シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

逮捕されました

まだフランスの通貨がフランだったころ。
秋も深まったある日、確か誕生日の後だから11月も末。
パリの郊外 ポルト・ド・ヴェルサイユで大きな食品見本市をやっていた。
どんな経緯で其処に誘われたのか今では忘れてしまったけど男女合わせて7名の多人数でいざ物見遊山じゃ!



幕張メッセみたいな大きな会場で盛大に見本市はやっていて、見たこともない食材、調理機械、なかなか面白い。
一緒に行った友達は、ブリジットという女の子1人だけ知り合いで他は、その日初めて会った方達。
言葉使いからしてあまり宜しからぬ家庭環境の方達らしい。
(フランスは階級社会で言葉使いから大体の家庭環境が解ってしまう。近年の日本でも同じですか?)
しばらくするとナニやらおかしな行動を始める。

会場には様々な物のサンプルが置いてあって一応只で持って帰れる、もちろん非売品あり、即売の商品ありでそれらの物が欲しければ交渉するなり 何がしかのお金を支払って買うという行動を起こさなければならない訳で それらの社会的契約を無視して実力行使に及ぶ事を、私の田舎では万引、カッパライ、幼少を過ごした関西では笑ってくるとも言っとりましたな。

辺りにある、パテ、生ハム、コアントロー、グランマニエ、ソシソン、何でも消える。

私の家は恐ろしいぐらいに厳格な家庭で、祖父は海軍の軍人で何かに付けて海軍式で、いわく海軍式の早飯、いわく海軍式のビンタ、いわく海軍式の便所(とっても早く済ませなければならないんです。)床だの畳の拭き方、箸の上げ下げまで事細やかに躾られて。
一度となりの席の子の鉛筆が私の筆箱に紛れ込む事件が発覚して夜中なのに田んぼ道をトボトボ歩いて返しに行かされた。
そんな恐ろしい家庭で人様の物を盗もうなんて事をしたら、たぶん全殺し100%。

とんでもんない奴と係わり合いになったなーとガッカリして、元々友達でも何でも無いから一人で帰ればいいやと思って別行動をとることにした。
別れて活魚用の水槽のサンプルの前で『これは日本製じゃないか』。などと思っていると件の悪餓鬼共が脱兎のごとく駆けてくる、警備員に追いかけられているのである、なんと奴らはその日の獲物を私のまえにぶちまけて『トーマス頼む』といって逃げて行った。

かくして私ははめられたのである。保安室に連行されて取り調べが始まる。私は何もやっていない ハハハ皆さん何やっているのですか。誰かこれらの品々を私が盗む所を見た人でもいるのですか。
当時まだそれほど上手くなかったフランス語で身の潔白を訴えた。でもこんどブリュッセルに帰ったら私の所属する美食クラブのメンバーに食後に話すジョークのネタにしてやろうと、馬鹿笑いをしたのが運の尽き、何やら何処かに電話を始めたその時初めて心に不安がよぎる。


遠くから
サイレンの音が聞こえてきた。




スポンサーサイト
  1. 2007/10/15(月) 11:20:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<逮捕されました 2完結編 | ホーム | 旅人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/20-16cf67ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。