シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

捕鯨と人種差別について

今年も愚かなるテロリスト達 海洋生物保護団体を標榜しながら
実はただの人種差別主義テロリストの集まり『シーシェパード』が
我が国由来の食文化 捕鯨における鯨肉の喫食の再開を望む
調査捕鯨妨害のために南氷洋で暴れるらしい。


先日見た気になる映像。
http://www.youtube.com/watch?v=pPkf7T00qH0&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=zHhsnqQXXVQ&feature=fvw

白豪主義って皆さん覚えていますか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E8%B1%AA%E4%B8%BB%E7%BE%A9
と言うか年代によっては知らない若い人が多いと思います。
近年では南アフリカのアパルトヘイトばかりが有名に
なっていますが、オーストラリアの白豪主義も
人種差別の歴史の中ではひどい物としてはなんら変わりありません。


捕鯨に関しての日記は何度と無く書きました。
その度に訳の解らない連中から非難を浴びましたが
多分同じ日本人の彼らが白人達の独善的な人種差別に
加担している事には気付いていたのか甚だ疑問である。


WSP(白人でサクソン人でプロテスタントであることアメリカの支配階級)
のいう事には、鯨は知能が高いから殺してはならないと言う。
ついほんのこの間まで知能が高いどころか
同じ人間をアフリカ系で肌の色が黒いと言うだけで
国を挙げて差別していた人達がおかしな話である。
少なくとも黒人の能力は他の人種と比べてなんら劣ってはいないし。
混血できるということは我々は同じ種であろう。
オーストラリアも同じである。
元々オーストラリアに住んでいたのはアボリジニであって
イギリス人ではない、別にオージー達を差別する気は毛頭ないけど
オーストラリアはイギリスの流刑地であったのが始まりである。
(オージーが犯罪者の末裔だから日本人を差別すのだとは言っとらんぞ)
他のオーストラリア固有種の動物並に哀れなアボリジニ達も
おおいに殺されまくった
(純潔のタスマニア・アボリジニは絶滅させられています。)
(オーストラリア人は大陸の固有種の生き物の絶滅記録の
タイトル保持者で近くギネスに認定を受けるべく申請中だそうです。)
知能が高いから殺してはいけなくて、低いから殺して良いと勝手に決めるのは
自分達がそいつらより生き物として更なる高い地位に居るのであると
宣言しているのであって WSPはまるで神にでもなった気でいるのか?
そのくせ自国の、ディンゴやカンガルーは勝手に害獣として
苦痛を長時間与えるような殺し方をしても平気である。


朝鮮半島の人々は犬を食べる、中国の人も食べる。
犬好きとしては悲しい限りであるけど
だからと言って彼らの事が野蛮だと言うつもりは毛頭ない
それは彼らの食文化であり外国人の私がとやかく言うべき事ではない。
インドでは牛を神の使いとして丁重に扱う なので自ら牛を食べたり
殺して日本に輸出しようなどとは決して思わないだろう
インド人がオーストラリア人に『我々の神の使いを殺して食うな』といったら
『国土全体に牛を溢れさせて一切食べるな』と言ったら事態はどうなるだろうか?


もちろん同じコモンウェールスに加盟している
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B9%E9%80%A3%E9%82%A6
オーストラリアですが
同じアーリアン人種でも色の黒いインド人などゴミ屑ぐらいにしか思っていないので
全く無視する事は確実でしょう。



アングロサクソンはいつも世界中でご都合主義のやりたい放題
南京大虐殺でっちあげの共産中国となんら変わらん。
(私は虐殺が無かったとは言ってはいない でも30万殺されたと言い張るなら
日本兵に殺されたとする科学的に検証可能な証拠を見せろと言っているだけである。)
少なくとも共産中国は日本人悪人説を自国民に流して
国内政治をうまく行なう為に利用しているだけで
韓国、北朝鮮と同じく国民の不満をそちらに向けさせて
自分たちの失政を誤魔化す効果は上げているので
まだ理解ができる。(自国民を愚民化させる教育を施す国家なぞ納得はしとらんがね。)
少なくとも彼らが人種差別をしている訳ではない。


この話し続く。
スポンサーサイト
  1. 2009/11/04(水) 01:51:40|
  2. 食材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<最後の晩餐 | ホーム | 他山の石>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/219-52c7044d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。