シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日からヴァカンス 3

一度車に帰ってみると、向かいのアパルトマンで
ペンキを塗っていたおっちゃんが何だか叫んでいる。
きっと、暑さで頭がおかしくなったんだと相手にしなかったが。
「ムッシュー・・・泥棒が・・・窓割って・・・かっぱらて・・・」。完全にいかれている。


車のドアーを開けようと、車に近づいたら道一杯に広がる
ガラスの破片・・・・・?
ケスク セ セクサ?(これは一体何なんじゃい)と言っても
時すでに遅し・・・・・。
後部座席の窓を割られて、荷物が2個紛失している。



出発前、大使のドライバーのエミールに南フランスに行くなら
ブリュッセル以上に荷物には 気を付ける様にと散々言われていたのに。
今回の日程はニースに2週間それから、北上しながら
リヨン→ジュネーブ→ベルン→アルザス→ルクセンブルグと
合計3週間の長旅、その間にもオペラだ観劇だ3ッ星レストランだ
それなりの衣装は必要で、するとそれなりに荷物は多くなり
車のトランクには着替え、私の読む本、とっておきのワイン・・・・。
雑貨屋と移動図書館と移動酒場一緒になったような有様で
ついつい、決してしてはいけない車内の見えるところに
荷物を置いて車を離れてしまった。
『オーララ!私の買ったばかりのビキニが・・・・』と彼女は嘆くが
先に警察に行って盗難証明書を作ってもらわないと保険が降りない。
途方に暮れていると向かいのペンキ塗りのおっちゃんが
降りて来てくれて、おっちゃんいわく「足場から『ドロボー』と叫んだんだが
奴ら知らん顔で盗んで行ったよ、若いパンクのカップルだ探せば
まだ見つかるかもしれないぞ」。
「ムッシューご親切にありがとうございました」そう言って
お礼に20フラン渡して、盗まれた荷物は諦めるから
警察が何処にあるか教えて下さいと言ったら、一緒に乗せて行ってくれたら
案内すると、言ってくれたので知らない街で普段から縁の無い警察を
訊ねて探す事はしなくて済みそうだ。
何とかお昼前に済ませてしまわないと、どうせ奴らは昼飯だと言って
いきなり事務を投げ出すのは解りきった事だったので
窓口に行って状況を話すと、そこに番号札の機械があるから
ボタンを押して番号札を取れといわれてそれでお仕舞い。
私の番号は、36番。本日のニース市内では早くも車上荒らしもしくは
車両の盗難が36件も発生しているのです。
人口30万そこそこの街で午前中だけで50件(すぐにいっぱいになりました)の盗難。
恐るべし南フランス。

一つ前の番号札のカップルは、スエーデンから来たカップルで
「どうしたの」?と聞いたら
「今朝着いたので、カフェの脇に車を止めて朝ごはんを
食べて15分して車に帰ったら車ごと無くなっていたとの事
「車は何に乗っていたの」?
「ゴルフのGTIカブリオーレ オープンカーじゃ乗り逃げも
直結されて仕方ないか
荷物は?無い。何も無い ビーチサンダルとTシャツと短パン
車のキー、お金、パスポートのみ
恐ろしく美しい金髪の彼女は、短パンにブラにシースルーのブラウス
やはりビーチサンダルのみ
我々が被害者だと思っていたら、もっと悲惨な方がいた。
あまりにもお気の毒なので書類を作成して、
車を修理に出してから一緒に食事をする約束をした。


南フランスには高級車ばかり盗んで
対岸のアフリカや東欧に売りさばく窃盗団がいます。
その話しは、ニュースでよくやっていたのですが
もっぱら、ベンツ、BMW、ジャガーなどで、本当にあっという間に消えるそうである。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/24(木) 18:16:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<太陽がいっぱい | ホーム | 今日からヴァカンス 2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/116-23c10c1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。