シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

悼む

「トノバン」が亡くなった。
「トノバン」とは加藤和彦さんの事で
今日の午後の突然の訃報である。

音楽全般ジャンルを問わずすごく才能のある方だと
密かに尊敬申し上げていたのに
一瞬 後頭部をガーンと殴られたような気分で別に悲しくは無いけど
開高さんが亡くなった時と同じぐらい何だかとっても切ない。
また、1つの時代が終わった。


1979年初めて渡仏するときに友達が
『パパ ヘミングウェイ』のアルバムを持たせてくれた。
その3年の間に『うたかたのオペラ』『ベル・エキセントリック』と
立て続けにアルバムをリリース 
(作詞安井かずみ 作曲加糖和彦の黄金時代を築いた。)
どのアルバムも擦り切れるぐらいテープを聴いて(当時はまだCDなどはありませんでした)
いくつかの作品の詩の内容もその頃住んでいたパリと重なる所があり
感慨深いものがあります。
奥様の安井かずみさんもとても素敵な方で
私にとって二人は憧れの優雅な夫婦で
二人の共著「キッチン&ベット」はその後の私の
料理の考え方のひとつの方向性を教えてもらえたような。


加糖和彦さんは料理がとてつもなくお上手で
プロ・ゴルファーの「ジャック・ニコラウス」のために
作ったディナーの料理は 月間のプレイボーイに
オールカラーで特集されていました。
音楽の才能も海外でも高く評価されていて
まだまだこれから活躍する機会はいくらでもあったでしょうに。

93年に森瑤子さんが亡くなり、94年に安井かずみさんが
亡くなった時には また日本のいい女が居なったと悲しみました。
で、今日の加糖和彦さんの死去。
とにかく自殺らしいとの情報しかなく
加糖和彦さんが亡くなっても、明日も明後日も来るでしょうけど
惜しい人がまた彼岸の彼方に去ってしまった。


今宵聞くのは「悲しくてやりきれない」



ご逝去心からお悔やみ申し上げます。
&シャルトルでの退屈な1年間 うたかたの楽しい時間をありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/21(水) 01:09:42|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<松茸三昧 | ホーム | 雷神不動北山櫻>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/215-a2bb1daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。