シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かかる火の粉

ご心配頂いた皆様へ


先日までこちらに掲載していた文章ですが
ひどい書き込みをした本人からの謝罪はありませんけど、
管理サイトに営業妨害との 旨を伝えてとりあえず削除してもらいました。
私もいつまでも内輪恥をさらしているのも見っとも無いので
卑劣な書き込みに対しての反論は削除いたしました。
個人的にメールなどいただき 色々な励ましありがとうございました。


私が耳障りの悪い書き込みに対して全てそのご意見に耳を貸さず
我こそは正義と言っているわけではありませんので そこら辺はご理解ください。
お客様の貴重なご意見やご指摘が正当な物であれば 一瞬頭に来る書き込みも自戒の意味も込めて
そのまま掲載させていただいております。

色々な励ましありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/28(金) 03:30:35|
  2. ゲスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

発作

前にも1度書いたけど。


私には昔から 駅前のとんでもないラーメン屋、そば屋、うどん屋に、
もしかしてと淡い期待を持って 誘引剤につられて
ゴキブリホイホイに入るゴキブリよろしく入ってしまう癖がある。
和、洋、中、エスニックジャンルを問わずに部類の麺好きなので 
ある面仕方の無い行動ではあるが・・・・。


心の奥底の良心?は「止めておけ!止めておけ!」と入店を拒むのであるが
馬鹿な男や女が何度となく相手に騙されて
酷い目にあっても今度だけは この人だけは違うと
自分を半分偽って毎度ながらころりと騙されるのとよく似ている。
(何か心因性の大きな障害があるのかもしれない)
さてさてと、店で働くお兄さんやお姉さんおばちゃんおっさんを
観察しながら注文した品物が出てくるのを待つ訳であるけど・・・・。


大抵は目の前の物体の香りがまず駄目である。
仮に香りが合格点でもスープや麺の味が例外無く
お粗末極まりない代物である。
北は盛岡から南は鹿児島までの拙い経験ではあるけど
これに関しては例外があった試しがない。
髪の毛を漂白剤で脱色したような気分(まだ試したことは無いけど)になる。


ほうほうの体でその場からの離脱を試みるのであるが
なんど騙されても際限も無く騙される。
その度に自分には学習能力がないのかと落ち込む。
なにせ香港、なぜかパリ、ミラノ、ニース、ブリュッセルなどで
抜群の雲呑麺を非常な安価で食して来たものだから
特にラーメン屋シンジケートの体たらくには呆れる物がある。
(最近ではさすがに外ではラーメンという代物は食べなくなりましたけど)
まあ、そば屋にしろ うどん屋にしろ似たものである。


で、以上の物が食べたくなるとどうするかというと
今は自分で作るのである。
ラーメン、うどん、そば、こんなざっかけなファーストフードを
気軽に近所で安価に食べれないと嘆いても仕方が無いのである。
駅前麺屋集団の横暴を許している我々一般大衆のニーズが
その程度の物でしかないのであるから仕方ない。


大阪の梅田の地下街で豆のだし汁としか呼び様の無い
茶色の抽出物をコーヒーと称して売っているあくどい親父が居るが
みんながその茶色い液体はコーヒーではないと叫んでいるにも
関わらず店はいつも満席である。
ある程度の人口のあるところでは何を出しても売れるという悪い見本である。


冒頭にも書いたけど麺類はまず 出汁、スープ、つゆの香りと
出汁、スープ、つゆの味と麺の質がそれぞれ独立的においしくなければならず
かつ以上3様の味がハーモニーを奏でる事で完成される物であろう。
(随分と話しが哲学的にややこしくなってきました。)
香りも味も麺もそれぞれが良くても味のハーモニーでなければ
「船頭多くして船山に登る」になってしまう。
一滴の朝露の表面にも大地と空が全て写っているが
1杯の麺の丼の中にも深遠なる世界が広がっている。
駅前悪徳麺屋集団に期待する私が馬鹿なのであろうけど。


で。
話の本題であるけど、先ほどから空腹となり
我が業病の発作が起きてまたしても
駅前悪徳麺屋集団に足を踏み入れそうな
気分の高鳴りを感じ始めている。
どうしよう?

