シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雷神不動北山櫻

「夜露死苦」(ヨロシク)などと読むヤンキー漢字ではない。
「なるかみふどうきたやまざくら」と読むらしい。
歌舞伎の演目は読めぬタイトルが多すぎる。


さて、何時までたっても私は少しも世に言う
お金持ちとやらにはなれそうも無いけど
その分周りはそこそこお金持ちが多い。

ここに一人個人資産が100億円らしい御仁がいる。
ロンドンとパリにセカンドハウスを持ち1年の半分以上は
海外で遊んで暮らしている。
(その分普段の仕事の仕方も凄いけど)
その素晴らしいワインのコレクションや
芸術家達のパトロン(クラッシックや演劇の方達への資金援助)、
などをして手にしたお金を世の中に還元している。


先日久しぶりに食事に来て 突然明日暇かと問われる?
予約はその時点でなかったので暇だと言うと
明日の市川海老蔵の歌舞伎のチケットが1枚余っているので
どうぞと言ってくれた しかしチケットは無い
当日海老蔵さんの受付に行けば問題ないとの事
「海老蔵さんの受付」?そんなもんがあるのか?
まるで、きつねに摘まれたような話しである。

能だの歌舞伎はうんと若いころに各1回づつ観賞しただけ
念のため歌舞伎観劇の為のドレスコードを訊ねてみたけど
ジーンズでもかまいませんよとの事。
さて福岡市にある「博多座」。
老人達の「劇団四季」?との呼び声も高く
九州一円から連日ご老体の観劇で押すな押すなの大盛況である。
歌舞伎やサブちゃんの興業の場合はほとんど「博多座」となるので納得。

やはり会場には市川海老蔵の受付カウンターがありました。
皆まで言わずともチケットがするすると手品の如く現れて
チケットを何気に眺むれば(早くも言葉が歌舞伎調)
額面16000円也の高額チケット、歌舞伎と言う日本文化への
認識が少し甘かったと反省、2年前彼女がバースデープレゼントにくれた
「ジェーン・バーキン」の1夜限りのコンサートですら20000円だったはず・・・・。
ワタクシ的にはとても高い、5000円でも来なかっただろう。
しかし天下の海老様ともなれば高額チケットも
当然と言えば当然である、需要のある所に供給ありは
資本主義の一大原則だからである。


11時開演の3時過ぎまでの長丁場 幕間だけで2回もあります。
開演までの時間何気に周りを見渡せば、
まず方言 九州各バージョンが北から南までそろい踏み 
皆さん観光バスで朝早く出掛けて来たらしい。


クラッシックなら「アクロスホール」と言う立派な
コンサートホールが福岡にはあるけどお土産などは売ってはいなくて
せいぜい、パンフレットかCDを売っているぐらいな物ですが
ここは凄い、まず弁当屋だけで8軒ほど出店があります。
ホテルオークラの出店でサンドイッチとシャンパーニュを
グラスで売っていました。(さすがオークラすることが憎い)
ラベルがボランジェそっくりなので、「ボランジェ」?と聞いてみたら
只のラベルの似たスパークリングワインでした。
その他限定200個海老蔵様のサイン入りのクッキーや「俄かせんべい」
「通りもん」「ひよこ」など盛り沢山
片隅では意味不明の陶器市、老人が喜ぶ小物、今回特別に
○○不動尊の特別御開帳まであり
ありがたやと手を合わせる姿に 一瞬ここは巣鴨のとげ抜き地蔵様かと勘違いしました。


さて開演です。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/17(土) 02:04:19|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<悼む | ホーム | 我泣き濡れて 栗と戯る。 2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/214-4998231d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。