シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冒険者

夏は川もよく行きましたが
海にももちろん良く行きました、と言うか海辺の村に預けっぱなし。
私の身内には今でも漁業を営んでいる者が、数家族います。
5月25日の世界一の朝食で書いた伯父の家も漁業を営んでいます。
今は値段の良い「かんぱち」にシフトしていますが
当時はハマチの養殖をしていました。

ハマチの養殖は午前中に餌をやり、午後からは暇になります。
従兄弟のお兄さんは中学生ですけど、一人前に家の手伝いをして
もちろん漁船の船舶免許など持ってはいませんが
操船は鮮やかなものでした。

僕も持ちたい船の舵・・・・。
ある日の午後、港の横にある磯でサザエなどを潜って捕っていると
従兄弟のお兄さんが、「ハマチの生簀まで泳げたら
舵をちょっとだけ持たしてやる」と悪魔の誘惑をします。


ハマチの生簀のある筏は、遥か沖合い1000m-1200mの所にあります。
当時はすでに、プールなら1000m泳ぐ自信はありましたが、
100m沖に泳いで行く自信は全くありませんでした。


理由1.途中で嫌になっても止める事は出来ないから。
理由2.沖には鮫がいるから。
さて、人生の選択、ここで恐がって行かないと言うと
恐がりの烙印おされて、臆病者のそしりを受けます。
行って、「お前は勇気のある奴」と仲間に入れてもらいたいのもやまやまです。


その、2-3日前も大きな漁船の船長場の屋根(つまり一番高いところ)から、
頭から飛び込めと言われて海面まで5m以上あったと思いますが。
10分ぐらい高台の上で、恐がりと囃し立てられてあげく、飛び込んだばかりです。
試練は続きます。


恐がりの兄は、2-3日前と同じくさっさと行かないと宣言しました。
で私は・・・・。力なく「行く、泳ぐ」と言わされたような。
浮き袋でも持っていれば安心なのでしょうが、
漁村の子供は1年生でほとんどが、泳げます。
浮き袋など、持っているのは保育園児ぐらいです。
(もちろん幼稚園などという洒落た物はありませんが)
岩場から、ざぶんと海に飛び込んだのはいいのですが
心はとっくに後悔をしていました。

まさか、クロ-ルで鮮やかに一気に1200m泳げればいいのでしょうが
そんな体力がまずないし、海の中をクロールで顔を海に浸けて力泳するには
目が痛くならないようにゴーグルが(当時は二眼ニガンと言っていました)必要です。
素潜り用の一眼(鼻まで塞ぐ水中眼鏡)しかありません。
鼻を塞ぐのは、遠泳には不利なので置いてきました。
平泳ぎで気長に距離を稼ぐしかありません。
その日は運よく凪の日で、波はほとんどありません
ただ、遥か向こうを行き交う漁船の立てる軌跡の跡が
凄い波になって、2度3度にがしょっぱい海水を飲まされます。
ついに600m近く泳いでやっと中間点に。
そこで気が付いたことが もしかして、帰りも泳がなければならないの?
いっしょに、泳いでいる従兄弟のお兄さんに聞いてみたら
「当たり前だ、タクシーは来ないぞ」の一言・・・・。


本を読みすぎると言う事は、時として良くない結果をもたらします。
「トロッコ」だ!。芥川龍之介の「トロッコ」だ。
l あん時の土工は従兄弟のお兄さんで、私は良平なのである。

一気に、広がる恐怖心。
そこには、蜜柑畑のパノラマも蜜柑の良い香りもしないのです。
平坦な青い海と、鼻につく磯の香り 時たま漁船の立てる波だけ。
恐怖心を抑えながら何とか片道を制覇、無事筏に這い上がる。
とりあえずは、助かった。


休んでいる時、意地の悪い従兄弟のお兄さんは聞きたくも無い鮫の話しを始める。
まだ、お盆前だから心配ないがお盆を過ぎると
鱶(九州では鮫の大きな物は鱶です)が地に寄ってきて危ないとか、
島の浦(近所の離島)の人が、船から足を出して洗っていたら
いきなり、左足を喰いちぎられたとか、嘘か本当か解らない話を延々と続ける。
お前の足の裏は白いから、水中でキラキラして鱶が寄ってくるだの
褌を足に付けて泳ぐと、鱶は自分より大きな物は襲わないとか
(この2点は本当です、褌が効くかどうか実験をする気にはなれませんが)
灯台のある防波堤から、沖に目を凝らして見ると、
時たま大きな生物の背びれが観察できます。
それが、鱶なのかイルカなのかは、解りません
とにかく、何かが居る事だけはたしかです。
何かが居ると言う事は、そいつが人間を襲わないと言う保障は何処にもないのです。
10年程まえ、隣接する大分の漁村でホホジロ鮫に
襲われて亡くなった方が現におりますから。


あの時良平は「命さえ助かれば」と思っていたが、
冷静に考えると、命には何の危険も無い、あるのは暗闇を一人で
帰らなければならない、恐怖心だけである。
私と言えば、溺れて死ぬか、鮫に食われて死ぬか・・・・。
運が悪ければ、どちらにせよ、死ぬのである。
良平は家に着くまで、泣きはしなかったが、涙は頬を伝っている。
私は、恐くてと言うかとにかく 泣いたら負けなのである。


「もう、泳げるか」?。従兄弟のお兄さんは心配がちに尋ねた。
(鮫の話しは、喋った本人も恐いのである)
「うん」。と言っては見たものの、
気分はまるで屠殺場に曳かれていく牛か豚である。
パニクッて水を泡立つようにかき混ぜるのも良くない。
静かに、静かに。憧れの大地を目指す。
行きはよいよい、帰りは恐い。
いくら泳いでも地には近づいた気がしない
往路が比較的楽だったのは潮が沖向きに流れていたからである。
復路が進まないのは流れに逆らっているからである。
従兄弟のお兄さん、流石漁師の息子
突然、横に泳げと言い始める「???」。
わけが解らなくなるが、とにかく死にたく無いなら
彼のいう事を聞くしかない 50mぐらい横に泳いだら
「アラ不思議」。進む進む泣き出しそうなのをこらえてこらえて、
地面に足が着いた時の幸せ。


こうやって、3時間半の私の冒険と呼べる冒険は終わりました。
伯父の家に帰ると、入り口に母が立っています。
(私のささやかな冒険は、おりこうな兄に密告されていました)
形相は鬼のようです。何をして来たのかと聞かれたので
今日の出来事を、自慢げに話すといきなり頬にビンタをくらいました。
私の母は、子供に折檻することなど何んとも思ってはいなく
それこそ、犬か猫みたいに(最近は犬も猫もぶたれませんが)よく
ひっぱたかれていましたが、顔を殴られたのは最初で最後でした
「お前は、死んだらどうするつもりだったのか」と聞かれて
あとは、オイオイと泣き崩れていました。
そんな事を聞かれても、死んでから意識がもしあったら
出来る事で、その様な事を聞かれても・・・・。無理。



小学校4年生の夏、この世に女の涙と言う恐ろしい物があるのを初めて知りました。


新学期が始まり、クラスのみんなに私の大冒険を
話してやったのに、あまりにも荒唐無稽な話しと笑われました。
きっと、フィクションだとみんなは思っていたのでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/06(水) 18:55:02|
  2. 昔々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<これでいいのだ! | ホーム | 少年時代>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/122-17978b23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。