シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

月日は流れ、私は残る

 Le pont Mirabeau  (Guillaume Apollinaire, 1880-1918)...  




  Sous le pont Mirabeau coule la Seine.    ミラボー橋の下をセーヌ河が流れ
  Et nos amours                私達の恋も流れる
  Faut-il qu'il m'en souvienne          わたしは思い出す
  La joie venait toujours apres la peine     苦しみみの後には喜びが来ると

Vienne la nuit sonne l'heure            日も暮れよ、鐘も鳴れ
Les jours s'en vont je demeure.          月日は流れ、わたしは残る

  Les mains dans les mains            手に手をつなぎ
  restons face a face              顔と顔を向け合おう
  Tandis que sous le Pont            こうしていると 
  de nos bras passe               二人の腕の橋の下を
  Des eternels regards l'onde si lasse      疲れたまなざしの無窮の時が流れる

Vienne la nuit sonne l'heure             日も暮れよ、鐘も鳴れ
Les jours s'en vont je demeure.           月日は流れ、わたしは残る

  L'amour s'en va comme cette eau courante  流れる水のように恋もまた死んでいく
  L'amour s'en va comme la vie est lente    命ばかりが長く
  Et comme l'Esperance est violente       希望ばかりが大きい
                                         

Vienne la nuit sonne l'heure             日も暮れよ、鐘も鳴れ
Les jours s'en vont je demeure.          月日は流れ、わたしは残る

  Passent les jours et passent les semaines  日が去り、月がゆき
  Ni temps passe                  過ぎた時も
  Ni les amours reviennent            昔の恋も 二度とまた帰って来ない
  Sous le pont Mirabeau coule la Seine     ミラボー橋の下をセーヌ河が流れる

Vienne la nuit sonne l'heure            日も暮れよ、鐘も鳴れ
Les jours s'en vont je demeure.          月日は流れ、わたしは残る

      詩集「アルコ ール」(1913)収録                        


取りあえずの書き出しに、ギョーム・アポリネールの「ミラボー橋」を
書いては見たものの・・・・・・。


様々な事があった2008年?、実際は何も無かった2008年?。
前半までは好景気に浮かれていた、私達。


いつの間にやら、ガソリン代がジリジリと値上げを始め
気が付けば正気では、車に乗れないぐらいの価格になり。

そんな時に、父が倒れて狂気の価格のガソリンを給油して
8月の末から月に2-3回福岡→宮崎→福岡を繰り返した私。
私にしてあげれた事は、ほとんど何もありませんでした。
そのまま、お迎えが来た方があるいは、父も幸せだったのかも
しれませんが、死の淵からかろうじて 生還した父。

生きていれば何より、などと戯けた事を言う輩がいますが
寝たきりで、ほとんど私のことも解らずに、歩けもせず
用も足せず、流動食しか食べれない父に
人間としての尊厳はあるのでしょうか?

父の事が哀れなのか、そんな父を見捨てる事無く看取っている
家族が哀れなのか、時々解らなくなります。
そんな中大恐慌以来の、世界的な不景気。
あれよあれよと言う間に、3ヵ月後、半年後、1年後の事は誰も
何も解らなくなってしまいました。


明日で、仕事はお仕舞い。
明後日は1日遊んで、31日の零時を過ぎたら、兄を迎えに行って
お正月は宮崎へ・・・・。
本当は、ガールフレンドと福岡で楽しく過ごしていたいのですが
知らん顔をできるほど、まだ冷たい人間ではなさそうだし
それより、それ以上に私は親に対して受けた恩が大きすぎるのです。

父の死はいつかは、解りませんが「近いうち」という事で
予定されたことです、残された時間で何をするのか?
なにをしてあげられるのか?

父は、すでに周りの事は何もはっきりとは何一つ解りませんが・・・・。



新しい1年が、皆様におかれまして、幸多き1年になりますように
心よりお祈り申しあげます。
1年間お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。

来年もリストランテ ロアジをよろしくお願いいたします。


                         では、良いお年を。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/29(月) 03:03:20|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゴミの中の世界 | ホーム | 師匠>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/154-8a19dc1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。