でもウエルカムな慈悲深いマリア様なら別だけど」。




ひとつ
賞味期限の日付が昨年の6月で切れていた、チョコレートの
詰め合わせ。
彼女は多分昨年、多めに買い過ぎてしまったのでしょう。


あまり良く知らない女性で、別にプレゼントを
いただけるような 関係ではないのですが
(確か、出入りの生命保険屋さんのお姉さん)
「ありがとう」!と言って何気に頂いたが、開けてびっくり
夏を越したチョコレートは、ブルーム現象を起こして
黒いチョコレートのトリュフがまるで ホワイトチョコの白い
トリュフの様に変色しているし・・・・。


「まず、これは食べれんやろー」・・・・。


ご幼少のみぎり、母から『お前は卑しいから道に食べ物が
落ちていても食べたらあかんし、知らない人に食べ物を
もろーて食べたらあかんでー』。と
きつくたしなめられていた事を思い出しました。

あの時のチョコレートは今だに忘れられません。
もちろん、即座にゴミ箱行きでしたが。
私のホテルの中で他に 例の方にチョコを頂いたスタッフがいたら
速やかに廃棄処分にするように、回覧をまわしましたが・・・。



ひとつ、
リンツの極薄のビターなチョコレート。
リンツはスイスのチョコレートメーカーで
極薄の板チョコは、私の好みである・
(もちろん、元ベルギー人としては コート・ドール、
ゴディバ、ノイハウス、レオニダスなどもとても好きですが)
最近リクエストを聞いていただける時は、リンツか何がしかの
アルコールにしていただいていますが。


ある年にやはり、リクエストしてリンツを、頂いたのですが
ビニールのパッケージを上手く細工をして、まるで開けていない様に
してあったので気付きませんでしたが、箱のセンターの部分を
切り取って その部分に私が欲しがっていた
ダンヒルのオイルライターを忍ばせてありました。


もちろんダンヒルのライターは、その時も骨董品扱いで 今も職人が
年に特注で何個か作るらしいのですが
とても誰も手に入らないのを知っていたので
「欲しい物はなーに」?と聞かれたら
安心して、「ダンヒルのオイルライター」と言えたのですが


なんと彼女、クリニャンクールの骨董市で見つけて値切り倒して
手に入れてくれたらしい。
でも、それに気付いたのは随分後になってから
そのチョコレートを食べる順番が来た時でした。
ライターからオイルが微妙に漏れていて、チョコレートは
食べられませんでしたが、彼女の気持ちと洒落が
嬉しかった事を今でも昨日の事のように覚えています。




さーて、私は頂いたチョコレートを肴に頂いたお酒を飲む事にします。

スポンサーサイト
  1. 2008/02/15(金) 00:37:02|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<生きる。 | ホーム | 味わう。を総括する。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/40-595c7fcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。