シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

出世した友人

今日は遊びの日。

今日はお花見。

今日は仕事はお昼まで。

後片付けもそこそこにして西鉄電車に乗って大宰府まで。
天満宮までの門前町を買い食いなどしながらぶらぶらと歩く。
いつもは修学旅行やら社員旅行やら、合格祈願やらの
ありとあらゆる老若男女でごった返す境内も
夕方のせいか人もまばらで、静かで、風も心地よく夢見心地。
まずはとりあえず参拝、神仏などはまるで信じていないくせに
菅原道真公にお願いしたのは、父が安らかに旅立てるようにと言うお願い。
少し悲しいけど、父がまた元気になって私に化学を教えてくれなどという事は
もう二度とないのです、解っているから切ないのですが。


参道から九州博物館に向う小路をぬけると、天満宮の菖蒲園があります。
今が盛りの50種3万本の菖蒲は圧巻で、しばらく我を忘れてみとれていました。
来週のホタルと同じで、この時期の20日あまりの事で
これを逃すと又1年待たなければならないのでいつも情報にそわそわしています。
展望デッキは鯉やミシシッピーアカミミガメに餌をやる若者で溢れかえって
風情を楽しむ隙も無く、特に薄気味悪いアカミミガメが私が餌でも
くれるとでも思っているのか、私の目の前にいつまでもプカプカ浮いて離れません
繁殖力の強いアカミミのせいで在来種の石亀や草亀の危機と聞いています。
ペットを飼うのは自由ですけど責任を持って飼っていただきたい。


それから暮れなずむ門前町を、ぶらぶらと駅まで歩き今度は天神まで
(福岡の中心地)特急で向う。
丁度デパートの閉店1時間前、生鮮食品の売り場では恒例半額セールが始まります。
今夜は来週のホタルナイトのアフターディナーの為の
手巻き寿司のリハーサル試食なので
せいぜい贅沢な買い物をと思って時間を合わせて出掛けて来ました。
本マグロがさっきまで3500円近くのものが、2000円かなり状態が良いものなんですが
それより掘り出し物があったので、マグロはそちらにして
あれもこれもと面白がって買ってしまいましたが
最後に一品・・・・。見てはいけない物を発見しました。
それは懐かしの「鯨ベーコン」。


昔冬は冬で、とても寒くアルミのカップに糸をつけて外に
一晩放り出しておくと朝までに分厚い氷が張っていました。
カップの周りを掌で温め 糸を引くと氷が外れます。
それをアイスキャンデーと称してガリガリ噛んでいました。
北風の吹き荒ぶ中の日曜のお昼は時より洋食で 
母はなぜか西洋の朝食のような料理を作ってくれました。
当時はまだ、トースターもレンジも家庭には普及していませんでしたので
かんてき(七輪の事を関西でそう呼びます)で置き火を熾して
トーストを焼いてくれました。
置き火でじっくりと焼いたトーストは暖かく
トースターでは出せない深い味がして
それに付けるのはもちろんバターなどはなくて、
安っぽいマーガリンでしたけどとてつもなく美味しく感じました。
飲み物は紅茶か当時はまだ存在していた、粉末ジュースをホットにして
飲ませてもらいました。
ジュースなどはお客さんが来た時に年に1-2度
バーヤリースのオレンジが飲めれば良い方でしたので
暖かいインスタントのオレンジジュースでも美味しく感じました。
卵は普段の卵焼きとは違うスクランブルエッグで。
そしてサイドは、ハムかベーコンかソーセージなんでしょうが
当時は家庭で普段ハムだのベーコンを食べるにはまだまだ高級品でした。
そんな時に食べさせてもらったのが、鯨ベーコンでした
当時はまだナガスもシロナガスも捕っていたので
その鯨ベーコンの美味しかった事、ベロベロとした脂身と
適度な肉の香り(と言うか海獣の香り)が肉食願望の強かった餓鬼共の飢えを満たします。
鯨ベーコンは肉なのに何故か魚屋で売られていて
かなりお安い食材だったと言う記憶があります。


それから幾星霜、何十年ぶりかの邂逅が大丸百貨店で実現したのですが。
小さい頃一緒に遊んでいたのにいつの間にか
大会社の社長さんになっていた友人に会った様な気持ちになりました。
1パックにスライス6枚入り(昔の魚屋の親父の手切りの厚いスライスではありませんでした)でなんと1800円これは、半額セールの対象外です。
何度も悩んだ挙句に、買いました。
その鯨ベーコンがその価格に関わらず中の下の商品だという事も
解っていたのですけど・・・・。


家に帰って手巻き寿司を食べる前の前菜代わりに生姜醤油で頂きました。
とても美味しかったのですがやはり、中の下の商品でした。
これに関しては、味覚の記憶の方が強く関わっているので
冬の日の寒い午後に「ほら」と言って食べさせてくれた
懐かしい味でなければならない様な哀しい味でした。


件の手巻き寿司、どれもとても美味しかったのですけど
私はかいわれに鰹節を巻いた物が一番美味しく感じて
ヒンシュクを買ってしまいました。
ご一緒した女性は毛蟹帆立海老巻きが一番とおっしゃっていましたけど
スポンサーサイト
  1. 2009/06/09(火) 01:32:06|
  2. 食材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< | ホーム | ホタル狩のお誘い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/189-39bfbb82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。