シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ご注文はどっち?

新しい臓器移植法の改正案が衆議院にて賛成多数で可決されました。

マイミクさんのコメントで少し書きましたが
日本はその行為を正当化してくれる、社会共通のコンセンサスも
宗教のお墨付きも無い国である。

キリスト教では「汝の隣人を愛せよ」と言う教えもあれば
キリストが人類の贖罪のため十字架に掛けられ犠牲になったと言う
行為があったので、臓器提供もその行いにつながると考えられ
教会側の考えは概ね肯定的である。
精神や魂に安らぎを与えるのが、神の領域であり
現世の肉体の安寧は医療の領域と考えられる。
つまり精神と肉体では癒す機関が違いそれぞれの分業制が確立されている。


キリスト教世界が面白いのはたとえ人食いをしてでも
生き延びる為には仕方の無い事と判断されれば
アンデスの山中で仲間の遺体を食べつくしても
その行いは生き延びる為に行なった正当な行為として認められる。
(彼らが生還した時ローマカソリック教会は真っ先に
彼らの行いを認め正当化する声明を出していました)
良い事か悪い事かそれは解らないけど、同じことを日本で
犯したら多分仲間を食べてまで生き延びた卑劣な人間として
扱われるのが現状でしょう。

江戸時代あれほど飢饉を繰り返し何万人と餓死者が出ても
日本では飢えのために仲間を食べたと言う話は殆どありませんが
中国でも西洋でも極限状態での食人はよくある話でしかなく
(中国の場合は少し違い趣味嗜好で簡単に喫人<チャーレン>に走りますが)
日本で人食いに走るのは恨みから来ることが殆どでした。
我々は他人の不幸の上に自分の幸福を築く事を「是」とはしませんでした。


アメリカでよく聞く司法取引も、事の善悪は
神が裁くものであり現世で5年や10年刑期を短くしても
地獄に落ちる人間はどうせ地獄に落ちると言う考え方が根底にあります。


では、アジアの仏教国ではどういう現状かというと
タイは敬虔な小乗仏教国ですが、アジアで最初に
脳死判定を受け入れ臓器移植に踏み切った国でした
その根底を成す考えには(布施)(困っている人に施しをする)を
行なうことはと言うことは
功徳を積むことの中でも上位にあり、中でも自分の体も全て
困っている人に与えるという事はもっとも素晴らしい事とされている為です。
ここにも宗教によるお墨付きがあります。
それに死生観の違いからか彼らは死後の世界では魂のみの存在で、
現世の肉体には執着をしないという考え方があります。
キリスト教の基本的な考え方同様、仏教界でも概ね臓器移植には
肯定的な現状があります。


では我々平均的な日本人はどうなんでしょうか?
生まれてすぐのお宮参りは神道、結婚式はキリスト教
死んだ時のみの葬式仏教、自分の家の宗派も若者は知りませんし
どんな教えなのかはさっぱりです
その他、後は何でもありの、およそ宗教に対しての
貞操観念の全く無い我々ではあるが・・・・・。
体(生死を問わず)には異常に執着するのです。


今年の春先に長崎の漁船が沈没しました。
あまりにも費用が嵩むので沈没した漁船は
今の所引き上げられてはいませんが
先日天神を歩いていると遺族の方達が引き上げの資金を
皆さんからの浄財に縋ろうと雨の中募金をなさっていました。
それはなぜか?、遺族の体を暗い海の底から引き上げて
自分たちの墓所に休ませてあげたい気持ちからだと思われます。
ハワイ沖でアメリカの原潜の不注意から衝突、沈没した事故では
四国の水産高校の練習船は費用度外視で引き上げられました。
関西淡路大震災でも御巣鷹山の日航機墜落事故でも、
安否の確認にこだわったのは外国人で
破片でも良いからと遺体の回収にこだわったのは日本人でした。


日本では生体から生体への臓器移植は多分アジアで
トップクラスの施術実績があるとは思います。
我々は決して臓器移植を否定しているとは思えませんし
アメリカを別にして臓器移植の技術レヴェルは高いと思いますが、
臓器移植法が施行されても脳死死体からの移植が
劇的に増えているとも思えません。
何か深い所に我々の精神的なネックがあると思います。


今回の争点の幼児への移植の道を開くという事。
例えば私に1歳になる可愛い子供が居たとします。
日々の成長が楽しみでヨチヨチ歩きも出来るようになり
表情も豊かになってきました。

