シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冬のヴェネッツィアで 2

初めてヴェネッツィアの風景を見たのは ルキノ・ヴィスコンティ監督の「ヴェニスに死す」を見た時。冬枯れの町はマスカレード(仮面舞踏会)までは時間があり閑散としていた。
不思議な町だった。運河に落ちて溺れて死ぬ子供はいても、
車に撥ねられて死ぬ子供はいないだろう。

007のカジノ・ロワイヤルにも出ていた風光明媚な所ではあるが、
潮が引いてくると運河はドブ河となりかなり臭い。
「ヴェニスに死す」の中でもコレラが流行して
主人公のアッツエンヴァッツハは罹患して死んでしまうのであるが、
干潮時の臭い街中を歩きながらなるほどと訳も無く感心してしまった。


この町は今も砂州の中に少しずつ埋没している。
沈んでしまった家の上に家を建て又沈みを何度か繰り返しているとのこと。
地球温暖化で海水面が3M上昇すると 哀れヴェニスの町も海底の藻屑と消える。
着いた日の夜食事をしていると隣の席の団体様が楽しく騒いでいらっしゃる。
言葉はフランス語だった。
「あなたはお1人ですか?」とニコニコしながら英語で話しかけられた 逆ナンパですか・・・・。
まあ楽しそうな方達だったので、お話を「あの英語は止めましょう 私はフランス語が話せますから」。
そう言うと「信じられないは」と非常に喜んでくれた。
彼女達はスイスのフランス語圏からの観光客で。
名付けて(未亡人の会)
ある村の未亡人ばかりの集まりで(若いといっても30代から60過ぎですが)
別に私達主人を「殺っちまった訳じゃないからね」と楽しいおば様達。
突然今日の獲物の私は、彼女達に愛されてしまい
今からゴンドラにいっしょに乗りましょうと誘われた。
(なぜ若いセニョリータじゃないのとは思いましたが)
別に断る理由もなかったのでいざ乗船。

ゴンドラにもピンからキリまであって。
かたや二艘立てで船頭、カンツォーネの歌手、アコーデオン奏者、
ワイン、ケータリングのご馳走まで積み込み、
まるでトラファルガー海戦でもやりそうな派手な仕立てから、
船頭1人で決められた距離だけ黙々と漕ぐだけのものまで。
それぞれの財布に合わせて悲喜交々。
我がおばちゃん達はかなりリッチらしく。
私のディナーの勘定書きは消え、
さらに、お金はもっているからといって高い仕立てにしてくれた。
楽しかったですよ。なんせ私はバルセロナに行っても、
サグラダファミリヤ教会に行かない人間ですから。
自分1人だとゴンドラなんぞにはぜったいに乗らなかったでしょうから。
あんなものと少し馬鹿にしていたが私が乗った時みたいに夜中ではなく暮れなずむ港を恋人と二人で流してもらえば多分最高でしょう。

小一時間あちらこちらとゴンドラは流れ、
黒澤監督の「生きる」の挿入歌ゴンドラの歌でしたっけ?


命短し恋せよ乙女、紅きくちびる褪せぬまに。
熱き血潮の冷めぬまに、明日の月日はないものを・・・・。



スイスにきたら寄りなさいと言って住所と電話番号をいただいたが、その時の旅ではスイスは予定になく。
親切なおば様達に、(多分二度と会うこともない一期一会なのに)又の再開を約束して別れた。


ホテルの部屋の中までカンツォーネがリフレインしていた。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/30(火) 15:38:32|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<遺影 | ホーム | 冬のヴェネチアで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/23-6f041bb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。