シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

実は長い日記を書き上げたのにupに失敗して一気に消失
落ち込んでおりました。
今から再トライです・・・・。
多分随分短く端折るでしょうけど。


「ブリュルッセルは368日雨が降る」。
大使公邸のバトラーのムッシュー・プティ
(チビさん、ファミリーネームがプティ、チビさんなんです)は
私にそう言いました。
1年は365日ではないのかと聞きましたけど
いかなベルギー人のレトリックかは解りませんでしたが「368日」と言い張ります。
きっとベルギーでは雨が降らない日は無いと言いたかったのでしょう。
プティさんに言われた事がまんざらデタラメではない事は
暮らし始めて解りました。
雨脚の短い雨が1日に1度か2度サッと降ります。
パリでもそうでしたが、日本みたいな土砂降りは殆どありません。
霧雨みたいな雨が15分から1時間ぐらい降ってお仕舞いです。
なので、パリでもブリュッセルでも傘を差して歩いた記憶がありません。
パリジャンもブリュッセロワも(どちらも男性)基本雨が降っても傘を差しません。
代わりと言ってはなんですがパリジェンヌもブリュッセロワーズも
(どちらも女性)それはお洒落で素敵な傘をお持ちでした。
そう言う訳で、紳士物の傘は売れません。
男性諸氏は如何お過ごしかと言うと、みなさんカスケットcasquetteを
(ハンチング)お持ちです。
私も普段使いの物と、鱒釣り用に2個持っていました。
(帽子の数え方を今知りましたが1個2個なんですね)
降りしきる雨の中(そんなに雨は降りませんが)
ハンチングを深く被り、ブルゾンの襟を立ててお仕舞いです。
後は濡れるに任せます。
晩秋。雨に濡れた後、暖炉に火の熾っている
我が家に帰る嬉しさは例えようもありません。



そんなわけで、私の中では男は基本傘は差さないもので
それを何だか格好のよい事と言う考えがいつの間にかできていました。


そんなこんなで9年近く在欧生活は続くのですが
ある日突然の帰国です。
その時は全くの今浦島で私の些細な行動で随分と誤解をされたり
つまらないことでまごついたりで毎日が大変で
改めて日本人になるべくリハビリです。


”例えば満員電車の中で老婦人に席を譲るように
あんちゃんに言ったら喧嘩になったり。
私の車に乗せて家まで送ってあげた部下の女性が降りる時
車のドアーを開けてあげたり。
旅先で大きなトランクを持った女性の荷物を何気に持ったり、
エレベーターや百貨店のドアーが閉まらないように
開けて待っていたり・・・・。
向こうでは当たり前だった立ち居振る舞いが、
日本では対女性のトラブルになるのです。”



で、雨降りなんですが・・・・。
折角身に付けたライフスタイルは変えたくも無く。
雨の日に傘も差さずスーツとハンチングで出社する私はお笑い種の
気障も極まれりだったのですが本人気にしてはおりませんでした。

しかし、所要で繁華街まで出歩く時は最悪で すでに日本の激しい雨で
びしょ濡れの私が、大きな交差点で信号待ちをしていると
回りの方の傘の骨の先から滴る雨粒で更なる悲劇が始まります。
そして最悪の事態は、身長183cmの私の目の高さと
平均的日本女性が傘を差した時の傘の骨の先の位置が殆ど同じと言う事です。
うっかりしていると両目を突かれます。


<火>がなく煮炊きもできず暖も取れなかった人類に
「火」を贈ったばっかりに、その行いを怒ったけちなゼウスにより、
カウカソス山の山頂に張り付けにされ、
生きながらにして毎日肝臓をハゲタカに突かれる責め苦を強いられた
プロメテウスの気分はきっとこんな気持ちだったでしょう。
とは、大げさですがとにかく危ない。


この状態から解放されるには如何すべきなのか?



答えは簡単でした。
私も傘を差せば、私の傘の半径×半径×3.14の面積には
余人の傘の骨先も侵入不可となります。
雨の日に傘を差さないダンディズムを捨てて
代わりに黒いこうもり傘を買いました。
それ以来雨の日には傘を差して歩いています。
カスケットは年に数度しか被らない珍しい帽子となりました。



本日九州、中国、四国、近畿、東海の各地方が梅雨入り。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/10(水) 03:56:42|
  2. 昔々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「光あれ」。 | ホーム | 出世した友人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/190-f9e2b8a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。