例1.ある日重い心臓病になり心臓移植しか助かる手段が無いとしたら
迷わず他人の心臓でも構わないのでこの子が生き延びられるなら
移植を受けさせたいと思うと思います。
きっと藁にも縋る気持ちでしょう。
この場合は脳死は移植をする為には便宜上とはいえ
人の死であると肯定すると思います。


例2.ある日事故で可愛い我が子は植物人間になってしまいました
でも、呼吸器をつけていますが呼吸もします。心臓も動いています。
爪も髪も伸びます体も大きくなっています。
どうにかした拍子に笑っているような顔を見せる時もあります。
またいつか目を開けて、微笑んでくれる日が来ると信じて
私は介護を続けるでしょう。
いくら脳死だと宣告されても、私は決して受け入れないでしょう。
脳死なんて移植をしやすくするための、自分の幸福が他人の不幸の上に
成り立っていると言う後ろめたさをごまかす為の
人間の尊厳を無視した便宜上の手段でしかないと思うはずです。
臓器移植を勧めてくれたコーディネーターの言いたい事は
良く理解できても、なんで生命維持装置にに頼っているとはいえ
生きて呼吸もして成長もしている我が子なのかと憤るでしょう。



私の意見はその場にならないと解りません。
肝臓や腎臓や骨髄 分けてあげられる臓器ならいかに
苦痛を伴おうとも我が子には進んで提供するでしょうけど。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/25(木) 09:32:33|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光あれ 2

前回でざっと光と呼ばれる物の中にはどんな物があるのか
簡単に説明しました。


光は我々の生活の中に必要不可欠なものです。
まず、光がないと夜は暗いですし、太陽光による
植物の光合成、酸素の供給、作物の育成
体の中を調べる為のレントゲン撮影はエックス線の物質を透過する
性質を利用しています。
自動ドアのセンサーは赤外線を感じてドアの開閉をします。
たとえば遠くにある天体の組成物質を調べるのにも利用できます。
光を物質にあてるとそれぞれの物質固有の周波数の光を吸収する。
つまりそれぞれの物質は、特徴のあるスペクトルの指紋を持っている。
だから、金星の大気の組成が二酸化炭素ばかりなのも
木星が水素の巨大な塊なのも、その衛星のイオでは盛んな火山活動があり
硫黄、ナトリュウム、カリウムなどがドーナツ状に集まっている
ことですら地球に居ながら解ってしまいます。


光の便利さはこの他にも、調理器具(電子レンジ、IHクッキングヒーター)
光通信、医療や物質の加工におけるレーザー
現代人の必需品となった携帯電話など留まる所を知らず
便利な反面、携帯や電磁調理器が何の確証もないまま
危険と騒ぎ立てる輩が居るのも事実です。


なぜ、携帯やIHクッキングや電子レンジでは
電波とは言わず何やら恐ろしげな理解不足の「電磁波」と呼ぶのか
何かの意図があるとしか思えません。
実は昨日電磁波の事を書いていたら、ある方から
コメントに「携帯の恩恵を享受しておきながら文句だけ言うのはNGだ」と
お書きになっていた方が居て、その方のコメントに少し違和感を覚えて
光について書き始めたのですが・・・。



まず、電子レンジこれは危険な調理器具でしょう。
マイクロ波で物を温められると気づいたきっかけ自体危険なことで
ポケットにピーナッツクラスターバーを入れて
レーダを設置していた技師がポケットの中のピーナッツバーが
溶けていた事が全ての始まりです。
但し通常の場合ではマイクロ波が漏れる事はないとメーカーが言っているので
一応安全とみなしても良いのでは?
しかし、光の(電波も)強さは、光源からの距離に対して
逆2乗で弱くなるので(ケプラーの光の逆2乗の法則)
電子レンジから遠く離れているのに越した事はないと思います。


IHクッキングヒーターはメーカは安全でクリーンでエコな調理器具だと
力説していますが、電力を全て原子力、風力、太陽光、地熱
潮力、など化石燃料を燃やさずに得られた電力ならともかく
石油を燃やした熱エネルギーを電気エネルギーに変換して
(効率はせいぜい42%ぐらいしかありません)
その電気エネルギーを再度熱エネルギーに変換しているので
IH自体がいかに効率が良くても実際は全然エコではない。
空気を汚さず熱くないと言う事は認めます。
しかし、核がメルトダウンを起し暴走したら
我々人類には止める手立ては今の所ありません。
その被害は原爆の比ではなく、大気も大地も河川も海も長く汚染されたままである。

最後の携帯電話ですが、今の所研究が始まったばかりで
安全なのか危険なのか解らないと言うのが科学者の正式な見解です。
ちゃんと実験をして数値を取って条件を変えた上での判断なのに
「電磁波」=「危険」が一人歩きしています。


