シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Mare Tranquillitatis(静かの海)

さて9月である。


夕方窓の外をぼんやりと眺めていると、何処からか豆腐屋さんの
「トーフートーフー」と言う間の抜けたラッパの音が聞こえてきた。
今時懐かしいと、突然電気に打たれたようにガバッと跳ね起き窓の外を凝視すると
自転車ではなく軽四輪の車体に○○豆腐と書かれた豆腐屋があっしは
売る気はまったくありません的 猛スピードで住宅街を駆け抜けていった。
(あなたは豆腐を売る気はおありか?)
今時流しで1個せいぜい100円前後の優良食品を
昔懐かしいラッパの音を響かせながら売り歩くと言う
その非生産的かつ非効率的 無駄な労力テンコ盛りな商売スタンスにあきれたり
感動したりの私は貧者の一灯かくもあらんと今宵の夕餉に豆腐の1丁も
買ってあげたくなったけど そこな豆腐屋の軽四輪に追いつくには
自転車で追跡でもしなければ無理と悟り諦めました。
尤も懐かしかったトーフ屋のラッパの音もシンセで合成された後
録音と言うバッタ物でしたけど。


「風立ちぬ、いざ生きめやも」。と言ったのは堀辰雄であり
L'automne,Deja!(ロートンヌ デジャ)「もう秋なのか」!と言ったのは
アルチュール・ランボーであるけど ・・・・。
「いざ生きめもや」(さあ生きていきましょう)と言う気分にはまだ
全然ならないし
「もう秋なのか」と呼ぶにはまだまだ暑すぎて
現実問題、自分自身があまりにも浮世離れした生活を続けていて
その反面俗世の垢にまみれると言う二重苦が続き
どうにも仕方がなくなり豆腐屋にうつつをぬかしている。



閑話休題
九月は中秋の名月である。
今年は楽しく中秋の名月を愛でたいものなので それまでには
心と体のリハビリです。(死んだ振りがリハビリとも思えんが)
月を眺めて見る。
生憎と曇りで見えない。
今夜の月齢は11で今週9月4日の金曜日には満月である。
月の地名には「晴れの海」とか「危難の海」とかあって
変わった所では「舞ノ海」・・・・とかはないけど○○の海という名前の海がある。
月に海も水も無いのはアポロ宇宙船が月に行って調べたので皆が知っているけど
何故○○の海などと名前が付いたのかと言うと
最初に望遠鏡で月を観察したガリレオやヨハネス・ケプラーが
月の暗い部分を海だと勘違いしたせいです。
月の地名にティコとかコペルニクスとかプラトンとかケプラーとか
あるのは全て隕石の衝突によるクレーターの名称です。
これは全て過去において実績のあった科学者や芸術家の名前から
付けられています。(全てファーストネームに限られていますが)
では西岸良平さんの名作「ヒッパルコスの海」は何処にあるのかというと
調べた限りでは何処にもありません。多分古本屋さんにはあるでしょうから
今度あなたも探してみて下さい。しっとりしていて良い作品ですよ。
(ヒッパルコス自体は古代ギリシャの天文学者です。)

月の地名を勝手に付けて良いかというと
それはNonであってIAU国際天文学連合と言う所が
決めたネーミングの決まりに沿って命名されなければならず
最終的にはIAUの承認を受けなければなりません。


つづく?
スポンサーサイト
  1. 2009/09/02(水) 14:11:18|
  2. サイエンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Mare Tranquillitatis(静かの海) 2 | ホーム | かかる火の粉>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/199-dbc97896
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。