シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ポルトガル式結婚狂奏曲

さて、待ちに待ってもいなかったが、
仲の良い男友達の結婚式並びに披露宴の当日である。
気ままな独身生活は昨日でフィニ(おしまい)である。
一人の女性のために、他の全てをあきらめられるのかね?
毎日同じ女性のもとに帰れるのかね?



試しに、ダンテ・アリギェーリ伯の高名な「神曲」の
インフェルノ(地獄編)に、地獄の入り口の門には
”この門をくぐる者は、一切の希望を捨てよ”と書いてあるぞ!
と言ってみたが、幸せなルイース君はただニタニタと笑うばかりである。


新郎、新婦の友人がバカンスを利用してドイツ、フランス、ベルギー
イギリス、オランダ、方面から里帰り、
貧しい南の暑い国は、富める北の涼しい国へ、みんな出稼ぎである。
遠い所でアメリカは、ニューヨークなんて方も居ました。
言語がゴチャゴチャになってややこしい事この上ないので、ポルトガル語か(わかrませんが) フランス語か、英語に統一してもらう。



11時に教会まで乗せていってくれとの事なので、お迎えに。
車の中で突然「テモアン(結婚公証人?)はお前だからな」と言われても
何でも結婚式には新郎側で1名、新婦側で1名で式に参加して
司祭の横に立っていて式が有効であると証明する人が必要なのだそうであるが・・・。
「僕はポルトガル語解んないし・・・・」。
「心配しなくてもあれはラテン語だから俺も解らん
何でもいいから、何か聞かれたらシィ!シィ!(はい、はい)と答えろ」。との事
小さい子供のおしっこじゃなんだからそんなシィシィばかり言えるか。



教会に着きました、きっとそこはニューシネマパラダイスで
トト君が居眠りしていたような古めかしい教会を想像していたら。
何んと近代的でモダンな建物
もしかして、丹下建三さんのデザインかなと思って
回りの人間に聞いてみたけど誰も丹下さんを知らなかった
せめて、アルド・ロッシかアルフレッド・アリーバスぐらいにしておけば良かった。


結婚式のミサは厳かにダラダラと、真夏のヴィラレアルで続いています。
聖体(パンとぶどう酒)が新郎新婦に(これがキリストの体と血だそうです 後で僕にも食わせろと少し貰いましたがウエハースみたいな感じでした。)
与えられて、多分健やかなる時も、病める時も汝はこの女を
妻として愛し続けますか?などとお尋ねになっているのでしょう。
私にも何かお尋ねになったので「シィ」!と
(多分この結婚が有効なのか異議は無いかととお尋ねなんでしょう)だけ答えておきました。
式が終わって外に出て、湯豆腐でもできそうなぐらい
暑い中でまるでゴッドファザーの結婚式の様な
写真撮影があって、一同解散。


夕方6時に街のレストランを借り切ってのエクストラヴァガンツアー
(ドンチャン騒ぎが)始まるらしい。
お腹は痛みこそ減りましたが、相も変わらず「リスボン特急」。
夜のために昼はゆっくりしたかったのに、
明日で帰るから 遊ばないとつまらないと、わがまま娘が言うので
泊まっていたホテルのプールで午後いっぱい半漁人みたいに泳いでもうくたくたです。
何とか、1時間だけシェスタができました。


暑い中正装して披露宴会場に向かいました。
少し早く着いたので、あたりをうろうろ時間つぶして午後6時
いよいよ、会場に入ります。


私の席は何処?かなと探す間も、皆さんからジロジロ見られて恥ずかしい。
(よほど東洋人が珍しいらしい)
席はありました、何んと上座それも神父様と同じ席
ディアナパパ&ママと一緒(ルイスのご両親は体調不良のため
式のみの参加でした)
私は異国の結婚式で、末席の方でよかったのですが
気を使ってもらってありがたかった。
スペイン産のカヴァ(発泡酒)で乾杯
テーブルの上にはすでに所狭しと、料理がクロスの上に直接置いてあります。
「解ったこれを、食べればいいんだ」。と彼女と二人、ポソポソ食べていると
ノンノン!食べても良いけど後の料理が入らなくなるから
食べるなと言われた。
これは、テーブルの飾りですとも、言われた。
料理はその後、とんでもない量がこれでもか、これでもかと出てきました。


同席の神父様のお名前はパウロ神父。
席に着くとこの方突然、「今晩は」と日本語で挨拶をされる。
プルケー?(何故)
彼の弟も神父で日本に派遣されているので
先ほど電話して日本語を教わったとの事、
フランス語も堪能でいらしたので、フランス語でお相手をしていただく。


明日で、何とか最終回。
請うご期待?
スポンサーサイト
  1. 2008/07/02(水) 03:36:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ポルトガル式結婚狂騒曲 2 | ホーム | 見知らぬ村で>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://loasi.blog111.fc2.com/tb.php/103-dcd42f4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。