確かに健康被害を訴えている人も沢山います。
その人達が仮病とか嘘を言ってあわよくばメーカーから
保障金などをふんだくってやろうという方達ばかりだと
言う気は全く無いのですが
健康被害を訴えている人の何%かはプラセボ効果の
範疇なのではないかと思っています。


世の中には、暗示にかかりやすい人達は沢山いるのです。
電子レンジが、クッキングヒーターが、携帯電話が
危険だと、健康被害が多数出ているとマスコミが
負の情報だけを何の裏付けもなく垂れ流せば
人口の何%かは必ず暗示に引っかかって、
たまたま電波塔の近くに引っ越してくると
事実頭が痛くなったり倦怠感が払拭できなかったりする人が出てきます。
症状が嘘だとは決して言っていませんので、絡まないで下さい。


私は安全だとも危険だとも言う気持ちはありません。
ただ、今の所それは解らないので今後の調査及び実験結果を待ちましょう
と言っているだけです。



まあ、50年前と比べてもとても便利な現代文明。
しかし科学の進歩を享受しておきながら批判をするなとは如何な物か?
科学はもともと自己修正的に発展してきました
仮説があっても仮説が広く受け入れられる為には
確実な証拠をもって真理の関門を通らなければなりません。
大事な事は自分の意見を述べたり批判はみんながしても良いと思います。
一番危険な事は人の意見を抑圧する事です。
ただし、誹謗中傷と批判は全く別のお話かと思いますが。


私は電子レンジは使いませんしお店にもありません。
IHクッキングヒーターも昔使いましたけど、
まだガスの調理器具を越えているほど素晴らしい性能だとも思いません
人体への安全性も証明されていない上、なにより炎を使って
料理を作った方が美味しいし私は好きです。
  1. 2009/06/22(月) 23:33:14|
  2. サイエンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「光あれ」。

旧約聖書 創世記  第1章
混沌の闇の中で神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。
神は光を見て、良しとされた。神は光と闇を分け、
光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第一の日である。


奇妙な一致であるが、ジョージ・ガモフのビッグバン理論が正しいとすると
(その理論は意地悪な追試を今まで散々されてきたけど、
追試は概ねクリアーできていて決定的な、間違いは無く
今の所正しいと言わざるを得ない理論でしょう)
宇宙の始まりもまさに「光あれ」である。

と言っても荒れ狂う電子の中で光が今みたいに直進できるようになったのは
ビッグバンから約30万年後宇宙全体の温度が4000度ぐらいまでに下がってからですが。
ちなみに宇宙が始まって10の-34乗秒後には宇宙の温度は10の28乗度
つまり100000000000000000000000000000℃もありました。
10万分の1秒後には1兆度に下がっていますし、
現在の宇宙の温度は-270.4℃までに下がっています。
それから宇宙は光速で膨張し続けています。
今から約137億年前の話である。

で本日は光の話です。
普段私たちが「光」と呼んでいるのは「可視光線のスペクトル」と呼ばれている
ほんの些細な領域です。
可視光線のスペクトルの領域は周波数の高い方から低い方へ
紫、藍、青、緑、黄、だいだい、赤の順に並んでいます。
つまり通常光と理解しているのは、この範囲だけです。

夏の海は紫外線がいっぱい。と言って日焼け止めのケヤをしますが
目には見えないだけで、紫外線と言う光があります。
私たちには見えませんが、マルハナバチや蝶には見えますし
(この能力においては我々は昆虫以下です。)
光電素子(センサー)にもよく見えています
つまり紫より周波数の高いスペクトルを「紫外線」と呼びます。
紫外線の向こう側には、エックス線がありその向こうにはガンマ線があります。
高周波と言うだけあってエネルギーが強いので
まとも浴びると紫外線では火傷をしますし
エックス線だのガンマ線を大量にあびるとあなたは被曝して
量にもよりますがすぐに死にます。


逆に赤より低い周波数のスペクトルの事を赤外線と呼びます。
これも人間の目には見えませんが、感度の良い温度計には感じられますし
ガラガラヘビの仲間のヘビの(ハブも仲間です)目と鼻の間にピットと呼ばれる
左右1対の器官があります。
ピットは赤外線の感知器なので彼らは闇の中でも鼠も人間もよく感じることができます。
(この能力において我々は昆虫よりはましですが、爬虫類以下です。)
そして襲われます。やっぱり死にます。
でもご安心を、我々には見えなくても機械が代わりに見てくれます。
軍隊で使用される暗視スコープ(ナイトヴィジョン)も簡単に言えば
赤外線の増幅装置です。


