シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

予約について

めずらしくランチタイムが、ひっくり返るほど忙しい時
そんな時に限って 電話が鳴り始める。
「もしもし、お宅はランチは何時までなの」?
「2時半までにお入り頂ければ結構ですが」。
「2時半までって事」?
「いえ、2時半にお入り頂ければゆっくりお食事をしていただけますよ」。
「何時まで居ていいの」?
「時間は特に決めておりませんが」。
「あっそう、所で今日のランチの前菜は何」?
「自家製の鴨のテリーナとなっておりますが」。
「スープはなーに」?
おばちゃんあくまで、マイペースである。
「ジェノヴァ風のミネストローネを御用意しておりますが」。

いいかげん面倒臭くなったので割愛するが、それから彼女は
メインを聞き、デザートを聞き、各ランチの価格と内容の事、
夜の営業のことをあれこれ訊ねた。

「所でお客様は本日いらっしゃるのですか」?
「今度行こうかなと思って・・・・・・」。
「今大変込み合っておりますので お電話そろそろよろしいでしょうか」?
電話は極めて自然にガシャリと切られた。


別な日、夜の8時半になり最後のゲストの、デザートとカフェのサーヴィスも終わり
さて そろそろ看板を仕舞おうかなーと思っていると電話が鳴り出す。

「近所に居るのですが、九時過ぎに6名御席は空いていますか」?
「大丈夫です、御席はご用意できますが」。
「では、9時過ぎに6名で山本と申します」。
「9時過ぎに6名山本様、はい承りました」。
「所で営業は何時までですか」?
「ゆっくりしていただいて結構ですよ」。
「通常は何時までですか」?
「ゲストが帰った時間です、ゲストがいらっしゃらなければ10時に閉めております」。
「10時までですか」?
「いいえ、お客様がお帰りになるまでです」。
「解りました、今から向かいます」。
かなり怪しい雰囲気なので、「念のためお電話番号いただけますか」?
「すぐ着きますから」といって電話は切られた。


今から向かう?近所に居る?一抹の不安を感じながらも急いで
テーブルセッティング、おしぼりと軽いおつまみの準備をする。
待つ、待つ、待つ。
9時になる、来ない、待つ、来ない、待つ、来ない・・・・・・。
何かの時のために、一応9時半まで待つ・・・・・。
やはり、来ないのである。

そのゲストを馬鹿にするつもりは毛頭ないが、電話番号を知らせないと言う事は
実は私は行きませんという ひとつの意思表示なのであるから。


>予約を受けたが電話番号を伺うと、私の個人情報をなぜ見ず知らずの
あなたに教えなければならないのかと、噛み付く女性が過去1名おりましたが
そんな、基本的な社会契約もできないゲストは来て頂かなくて結構と
お断りを致しましたが  何か?


はなから来る意志が無いなら
「すみませんが、やっぱり今日は止めにしておきます」。
と何故言ってもらえないのかと、いつも臍を噛む思いである。
そうすれば、私の時間も、食材も、電気も無駄にすることは無かったのに。


一応私は日本人らしいので、同属の日本人を馬鹿にしても
「目くそ鼻くそを笑う」、「天に向かってつば吐けば」(ナスティですみません)
ってな事になりかねないが。
あまりにも、レストランの楽しみ方が下手過ぎます。
もちろん、あなたはゲストですから威張っていても構いません。
もちろん、限度はあるのですが。
予約をしてやっているんだから、ランチタイムだろうが、ディナータイムだろうが
相手の都合を考えずにずけずけ電話をして良い ということではもちろんないし
あなたが、常識人ならもちろんそうはしないだろうし、いつもどうり
アイドルタイムに「今お話してもいいですか」?と訊ねれば
レストランとしても あなたにお会いする前から(エレガントなゲスト)と
ゲストの印象欄に書き加えられるかもしれない。

お店の従業員相手に、いくら威張っても影で馬鹿にされるのが落ちである。
こう書くとゲストが主で、店側は従だという輩がいるが
どうして?、そんな事だれが決めたのですか?
色々な国に行ったが、店の従業員相手に威張り散らしているのは
朝鮮人と日本人と中国人ぐらいかな?
(もちろん他にもいると思いますが)
欧米では(又欧米か?といわれそうだけど)帰り際サービスを受けたゲストが「メルシー」(ありがとう)を言うのは
最低限のマナーの様な気がするが・・・・・。


2番目の話に戻るが、予約はもちろんキャンセルしていただいた構いません。
しかし、誕生日とかで料理の予算、内容をすでに決めて頼んでいる場合は
普通の人なら「予約はなしで」とはいわないはずです。
でも、人生にアクシデントは付き物で どうしても、いけない場合はあると思います。
そんな時 いまだに佐賀でピンピンしているおばあ様を、今月は3回死んでもらうのか?
正直に今に状態を話すのか?それはあなたの良心ですが。


昔自分のガールフレンドの生まれ年の Ch,オーブリオン(ボルドーの5大シャトー非常に高価)を
どうしても、探して欲しいお金は掛かっても構いません、因みにその日のディナーは1人20000円(10年前はかなり高価)でお願いします。
との予約を受けた、今みたいに希少ワインがネットでサッサと手に入る時代ではなかったので随分苦労したが何とか手に入れ、先方に価格を知らせたら問題ありませんとの事でしたが。

当日来ないのである、幸い住所と電話番号は控えていたので、電話すると
「わりーィ 今日都合悪くなったキャンセル!キャンセル!」。
ホテルの顧問弁護士が2度ほど支払いの催促の手紙を書き、最終的には
支配人が北九州まで取り立てに行った。

交通費、手数料、損失分、お金の合計は12万円を楽に越えていた
彼が手にしたものは、市価の3倍のCh.オーブリオンでした。


なにも難しいことはありません。
あくまで、あなたの一般常識に照らし合わせて振舞って下さい。

                         


                                 「汝の欲せざる事を、他人になすべからず」
スポンサーサイト
  1. 2008/01/18(金) 16:26:22|
  2. ゲスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャプテン | ホーム | コック オー ヴァン(鶏の赤ワイン煮こみ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/31-1040d03b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。