シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

発作

前にも1度書いたけど。


私には昔から 駅前のとんでもないラーメン屋、そば屋、うどん屋に、
もしかしてと淡い期待を持って 誘引剤につられて
ゴキブリホイホイに入るゴキブリよろしく入ってしまう癖がある。
和、洋、中、エスニックジャンルを問わずに部類の麺好きなので 
ある面仕方の無い行動ではあるが・・・・。


心の奥底の良心?は「止めておけ!止めておけ!」と入店を拒むのであるが
馬鹿な男や女が何度となく相手に騙されて
酷い目にあっても今度だけは この人だけは違うと
自分を半分偽って毎度ながらころりと騙されるのとよく似ている。
(何か心因性の大きな障害があるのかもしれない)
さてさてと、店で働くお兄さんやお姉さんおばちゃんおっさんを
観察しながら注文した品物が出てくるのを待つ訳であるけど・・・・。


大抵は目の前の物体の香りがまず駄目である。
仮に香りが合格点でもスープや麺の味が例外無く
お粗末極まりない代物である。
北は盛岡から南は鹿児島までの拙い経験ではあるけど
これに関しては例外があった試しがない。
髪の毛を漂白剤で脱色したような気分(まだ試したことは無いけど)になる。


ほうほうの体でその場からの離脱を試みるのであるが
なんど騙されても際限も無く騙される。
その度に自分には学習能力がないのかと落ち込む。
なにせ香港、なぜかパリ、ミラノ、ニース、ブリュッセルなどで
抜群の雲呑麺を非常な安価で食して来たものだから
特にラーメン屋シンジケートの体たらくには呆れる物がある。
(最近ではさすがに外ではラーメンという代物は食べなくなりましたけど)
まあ、そば屋にしろ うどん屋にしろ似たものである。


で、以上の物が食べたくなるとどうするかというと
今は自分で作るのである。
ラーメン、うどん、そば、こんなざっかけなファーストフードを
気軽に近所で安価に食べれないと嘆いても仕方が無いのである。
駅前麺屋集団の横暴を許している我々一般大衆のニーズが
その程度の物でしかないのであるから仕方ない。


大阪の梅田の地下街で豆のだし汁としか呼び様の無い
茶色の抽出物をコーヒーと称して売っているあくどい親父が居るが
みんながその茶色い液体はコーヒーではないと叫んでいるにも
関わらず店はいつも満席である。
ある程度の人口のあるところでは何を出しても売れるという悪い見本である。


冒頭にも書いたけど麺類はまず 出汁、スープ、つゆの香りと
出汁、スープ、つゆの味と麺の質がそれぞれ独立的においしくなければならず
かつ以上3様の味がハーモニーを奏でる事で完成される物であろう。
(随分と話しが哲学的にややこしくなってきました。)
香りも味も麺もそれぞれが良くても味のハーモニーでなければ
「船頭多くして船山に登る」になってしまう。
一滴の朝露の表面にも大地と空が全て写っているが
1杯の麺の丼の中にも深遠なる世界が広がっている。
駅前悪徳麺屋集団に期待する私が馬鹿なのであろうけど。


で。
話の本題であるけど、先ほどから空腹となり
我が業病の発作が起きてまたしても
駅前悪徳麺屋集団に足を踏み入れそうな
気分の高鳴りを感じ始めている。
どうしよう?

喘息の発作よりは害は無さそうだけど。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/16(日) 13:08:36|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<かかる火の粉 | ホーム | 北北西の風 風力3 天気晴朗なれどもボロボロ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/197-d9b6edff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。