シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

訴訟ファシズム(こんにゃくゼリーについて)

又、気の毒な食物による犠牲者が出てしまった。
犠牲者は1歳になる男の子である。
今回の事は不幸にして起こった事故であり、それ以上でもそれ以下でもない。
しかし、である。
野田消費者行政担当大臣が役人の威光を笠に着てこんにゃくゼリーの
自主回収を促すのはいかがな事かと思いますが?



何時から、日本はファシズム国家になったのでしょうか?
大体、1歳の乳児にこんにゃくゼリーを食べさせる親の知性を私は疑うが?
仮にパンを食べさせていて、喉につめて死んだらパンも
安全対策ができるまで自主回収させるつもりなのか?
リョーユーパンや山崎が訴えられた話はいまだに聞かんが?
何でこんにゃくゼリーだけが苛め抜かれるのか?
こんにゃくゼリーは食品界のユダヤ人かい?
いわれも無くユダヤ人が迫害されたのとあまり変わらない話だと思いますが?
窒息の王者、老人キラーの餅なんぞは毎年、年末年始の風物詩になりそうなくらいの
勢いで爺さん婆さんを極楽浄土に導いているが
餅を搗いてくれた親戚や、餅の販売所を訴えたと言う話も聞かんが?


世の中こんにゃくゼリー以上に危険な食物はいくらでもあるし
年寄りと小さい子供が食物を喉につめて死ぬのは、純粋に確率の問題に
なると私は確信していますが。
年寄りや小さなお子さんに以下のものを与える時は
もしかしたら、高い確率で死に至ると言う認識を持って与えて欲しいと思います。

1位:もち(168例、「こんにゃく入りゼリー」の84倍危険)

2位:パン(90例、「こんにゃく入りゼリー」の45倍危険)

3位:ご飯(89例、「こんにゃく入りゼリー」の44.5倍危険)

4位:すし(41例、「こんにゃく入りゼリー」の20.5倍危険)

5位:あめ(28例、「こんにゃく入りゼリー」の14倍危険)

6位:だんご(23例、「こんにゃく入りゼリー」の11.5倍危険)

7位:おかゆ(22例、「こんにゃく入りゼリー」の11倍危険)

8位:流動食(21例、「こんにゃく入りゼリー」の10.5倍危険)

9位:カップ入りゼリー(11例、「こんにゃく入りゼリー」の5.5倍危険)

10位:ゼリー&しらたき(それぞれ4例、「こんにゃく入りゼリー」の2倍危険)


>なんで仔羊のジゴ(後足)や牛舌の厚切りステーキが入っていないのか?
庶民は以上のものを、かぶりついて死にかけた事は無いのかね?
小生なんぞは、いつも死にかけておるぞ!



そう言えば昔、休暇で日本に帰国した時。
久しぶりと、元彼女と六本木の瀬里奈で馬鹿高い鉄板焼きを食べに行きました。
彼女が縦だか横だか解らないぐらいの厚切り最高級神戸牛のサーロインステーキを
よせばいいのに2切れほど 一度にほうばってしまい喉に詰め危うく死ぬところでした
2人前40000円のステーキを喉に詰めて死んだのならネタとしては面白いが・・・・。
あの時彼女が死んでいたら、彼女の家族は瀬里奈を訴えれば良かったのでしょうか?
サーロインステーキを訴えれば良かったのでしょうか?
ゼリーを喉に詰めて死んだぐらいで7500万円貰えるなら、
借金に困った人はみんな食べ始めるぞ。
名づけて、「こんにゃく詐欺」新聞のサブの見出しは
「こんにゃく食って天国へ行こう!あなたの借金もきれいに清算できます」。

メディアもメディアである。
社会の良識なんぞと自画自賛するくらいなら、こんにゃくにしろ何にしろ
咀嚼力と嚥下力の弱い人間が物を食べれば何%かの確率で死にますよと
言わなければ社会の良識でも何でも無いだろうに、
馬鹿な被害者家族に、雷同してどうする?



子供やお年寄りを亡くした家族の気持ちは良く理解はしているつもりですが
やたらに、訴えたりしないで 基本的に咀嚼力の弱い人間には
絶対に与えない事の周知を徹底するべき事かと思います。
その方がまともな社会だと思います。
アメリカみたいな訴訟社会になっても、喜ぶのは
人の不幸で儲ける弁護士ぐらいですよ。


私は今からこんにゃくゼリーを買いに行きますが、何か?
スポンサーサイト
  1. 2008/10/03(金) 19:10:00|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<戦後の学校給食における民主主義と貧富の差についての考察 | ホーム | 教えてあげない、と言うか教えようが無い。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/131-33130217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。