そして、赤外線の向こう側には電波の広い領域があります。
これらが全て光と呼ばれます。


では、光って一体何なんでしょう。
簡単に言うと光=電磁波である。
太陽も、金星(表面温度は480度薪のピザオーブンより熱い)も
恒温動物のあなたも熱がある以上光を電波をつまり電磁波を出しています。


この項長くなるので続く。
  1. 2009/06/12(金) 17:07:35|
  2. サイエンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実は長い日記を書き上げたのにupに失敗して一気に消失
落ち込んでおりました。
今から再トライです・・・・。
多分随分短く端折るでしょうけど。


「ブリュルッセルは368日雨が降る」。
大使公邸のバトラーのムッシュー・プティ
(チビさん、ファミリーネームがプティ、チビさんなんです)は
私にそう言いました。
1年は365日ではないのかと聞きましたけど
いかなベルギー人のレトリックかは解りませんでしたが「368日」と言い張ります。
きっとベルギーでは雨が降らない日は無いと言いたかったのでしょう。
プティさんに言われた事がまんざらデタラメではない事は
暮らし始めて解りました。
雨脚の短い雨が1日に1度か2度サッと降ります。
パリでもそうでしたが、日本みたいな土砂降りは殆どありません。
霧雨みたいな雨が15分から1時間ぐらい降ってお仕舞いです。
なので、パリでもブリュッセルでも傘を差して歩いた記憶がありません。
パリジャンもブリュッセロワも(どちらも男性)基本雨が降っても傘を差しません。
代わりと言ってはなんですがパリジェンヌもブリュッセロワーズも
(どちらも女性)それはお洒落で素敵な傘をお持ちでした。
そう言う訳で、紳士物の傘は売れません。
男性諸氏は如何お過ごしかと言うと、みなさんカスケットcasquetteを
(ハンチング)お持ちです。
私も普段使いの物と、鱒釣り用に2個持っていました。
(帽子の数え方を今知りましたが1個2個なんですね)
降りしきる雨の中(そんなに雨は降りませんが)
ハンチングを深く被り、ブルゾンの襟を立ててお仕舞いです。
後は濡れるに任せます。
晩秋。雨に濡れた後、暖炉に火の熾っている
我が家に帰る嬉しさは例えようもありません。



そんなわけで、私の中では男は基本傘は差さないもので
それを何だか格好のよい事と言う考えがいつの間にかできていました。


そんなこんなで9年近く在欧生活は続くのですが
ある日突然の帰国です。
その時は全くの今浦島で私の些細な行動で随分と誤解をされたり
つまらないことでまごついたりで毎日が大変で
改めて日本人になるべくリハビリです。


”例えば満員電車の中で老婦人に席を譲るように
あんちゃんに言ったら喧嘩になったり。
私の車に乗せて家まで送ってあげた部下の女性が降りる時
車のドアーを開けてあげたり。
旅先で大きなトランクを持った女性の荷物を何気に持ったり、
エレベーターや百貨店のドアーが閉まらないように
開けて待っていたり・・・・。
向こうでは当たり前だった立ち居振る舞いが、
日本では対女性のトラブルになるのです。”



で、雨降りなんですが・・・・。
折角身に付けたライフスタイルは変えたくも無く。
雨の日に傘も差さずスーツとハンチングで出社する私はお笑い種の
気障も極まれりだったのですが本人気にしてはおりませんでした。

しかし、所要で繁華街まで出歩く時は最悪で すでに日本の激しい雨で
びしょ濡れの私が、大きな交差点で信号待ちをしていると
回りの方の傘の骨の先から滴る雨粒で更なる悲劇が始まります。
そして最悪の事態は、身長183cmの私の目の高さと
平均的日本女性が傘を差した時の傘の骨の先の位置が殆ど同じと言う事です。
うっかりしていると両目を突かれます。


<火>がなく煮炊きもできず暖も取れなかった人類に
「火」を贈ったばっかりに、その行いを怒ったけちなゼウスにより、
カウカソス山の山頂に張り付けにされ、
生きながらにして毎日肝臓をハゲタカに突かれる責め苦を強いられた
プロメテウスの気分はきっとこんな気持ちだったでしょう。
とは、大げさですがとにかく危ない。


この状態から解放されるには如何すべきなのか?



