シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

風に吹かれて

ランチのゲストが早く途切れる。
突然金木犀の香に包まれてのんびりしたくなり 敢え無くリタイア。


まずは、競泳用の水着、耳栓、キャップ、ゴーグル
バスタオルを用意して1年半ぶりに泳ぎに行く。
西鉄電車で下大利まで行き、そこから疎水に沿って1500mぐらい
行くと大宰府市民プールがあります。


両肩を壊してから、炎症がひどく箸の上げ下げも満足にできない
時期もありましたが 現在かなり回復の兆し
シャツも着れるしパンツも履けるので
(どうしてシャツは着るでパンツは履くのでしょう?)
リハビリをかねて泳いでみる事にした。
とりあえず1時間のチケットを購入、体操を念入りにして
いざ水の中へまずはクロールで100m。
キックをして右肩で最初の水を掻いた途端に やっぱり激痛
やはり肩はまだまだ完治はしてはいませんでした。
途中で止まれないコースだったので往復50mは半分溺れながら泳ぐ。



仕方が無いので水中歩行。
やりましたよ、50分間休み無しで。

   50×60=3000秒
25mを歩くのに40秒かかるので
   25×4=100
つまり40×4=160秒で100m歩くことになる。
   3000÷160=18.75  50分でトータル約2000m歩く事になる。
水泳が関節や筋肉に無理な負担が掛からないと言うのは嘘である。
すでに両足両肩が痛い 久しぶりなので加減をすれば良かったと反省。


遠くのこの地まで来たのは、このプールの植木は
ぐるっと金木犀だからで、今が満開だからです。
なぜそんな事を知っているのかと言うと、昔近所に住んでいたからです。
運動の後の心地よい疲労感の中で金木犀の香に包まれたら 
肯定的にこのまま死んでしまいたいような 白昼夢を見ます。


それから、大宰府天満宮まで歩く事に。
友人のお姉さまの学業院中学の横を歩き
さらに都府楼跡の広大な公園から(なぜか季節はずれの菖蒲が咲いていました)
観世音寺を目指すと農家の庭先の柿の木に柿色の実がたわわに実っていて
その傍らの草むらではコオロギが悲しげに鳴き 
雲ひとつない空は抜けるように青く 豊穣なる秋と言う言葉を思い出しました。
観世音寺の横の休耕地にはコスモスが植えられて
よほど肥やしが効いているのか、見たことも無いぐらいの大輪の
コスモスが今まさに狂い咲き 白、薄いピンク、
紫の花々 本日は随分と目の保養ができます。
丁度何処か近所の小学生の子供達の帰宅時間で、
狭い通学路はガチャバエ共(子供達の事)が
奇声を上げながら楽しげに帰っています。
狭い歩道いっぱいに広がって歩くので 私の歩くスペースが無かったので
立ち止まってやり過ごしていたら、遊びに夢中な子供がやっぱり私に激突。
「何これ?でけー。宇宙人だ」と突然宇宙人ジョーンズにされてしまいました。
(いいですよ、今日は君たちが何をしようと許してあげるから。)


天満宮の参道には修学旅行の学生が雲霞の如く沸き
ニキビ面の油ギッツシュな若者が梅が枝餅をほう張り
短い青春と言う時間を満喫していました。
境内では『秋の集団合格祈願祭』などを商魂たくましくやっていて
何処も困った時の神頼みは同じようです。


まだ、七五三には随分早いけど、着物でおめかしの
3歳の女の子がなぜか足元は靴という出で立ちで
ニコニコしながら両親に手を引かれて太鼓橋を歩いていました。
とっても可愛くて子供好きとしては立ち止まって眺めていました。


今日は駅の数で都合6駅の区間を歩いて、水中を2kmも歩いて
もうへとへとです。
大宰府駅から電車で帰ることにして 切符を買うと
行く手を阻むいかにも悪そうな悪餓鬼高校生7人。名づけて『ワイルド7』
電車が出そうだったのにタラタラ歩いて、パシリに電車を
停めておけとの命令が下りました。
車掌もこんな馬鹿ほったらかしてサッサとドアーを閉めれば良いのに
辛抱強く待ってあげています。
ノロノロと乗り込んできた『ワイルド7』の出で立ちは
何んと珍しい全員「ボンタン」 まるで天然記念物の日本カモシカみたいに
「ボンタン」は大宰府の地に生き残っていました。


二日市で急行に乗り換えると、4人掛けの目の前に座った兄ちゃん
風邪なのか鼻をすする、鼻をすする、鼻をすする。
『鋼の錬金術師』なんぞを読むのは構わないけど ズルズルは何とかして欲しい。
日本人は良いのかも知れないけど我々西洋人は
(都合の良い時だけ西洋人)鼻をすすられるとたまらなく嫌になる。
ズルズル、ズルズル鼻を啜る行為は延々と続きます。
もっとも私は日本人が嫌がる鼻をかむ事は食事中でも平気ですけど。



せっかく良い気持ちになっていたのに 気分は台無しです。
くしゃみをするのに手も当てない彼に 我慢の限界だった私は
ポケット・ティッシューを渡して鼻をかんでもらいました。


風に吹かれて、お出掛けしたのに
風邪に吹かれてしまいました。
明日インフルエンザに感染していたら保菌者はお前だかんな。


今から美味しいおでんを食べて、早めに休みます。
たまには野良犬で一人でうろつくのも楽しい1日でした。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/25(日) 23:38:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<他山の石 | ホーム | 松茸三昧>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/217-76597829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。