シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

非科学的なウルトラマンに科学の光を

先日昔のOL 今は只の主婦?のみな様の同窓会が当店でありました。
大人が3名5歳の男の子1名という人員構成でした。


その夜は暇でしたのでお子様大歓迎な夜でしたけど
この5歳になる利発そうな男の子最初から最後まで騒ぎもせずに
おとなしくご本を読んでいらっしゃるありがたいお子様でした。


一心不乱に読んでいるのは 本が何度も何度も読みつくされ
そろそろ崩壊を始めた「ウルトラ大百科」なる学術書でした。
私がご幼少のみぎりにも手にした本が
何十年後の日本にも存在するとは恐ろしや「円谷プロ」。



さて今日は誰かれ構わず無差別に絡んでやりたい気分なのであるが
深夜なので諦めて世界のちびっ子のヒーロー・ウルトラマンに
絡んでやることにする。
この世界では柳田 理科雄さんが著名な著作を残していらっしゃるけど
あえて2番煎じも辞さぬ覚悟で書きますので 乞うご期待!



まずウルトラの星について・・・
M78星雲通称光の国がウルトラマンの故郷なのはみなさんご存知であるが
番組の当初はM87星雲と言う設定だったのに 校正のミスか誤植か
脚本にはM78と印刷されてしまった。
番組内ではM78星雲は地球から300万光年離れた所に存在するらしいけど
実際のメシエ78(フランスのシャルル・メシエが作成した銀河の地図)は
地球から1600光年ですからまだ銀河系ですけど
(それでも北極星からさらに600光年)
当初の予定のメシエ87星雲なら地球からなんと5480万光年も離れた
おとめ座にある楕円銀河である。


ここで初回放送の怪獣ベムラーを追いかけて地球まで来たと言う話を信じたと仮定する。
(なんだかとってもアインシュタイン調で格調があります)
仮にM78が地球からの距離を300万光年として
ウルトラマンの最高速度はマッハ5、面倒くさいのでマッハ1を時速約1000kmとして
マッハ5は時速5000kmということにする。
そうすると秒速は約1.39km
すると1日の移動距離は5000km×24時間=120000kmという事になる。
丸一日飛び続けても地球を3周しかできない計算である。
一方の光は秒速が3億mである、たった1秒で地球を7.5周もする優れもの光はウルトラマンの215827倍も早いのである。
光がそのスピードで300万年かかる距離は私の電卓では桁が随分と不足である。
ウルトラマンがM78から飛んで来たと仮定して
一応の計算数式は  3000000×215827 年掛かる計算になる。
ウルトラマンがどれだけ長命でも宇宙の始めあたりから
飛び始めても無理な距離である。
ましてやマッハ5は第一宇宙速度(秒速7.9km)にも達していないので
ウルトラマンは何度も地球から宇宙に飛び立って行っているけど
実際は地球の引力に引き戻されて毎回放物線の軌跡を描いての墜落である。
(実際には何かの推進力が働いているので墜落はしていないけど)


それにだ!それだけ長い距離をパンツすら穿かずに
(アトムはパンツを、スーパーマンはタイツを穿いているぞ)
まっ裸で宇宙を飛び回るエロイ奴?水も酸素もエネルギーの補給もなしに
(活発に活動する生物なら必要不可欠であろう)
極寒の宇宙空間を不眠不休で飛べる奴(寝たら凍死は間違いないけど)
さすがはウルトラマンと言う名前に恥じない変人?というか
物理科学上も生科学上も存在し得ない奇妙な生き物である。
宇宙人であろうが地球の怪獣であろうがそんな恐ろしい奴を
相手にして勝てる訳が無い。


それから、ウルトラマンがマッハ5で飛ぶのは勝手だけど
あれだけでかい生物というか物体が
空気のある地球上をマッハ5で飛ぶとウルトラマンの指先から
発生する衝撃波で辺りの建物の窓と言う窓は割れてしまいます。
ウルトラマンが低空飛行をして衝撃波の円の中に
入ってしまった不運なビルはバラバラになりますけど。
それより我らがヒーロー裸で悠々とマッハ5なる高速で飛んでいるけど
手を前にして頭を上げて飛べるのは
「時速は91kmだい」と歌いながらノロノロ飛んでいる
<パーマン>1号2号3号4号ぐらいなもので
(飛行マントがあるとはいえ、推進力も無い物体がそんな鈍いスピードで
いかにして揚力を得ているのかこれも不思議ではあるけど)
ウルトラマンは頭を上げた途端自分の衝撃波により
頭はスパッと吹っ飛ぶ計算になる。
耳なし法一ならぬ、首無しウルトラマンが大量の
血を撒き散らしながら墜落するのである。
これはもう空想科学小説ではなく妄想スプラッター小説になる。



色々と計算をしてみたらさらに面白い
ウルトラマンとんでも話しが続々出てきましたので
続きはいつかまた書きます。
スポンサーサイト
  1. 2009/10/02(金) 01:36:23|
  2. ぼやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マナーについてのどうでも良い事 | ホーム | 秋の味覚、と言うか秋に美味しい物>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/207-1569ce0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。