シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

痛み

朝はのどの激痛で目が覚めました。
疲れすぎると興奮して中々寝付けなくなるし
そんな夜の眠りは浅いのです。
それに昨夜は一晩中咳がおさまらずに久々の喘息発作と
思っていたら何のことはない過労からくる風邪らしい。

先週1度夜中に発熱をしたけど
私はしょっちゅう発熱はやらかすし
次の日には熱も下がっていたので気にもしていませんでした。

月末だし年度末だし 今日もなんだかんだと多忙な1日で
昨日はヘトヘトになりながら明日こそゆっくり休養と願っていたのに
昼過ぎに予約が入って今日も休めず仕事をしていました。


何をするにも体がだるいし、足が痛いし、脚が痛いし
昨夜の咳のしすぎで気管支が痛い、のどが痛い・・・。
何とも情けないが痛い所だらけである。


昨日はヘトヘトだし、昼酒の飲みすぎで
夕方自宅に帰ってからは仮死状態でしたけど、
今季最初で最後のモン・ドールを食べる約束があったので
鉛のような体を引きずって出掛けました。


今回は何とクリスティアン・ジャニエ氏熟成の超高級品
1個800g超ぐらいで7000円もするのでしたけど
賞味期限切れ間近なだけで半額で構わ無いと言うことでしたし
ジャニエ氏の熟成ならさぞかし美味しかろうと 普段から疑り深い
我々がコロリと騙されて彼女と1500円2000円の折半で買ったのです。


すでにテーブルの上に放置プレイされていた
モンドールちゃんはあたり一面に悪臭を放ち
中々期待をさせてくれます。

予備診断で軽く押さえてみましたが
この硬さは冷たいせいなのか?若いせいなのか?
イマイチ解らない状態でした。
もう何にもしたくないと駄々をこねていたので
昼のお花見の残りと彼女お手製のサラダぐらいで
いきなりモンドールです。

丁度テレビで坂本龍馬が始まったので
どこまでフィクションの入った大ぼら吹きな
坂本龍馬か気になっていたので食事をしながら眺める。
坂の上の雲と言い坂本龍馬といい歴史小説とは
言いながらNHKはいい加減にせいと言いたくなるぐらい
突っ込みネタ満載で呆れて物が言えないぐらいです。



で・・・モンドールなのであるが
通常表面の皮を丸く切って皮を丸く取り除き
スプーンなどで掬って頂くのであるが
まだ少し温度が低いけど室温に近くなっても硬いのである。
つまり賞味期限切に近くなってもチーズとしては
後1週間か10日ぐらいは熟成が必要な若々しさでした。


感想は普通に美味しかったのでした。
通常の5000円前後のモンドールならなんちゃ思わんけど
安く買ったとは言え元々は7350円也の品物。
微妙な味と言うことで意見の一致を見ました。
まあ何時ぞやみたいな度を越した悪臭でもないし
変な苦味も出てはいなかったので
これはこれでありかと思います。


こんな事なら勿体無いけど端からフォンデュにすれば良かったと
反省した私でした。
生きて行くには時には痛みを伴うのです。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/30(火) 11:55:24|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3月28日の奇跡

昨夜は3月度のワイン会
忙しかった・・・。

その前は知り合いの会社の入社歓迎昼食会
31名のコース料理 とてつもなく忙しかった・・・。

今週は何やかにやでゆっくり休む暇などまったくなく
夜になると両足に激痛が走ります。

で・・・本日は春の恒例『観桜会』なので
昨夜はワイン会の片付けもそこそこにお弁当の
仕込みを始めていました。
膨大な仕込み量でしたけど朝の4時頃には何とか
なりそうになったので、仮眠を取ることにしました。


3時間眠って7時起床。
本日の福岡市中央区の天気予報は曇だったのですが
晴れ男の私とmika&mikaコンビの快晴トライアングル
(未だにある男をメンバーに入れない限り負けなしなのです)
当日のお天気なんぞこれっぽっちも心配していなかったのですけど
窓の外は冷たい雨がシトシトと降っていました。
それでも残りの仕込みをしながら8時まで待ちましたが
やっぱりアカンので場所取りのmikaさんに電話
雨が降っていては仕方ないので様子見ということにして
仕込みを続けて居たら 40分後には陽がさして来たので
決行のゴーサイン残りの仕込みを一気に進めました。
友人の223も本日はお手伝い11時40分には
タクシーで会場の福岡市動植物園に向かいました。


出掛けに足の悪い自分の為のステップ(椅子代わりです)
自分の為のワインだけは車内に持ち込んだけど
膨大な食材を降ろすのに気を取られて
ワインはタクシーの座席の下に・・・・。

まあ。仕方ないと諦めました。
博多時間とやらで時間に来る方はほんの少人数で
集合時間全く無視の集合でいつのまにか、勝手に始まる我らのお花見
今回のメンバーは福大、九大のプロフェッサー、ドクター、
日本語学校の先生、スリランカからの留学生
さる、キジ、犬と多彩な顔ぶれで会は賑やかに始まりました。


