シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゴミの中の世界

謹賀新年

暇つぶしに「極地」を辞書で調べる。
最果ての地、ある一定の限られた土地、南極及び北極とある。

もともとは最果ての土地ゆえに、鳥も通わぬ場所のはずが
北極は温暖化のせいで、氷が溶けてあろうことかナホトカから
北極海を通りヨーロッパに行く新しい航路ができたらしい。

では、人類最後の極地は南極ということになっているがいかがな物か?
近年たくさんの観光客が南氷洋に押し寄せて来た。
彼らを乗せた船舶のせいであっという間に 世界一清浄な海が
ゴミの山ならぬ、ゴミの海と化してしまいました。


死んでいる海亀や海豚のお腹の中からは、おびただしいビニール類が
出てきている事は皆さん周知の事実ではあるが・・・・。
今や世界中人類の行く所、ゴミだらけである。
それでも、人類が文明化して約1万年という時間をかけて汚してきました。


では、せまい地球に住み厭きた皆さん。
ここらでいっそ 宇宙を目指しましょう なにしろここは広い。
我々がこれからジンギスカン並みの速さで、汚染を始めても
きっと汚しきれるものではありません?・・・・・たぶん。


しかし、何を考えていて、何をしでかすか解らない危険な隣国の
「中国」がやってくれました。
時は2007年1月 有名な中国の衛星破壊兵器の実験である。
まず、中国は2001年以降 宇宙での軍事化防止を進める提案を行なっている。
つまりは、「宇宙では軍事的な行動をしないようにしましょう皆さん」と言う事です。

ただしいつもの事で自分でそう言っておきながら、
平気で約束を破る中国の人民解放軍の事です。
猫が鼠を捕まえたのと同じレベルのお話しです。
ニイハオ!ポンユウ!に騙されてはいけません。
いつもながらの常套手で別に驚くことでもないのですが、
素直に驚いている日本人がきっと とんでもなくお人好しなのでしょうけど。


お陰で破壊された衛星のかけらで、あっという間に
宇宙もゴミだらけになってしまいました。
追跡確認できる破片だけでも900個以上もあります。
これは非常に危険です、海豚も海亀も宇宙まで飛んで来て
衛星の破片は食べませんが 我々は違います。
宇宙開発は始まったばかりです。


近い未来誰でも手軽に宇宙に行ける様になったとします。
まず、あなたの宇宙船は必ず何かの手段で
「第一宇宙速度」に達しないと地球の引力に引き戻されます。
第一宇宙速度は約秒速7.9kmです。

宇宙に行くための手段を解りやすく説明をしましょう。
バケツに水をなみなみでも良いし
たぶん失敗して頭から水をかぶりたくなかったら 別に半分でも
構いません。握り手に紐を結び付けます。
とんでもない、力が掛かりますから縄の方が良いかもしれません。
あなたが中心になり紐を持ち、バケツを回します。
回転方向は縦でも横でも構いませんが、冬の寒い日に頭から
水をかぶりたくなかったら始めは横に回転させましょう。
ある程度のスピードになったらバケツは水平になっても
中の水もこぼれる事無くあなたの周りを回転しているでしょう。
そのスピードを維持していれば縦方向に回転させても
バケツの中の水は落ちてはきません。
これが、第一宇宙速度です。
さらにバケツの回転速度をあげていくと どうなるでしょうか?
あなたの握力がつきるか、やがては紐が切れてバケツは
あらぬ方向へ飛んでいってしまいます。
これが第二宇宙速度です。速度は11.2kmです。
地球の引力を振り切りますので、脱出速度ともいいます。


さて、宇宙のゴミの話しに戻ります。
中国が破壊した、旧式の気象衛星はバラバラになりいまだに
宇宙を彷徨っています。
地上で何かが爆発しても、遅かれ早かれ地上に落ちてきます
しかし、元々第一宇宙速度で地球の周りを回っていた物は
バラバラになっても やはり地球の周りを回っています。
たとえば、あなたの髪の毛1本が第一宇宙速度で地球の周りを回っていたとします。
そこに、宇宙観光に来たあなたが宇宙服を着て優雅に、
宇宙遊泳としゃれ込んでいた所にあなたの髪の毛が逆方向から
7.9kmで飛んで来ました、あなたの速度も7.9kmです。
さて、あなたの運命やいかに?
あなたの、亜麻色の優しい髪の毛はあなたの宇宙服を
簡単に貫通してあなたはたぶん即死すること間違いなしです。
衛星の粉々になった部品は、いかがでしょう?
1983年6月、スペースシャトル「チャレンジャー」の窓に
直径わずか0.2mmの塗料片がぶつかりました。
その衝突でチャレンジャーの窓には、直径数mmの小さなクレーターができました。
初めは大した事は無いと思われた、この小さなくぼみが
窓の強度を著しく低下させ、最終的にはチャレンジャーは
窓の交換を余儀なくされその費用には、当時で50000$ものコストが掛かりました。
たぶんネジ1個で、宇宙船は破壊されるでしょう。


秒速7.9kmは弾丸の速度と同じぐらいです。
世界はまさにゴミの中に存在しています。


今年もどうぞよろしく。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/06(火) 19:42:26|
  2. サイエンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<流血の惨事 | ホーム | 月日は流れ、私は残る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/155-cd6a1b8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。