シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

風薫る5月

昨日は母の日でした、朝一老母に電話を掛けようとすると
先方より先に電話あり 今日は何処ぞに花見に行くので電話をしても
自宅には居らんぞと、今日はお元気な事でした。


近々父の顔を見に帰省するので、お花はその時に
後いっしょに楽しく外食でもと誘うと、
まず花は食べられないから要らんし
外食でお金を使うな「馬鹿」との事でした。
まるで、宮崎のガバイ婆ちゃんです。


私の母は私に何か言う度にまるで、形容詞か接頭語みたいに
「馬鹿」が付きます。
必ず文頭か文末に「馬鹿」の一言が付きます。
母が喜ぶなら1鉢のカーネーションや1夕の外食ぐらい
本当になんでもない出費なんですが
馬鹿息子が使うお金は全て無駄遣いだと信じているので
渋々自宅飯になります。
無駄遣いをするなと言って置きながら 何もしないと
○○さんは息子さんから花が届いていただの嫌味タラタラなんです。
兄には何も言わないくせに、私にはいつも「馬鹿」です。
そのくせ、何かにつけて頼りにするのは私の方で
まあ、頼りにされているだけ良いかと
「馬鹿」と呼ばれる事には慣れましたが
ただ、年に数回弟子達を連れて田舎に遊びに行った時は
「馬鹿」は勘弁して頂きたい。

弟子達にとって私は一応師匠なのですが、弟子の手前も
神も仏もあるものかと大抵叱られた訳すらも
解らないような事でボロンクソに叱られます。
弟子達にとって私はとっても恐い存在なのに、
その恐い師匠がボロンクソに叱られている・・・・。
みんながカチンカチンに固まります。
そのくせ、私の弟子には愛想の良いことで
「気楽にして下さい」などとあなたに言われてもね。
鬼は恐いと思っていたら 鬼の母はもっと恐かったら
気軽になんかできません。


そんな元気な母でした。

営業は昼までにして、大濠公園を散歩して映画に行った。
公園脇を流れる疎水にハヤが泳いでいて
子供達が水にドップリ浸かって楽しそうでした。
スイスイと目にも留まらぬ速さで泳いでいても
魚影を一瞬見ただけで種類が解る。
小学生の頃はあんなに速く泳ぐ魚を手づかみで
いくらでも捕まえていた。
宮崎ではハヤはハエと呼ばれていて
オイカワは大和バエと呼んでいました。
丁度5-8月に繁殖期を迎えて牡は素晴らしい婚姻色を発現して
まるで違う魚である。


初めてオイカワを釣った日 婚姻色の素晴らしい色合い
川にもこんな美しい色の魚が居たのかと何も知らなかった私は 只々感動していました。
子供の頃の色の強烈な記憶は
川蝉が川にダイビングをして小魚を捕まえて棒杭に何度も
叩きつけて殺してから食べるまでを、あまりの美しさに
感動して何も言えずに見とれていた事。
宅地造成のために切り崩した、山の上と下で石の投げ合いをして
友達の投げた石が頭に当たり頭をざっくり切った事。
赤い血が止め処無く流れて、別に泣きもしなかったが
このままでは出血多量で「死ぬ」と思うと
家路を辿るのが心細かった、何処かのおじさんが
これは大変と近くの内科の病院まで自転車に乗せてくれました。
内科だったので止血をしただけで縫合はしてくれませんでした。
頭には大きなハゲが出来頭蓋はそこだけ凹んでいます。
縫合したなら4-5針の傷との事。

その様な事を考えながら歩いたら、大人になって随分損をしたような気分になった。
もう私は用水路に1日水に浸かって掻い掘りなどはできないのである。
涼しげな橋の橋脚に寝転んで読書と釣り三昧もなしなのである。
川下でタモを構えて餓鬼共を指揮して
上流からボチャンボチャン音を立てて騒ぎながら川の中を
魚を追い立てバケツで何杯も魚を捕まえたのが懐かしい。


追憶に浸りながら歩いていると
時々えもいわれぬ心地よい花の香りがするかと思えば
突然「ウップ」となりそうな栗や樫の花の匂いが漂ってきて
気分は台無しになります。


来週は2泊か3泊で旅行を兼ねて帰省しようと心に決めた
春の終わりののどかな昼下がりでした。
件の母は 花見に行った先で踊りや太鼓のパフォーマンスを
見て大変素晴らしかったらしく興奮気味で又電話をかけてきました。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/14(木) 10:12:30|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<桃太郎の凱旋 | ホーム | 皇太子とカレーと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/185-c86bd05a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。