毎度ながら自分で作った豪華な?美味しい?(多分)料理は
まったく食べる気はなくサンドイッチなどチマチマと摘まんでいました。
飲み物を失くした私は223のワインを分けてもらうと言う乞食生活です。
疲れもあって急速に酔がまわります。


途中でmikaちゃん合流、おじさんの運転するタクシーで
お母さんおばあちゃんと3人で来ていたら
さっき弁当を多量にもった怪しげな男二人がワインを忘れていったと
話てくれたそうで、我がソムリエールmikaちゃんがどれどれと
ワインのラベルを確認したら私の店で扱っているワインだと確認
しかも抜栓済みのセレーゴ・ビアンコ知らん顔して
持って来ようかと思ったと言う話をしてくれました。


なぬ?それはもしかして私が忘れてしまったワイン?
親切なmikaさん叔父はわざわざ又届けに来てくれました。


決して有り得そうも無い事が起きたので
みなさんでその白ワインを速攻で空けました
昨年のお花見はあまりの寒さで私はワカサギ釣りの
親父に変身していましたけど今年は快晴に恵まれて
お日様も微笑んでくれて楽しい会になりました。


ご参加のみなさまありがとうございました
朝早くから慣れない弁当作りを手伝ってくれた
223にスペシャルサンクスです。

普通では決してありえないようなお話でした。
  1. 2010/03/29(月) 00:19:34|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

彼女に作って欲しい料理

と言っても


私の場合『これさえあれば大丈夫』何て食べ物が無いし
好き嫌いも無い代わりに『これが一番好き』とか
『これだけは食えんなー』と言う食べ物も無い。
完璧すぎると嫌われるので世間体も考えて
一応沢庵の古漬けは嫌いと言う事にしている。
(実際昔は食べれなかったけど現在では多分食べられるでしょう)


それに毎日1度の食事は大抵の場合私が作っているので
いまさら彼女にリクエストしたい料理は特に無いかな?
(彼女は普通に料理はできますし十分美味しいのですが)
和洋中にエスニックからデザートまで
まあ出来ない料理は今の所恐ろしく原価がかからない限り無いのであるけど。


贅沢な望みでしょうけど美味しいご飯が炊けること、
美味しい味噌汁もしくは汁物ができること
美味しい干物が作れることぐらいでしょうか?
後ご自分でぬか床なんぞをお持ちの女性は尊敬します。


それから運悪く重病になって私が料理が出来ない時に
ハイカロリーな食事だけは勘弁して欲しい
あちらで暮らしていた頃病気をして 
あちらのガールフレンドが一生懸命
ハイカロリーな食事を作ってくれたのに私の体は受け付けませんでした。
(それが原因で結局別れてしまった私達)


病気だから栄養価の高いものを与えるのか?
病気だから消化に良いものを与えるのか?
これはまさに文化と伝統の違いなのですが

さて明日のメニューは先日いただいた海の幸でエスニック料理
タイ風のさつま揚げ、ヤムウンセン(春雨のサラダ)
カオパット・サロ・パット(タイ風のパイナップル炒飯)等

何もいつも女性が料理をしなくてもよろしいのでは無いでしょうか?
  1. 2010/03/21(日) 01:11:08|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日は悲しいひな祭り

あかりをつけましょ ぼんぼりに
お花をあげましょ 桃の花
五人ばやしの 笛太鼓
今日はたのしい ひなまつり

お内裏様(だいりさま)と おひな様
二人ならんで すまし顔
お嫁にいらした 姉様に
よく似た官女の 白い顔

金のびょうぶに うつる灯(ひ)を
かすかにゆする 春の風
すこし白酒 めされたか
あかいお顔の 右大臣

着物をきかえて 帯しめて
今日はわたしも はれ姿
春のやよいの このよき日
なによりうれしい ひなまつり


子供の頃から疑問なのである。
『うれしいひな祭り』の歌を
幼稚園では必ず歌わせられるのであるが
この歌は何だか物悲しく聞こえて
気分は沈みちっとも嬉しくも楽しくもないので
何処が楽しいのか少しも解らないのだけど
みなさんのご意見はいかがでしょうか?

端午の節句の『鯉のぼり』の歌は勇壮で心は
高揚してきますが
ひな祭りはお部屋で白酒飲んであられを頂いて
男のガキ共は普段着なのに 女の子達は晴れ着を
着せられてえらい差別である。

まあ、端午の節句は柏餅を食って柱に傷を付けるのが関の山なので
仕方ないといえば仕方ないですね。


昨夜の献立は
ちらし寿司、蛤のお吸い物、太刀魚の塩焼き
デザートは少し早いけど桜餅


また春がくる
そしてSpring never waiting.
(「春は決して待たない」→光陰矢のごとし)
明日お花見のご案内をいたしますので
どちらさまもご自由にご参加下さい。
  1. 2010/03/04(木) 22:30:05|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。