シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

味わう。1.キャビアなど

昨日のニュースで、いまいち美味しさが解らない高級食材ランキング
なるものがありました。
気になる順位は
1位キャビア
2位フォワグラ
3位からすみ
4位乾しなまこ
5位ツバメの巣
6位トリュフ
7位百合根
8位エスカルゴ
9位すっぽん
10位白子の順なんですが。

高級食材と言われているにしては、7位の百合根8位のエスカルゴ
10位の白子はかなり疑問な 高級食材?

百合根は現在畑で栽培できるし、エスカルゴは元々葡萄の樹の
害虫でしかなかったし、白子も河豚や鱈の雲子なら解るが
他の白子は殆どすてているし、11位のアンチョビー12位の
湯葉なんぞはイタリアと、京都のおばんさいですぜい。

では何故、高級食材が美味しくないのか?
少し考察をしてみる・・・・・。

1位のキャビアについて。
まずどのような、シチュエーションで召し上がったのか?
結婚式の前菜のカクテルの上に載った、かぴかぴに乾いた
黒い物体を食べて、美味いの不味いの言っているなら
御門違いも甚だしいことで、


シチュエーションとしてお勧めは、南仏はニース、ホテル ネグレスコのメインダイニング
シャンテ・クレールにお出でになって、
もちろん同伴の若い女性は、若いころのブルック・シールズか
フービー・ケイツ並の、お色気あふれる女性を同伴
される事をおすすめします。
もちろん時刻は、夕暮れ時 ドレスコードは女性は
背中を大胆に開けたイブニングドレス、男性はノウネクタイでも
構いませんが、ジャケットは着用の事

あなたと、ガールフレンドが席に案内されると
氷をたっぷり引き詰めたクリストフール
(フランスの銀食器、超高級品)のキャビア用のバケツが厳かに運ばれ
傍らにはルイ・ローデレールのクリスタル・ブリュット
(ドン・ぺリニョンより高価で高品質)がキンキンに冷やされている。
お酒に関しては。当然ウオッカでもかまいませんが
お連れの美しい女性とのアフターを考えるなら、あまりお勧めはしません。

キャビアはもちろん事前に"ベルーガ”というキャビアをオーダーしておきます。

キャビアには原料となるチョウザメの種類によって
ベルーガ(ラベルは青で小売値で100g 4-5万円はします)
オセトラ(ラベルは黄色で小売値で100g2.5-3.5万円ぐらいです)
セブリューガ(ラベルは赤で値段はオセトラより少し安いかな?)



ネグレスコクラスになると、お子様のままごとの洗面器ぐらいの
缶を開けて持ってきてくれます。
もちろん、あなたに出される前に調理場で重さは正確に
軽量されています。
そして、あなたとガールフレンドが好きなだけ食べた後
キャビアの缶は、再び調理場に戻され軽量を再度受けます。
これで、二人が食べたキャビアの量が正確にわかります。
(1gなんユーロになるかは解りませんがかなりの高額です。)


キャビアには軽く焼いたメルバトーストとブリニ
(そば粉のクレープ、必ず焼きたてを持ってきてもらうこと)と
サワークリームがそえられています。
なんかの本で読んだからといって、玉葱のみじん切りは?
などとオーダーしたら露骨にサービスのお兄さんから嫌な顔をされる事請け合いです。
ので、今日は止めておきましょう。


トーストかクレープの上にキャビアを乗せていただくわけですが
少なくてもティースプーン1杯、こうなりゃ破れかぶれだとお思に
なれるなら、思い切ってスープスプーン1杯ぐらい乗せましょう。
サワークリームはブリニのときは必ず添えた方が美味しいと思います。
メルバ・トーストの時は洒落て、さっとレモンだけをを絞ってみるのも楽しいかと。


このときの会話は決して、月末の支払いや このあいだの喧嘩の
事を蒸し返してはいけません。

最初から最後までにこやかに、今日の午後2人で出掛けた
マチスとシャガールの美術館(ニースに道を挟んで向かい合わせにあります)
のお話しでもしましょう。


ロデレールのシャンパーニュも空いたし、魚卵の少し生臭い匂いにも
飽き飽きしてきたので、今日はもう帰ります。
前菜としてではなく、あくまでキャビアだけを食べに来た
というのが、スマートな食べ方かと思います。

「ラディッション・シル・ヴー・プレ」。
(「お勘定をお願いします」と、言いましょう。ブラックカードを 持っているからといって、
テーブルの上でクルクル振り回すのは下品ですのでお止め下さい。)

多分汚い文字で書かれた(向こうの手書きの勘定書きをすらすら読めたら
あなたのヨーロッパ生活も充実してきます。
間違いだらけですので、必ずよくチェックして下さい。)
勘定書きには、あなたの予想を遥かに超えた金額が
記載されていますが、目の色ひとつ変えずに
にこやかにお支払い下さい。
多分軽く20万円は越えているでしょうが・・・・。


支払いが終わり、店を出ようとするとあなたの席の
サービスを担当してくれたお兄さんが、アポロの宇宙船のドッキングか
シルクドソレイユの空中ブランコよろしく絶妙のタイミングで
近づいてきますので、右手のポケットからサッとチップを渡します
金額はそうですね、日本円で5千円ぐらいでいいでしょう。
そのとき、彼にあなたが「ありがとう」を言う事もお忘れなく。


以上のことが、さりげなくスマートにできなければ
キャビアを食べても美味しくもなんとも無いと思います。


世界の3大珍味などと言ったところで、あくまで西洋人が
勝手に決めた事で
ファーイースト(極東、という呼び方もおかしいが)の我々の
関知することではなさそうですが・・・・。


このテーマ、少し真面目にシリーズでお届けします。
でも、キャビアは乱獲がたたって、本当に希少というか
絶滅寸前なので、できたら他に美味しい物はいくらでも
在りますから、食べないで頂きたいのですが・・・・・。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/06(水) 14:19:09|
  2. 食材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<味わう 2.フォワグラは | ホーム | 小人閑居して不善をなす>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/36-cc09b98b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。