喘息の発作よりは害は無さそうだけど。
  1. 2009/08/16(日) 13:08:36|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北北西の風 風力3 天気晴朗なれどもボロボロ

先日は恒例の「大濠花火大会」観賞ディナーを開催した。
自分が主催しておきながら甚だ無責任であるが
今回ばかりは我が業病も佳境に入り
人とにこやかに談笑したり、ましてや自分主催の会のホスト役なんて
無理、無理、無理、無理、無理、無理と100回繰り返して見たが
それで現状が好転するわけも無く、とりあえず必要な食材が
キッチンの中に手付かずのまま山と積まれたわけはあるが、
私と言えばあいも変わらず人間生ゴミである。


その間「存在が先か、意識が先か」とか。


深い森の中で大きな木が倒れたら果たして音がするのかとか。


魚が楽しそうに泳いでいると、魚の楽しみについて
荘子と恵子(けいし)の不可知論について考察したりとか。


手を叩くと音がするのは右手なのか左手なのかとか。


学生時代の友人でラーメンを食べる時に
必ずスープを完食してからおもむろに、麺にかかる奴がいたが
いったい何ゆえにそうする道を選んだのかとか。



時間ばかりが流れてゆき ぞくぞくするほどの焦燥感に
苛まされながらも結局は何もしないのである。
と言うかできないのですが・・・・。



パーティの人数は約30名。
仕込み開始のタイムリミットの48時間などはとうの昔に過ぎてしまい
それでもどうしようもなく後は信じてもいない神にでも祈るしかないのです。
運よくハイになることを祈って突然飲酒を始める。



ジャッキー・チェンの傑作で「酔拳」と言うのがあったが
あれは飲めば飲むほど強くなるのであるが、残念なことに
料理を作るための研ぎ澄まされた感性は
酔っ払うと甚だ鈍くなるので、飲酒は良くないのではある。
解っちゃいるけど止められないのが人の性、仕込みの時間限定と
残り時間14時間前に始めなければならない私の
しょうもない選択である。

夜中の2時に嫌々仕込みを始めて次の日の17時終了。
眠らず、食わず、食わず(ワインだのビールは飲んでいましたが)
今回はまる子は先月から病気の為不参加で 結局は30人前の
前菜からデザートまで全て私一人の孤独な作業が続きました。
15時半に久しぶりにmika&mikaコンビが復活
気使いのプティmikaさんにお見舞いの差し入れを色々頂く
かたじけなさに涙がちょちょぎれる。
タクシーに乗ってトランスポート 無事時間までに到着。
何とか人間としての責任を果たす。


通常は60人とか70人とかの とんでもない人数なのですが
今回は病気の事が解っていたのでなるだけ勧誘はせず30名で正解でした。
今回の食材の量は、3kgタッパーで7、2kgタッパーで11
他にバン重で3台約60kg以上の食材の持込 通常ではこの倍以上の量で
60とか70名ではとても今回の健康状態では只では済みませんでした。


何度もやっている会ですが、今回初めてゆっくりと花火を観賞する事ができました。
しかし北北西の海風、花火の硝煙がまともにこちらに流れてきます。
煙のスクリーンを通してみる花火はまるで、馬頭星雲を
眺めているみたいです。
今回はとてもエンジョイできたのですが、病と笑い男のせいで
途中何度か切れそうになりましたが、事なきを得て家路を辿り
空腹のために(通常自分で作った料理は味見程度しか食べません)
なんと日清のチキンラーメンを食べて歯を磨いて寝ました。


今日は今からリハビリです。
例えどんな状態でも75点以上の出来にしなければならない私の仕事
皆さん大喜びなのがほんの少しの慰めです。
  1. 2009/08/05(水) 19:03:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。