シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

せつないデート

彼女は大抵ランチが終わって片付けも終わった頃にやって来る。
私の店はマンションの2階なので階段を少しづつ登ってくる。

お店に入って来るとにっこり笑って椅子に腰掛ける。
「また来ちゃいましたよ」。そう言って鞄の中なら真っ赤に熟れた柿を取り出す。
入り口のパンフレットを置いてある場所に柿を1個と紅葉した渋い柿の葉を2枚飾る。
安心したかのように席に戻り「いつもの通りでお願い」と注文をする。
今日は今から彼女のためだけにポタージュ・クレシー(人参のポタージュ)を作る。
人参がブイヨンと野菜と共に煮えるまで話をする。
彼女は入り口のクリスマスの小さな飾りにも季節を感じる。
さっき柿を慈しむように枯れた葉っぱと共に飾ったのも
多分もう多分二度と見ることの無い日本の初冬を楽しむため。


ガールフレンドは最近知り合った80歳になるおばあちゃま。
それも末期ガン。
生憎と頭脳は明晰、受け答えになんの粗漏も感じず。
薬漬けにされて管や器械につながれて生きながらえても
幸せじゃないと病院を無理をして退院。
子供はおらず、86歳のご主人は元気だけれども
もう面倒はみてあげられないと 施設に入所
残された後何ヶ月かを懸命に人間の尊厳を失うことなく生きていらっしゃる。 
80歳のシングルライフである。
私は彼女ではないので今の彼女の気持ちがどうなのか
同じようには理解できませんけど
死期が迫っているのに焦りも絶望感もまわりに感じさせないで
悠々と毎日を生きている姿には心を打たれます。

危なくなったらすぐ横の逓信病院であくまで応急処置
午後には病院から逃亡 私のもとへ食事にいらっしゃる。
食欲はほとんど無いけど、スープは美味しいとうちにいらっしゃる。
なるだけ味に変化をと、そのつどスープは変えると言うか1から作る。
別に急ぎませんからと、お話をしながら待つ。
食後の濃い珈琲は好きだけど せっかく止めたタバコを
吸いたくなるからとコーヒーも無し。
帰り際には、「さようなら」。
初め「又おいでください」と言ったら又来れるか
解らないから「さよなら」なんだって言われて少し辛かったけど
今は明るく「さようなら」。
12月の23日まで生きていたらクリスマスの食事にいらっしゃるとのご予約。
ただいま恋人への初めてのプレゼント選ぶようにその日のスープは何にするか思案中。


春子様
あなたがランプを消すまえの最後の楽しみに巡りあえて良かったです。
スポンサーサイト
  1. 2009/12/08(火) 16:39:45|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<嘘をつくな! | ホーム | 新しい天体>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/227-f8a31c60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。