答えは簡単でした。
私も傘を差せば、私の傘の半径×半径×3.14の面積には
余人の傘の骨先も侵入不可となります。
雨の日に傘を差さないダンディズムを捨てて
代わりに黒いこうもり傘を買いました。
それ以来雨の日には傘を差して歩いています。
カスケットは年に数度しか被らない珍しい帽子となりました。



本日九州、中国、四国、近畿、東海の各地方が梅雨入り。
  1. 2009/06/10(水) 03:56:42|
  2. 昔々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出世した友人

今日は遊びの日。

今日はお花見。

今日は仕事はお昼まで。

後片付けもそこそこにして西鉄電車に乗って大宰府まで。
天満宮までの門前町を買い食いなどしながらぶらぶらと歩く。
いつもは修学旅行やら社員旅行やら、合格祈願やらの
ありとあらゆる老若男女でごった返す境内も
夕方のせいか人もまばらで、静かで、風も心地よく夢見心地。
まずはとりあえず参拝、神仏などはまるで信じていないくせに
菅原道真公にお願いしたのは、父が安らかに旅立てるようにと言うお願い。
少し悲しいけど、父がまた元気になって私に化学を教えてくれなどという事は
もう二度とないのです、解っているから切ないのですが。


参道から九州博物館に向う小路をぬけると、天満宮の菖蒲園があります。
今が盛りの50種3万本の菖蒲は圧巻で、しばらく我を忘れてみとれていました。
来週のホタルと同じで、この時期の20日あまりの事で
これを逃すと又1年待たなければならないのでいつも情報にそわそわしています。
展望デッキは鯉やミシシッピーアカミミガメに餌をやる若者で溢れかえって
風情を楽しむ隙も無く、特に薄気味悪いアカミミガメが私が餌でも
くれるとでも思っているのか、私の目の前にいつまでもプカプカ浮いて離れません
繁殖力の強いアカミミのせいで在来種の石亀や草亀の危機と聞いています。
ペットを飼うのは自由ですけど責任を持って飼っていただきたい。


それから暮れなずむ門前町を、ぶらぶらと駅まで歩き今度は天神まで
(福岡の中心地)特急で向う。
丁度デパートの閉店1時間前、生鮮食品の売り場では恒例半額セールが始まります。
今夜は来週のホタルナイトのアフターディナーの為の
手巻き寿司のリハーサル試食なので
せいぜい贅沢な買い物をと思って時間を合わせて出掛けて来ました。
本マグロがさっきまで3500円近くのものが、2000円かなり状態が良いものなんですが
それより掘り出し物があったので、マグロはそちらにして
あれもこれもと面白がって買ってしまいましたが
最後に一品・・・・。見てはいけない物を発見しました。
それは懐かしの「鯨ベーコン」。


昔冬は冬で、とても寒くアルミのカップに糸をつけて外に
一晩放り出しておくと朝までに分厚い氷が張っていました。
カップの周りを掌で温め 糸を引くと氷が外れます。
それをアイスキャンデーと称してガリガリ噛んでいました。
北風の吹き荒ぶ中の日曜のお昼は時より洋食で 
母はなぜか西洋の朝食のような料理を作ってくれました。
当時はまだ、トースターもレンジも家庭には普及していませんでしたので
かんてき(七輪の事を関西でそう呼びます)で置き火を熾して
トーストを焼いてくれました。
置き火でじっくりと焼いたトーストは暖かく
トースターでは出せない深い味がして
それに付けるのはもちろんバターなどはなくて、
安っぽいマーガリンでしたけどとてつもなく美味しく感じました。
飲み物は紅茶か当時はまだ存在していた、粉末ジュースをホットにして
飲ませてもらいました。
ジュースなどはお客さんが来た時に年に1-2度
バーヤリースのオレンジが飲めれば良い方でしたので
暖かいインスタントのオレンジジュースでも美味しく感じました。
卵は普段の卵焼きとは違うスクランブルエッグで。
そしてサイドは、ハムかベーコンかソーセージなんでしょうが
当時は家庭で普段ハムだのベーコンを食べるにはまだまだ高級品でした。
そんな時に食べさせてもらったのが、鯨ベーコンでした
当時はまだナガスもシロナガスも捕っていたので
その鯨ベーコンの美味しかった事、ベロベロとした脂身と
適度な肉の香り(と言うか海獣の香り)が肉食願望の強かった餓鬼共の飢えを満たします。
鯨ベーコンは肉なのに何故か魚屋で売られていて
かなりお安い食材だったと言う記憶があります。


それから幾星霜、何十年ぶりかの邂逅が大丸百貨店で実現したのですが。
小さい頃一緒に遊んでいたのにいつの間にか
大会社の社長さんになっていた友人に会った様な気持ちになりました。
1パックにスライス6枚入り(昔の魚屋の親父の手切りの厚いスライスではありませんでした)でなんと1800円これは、半額セールの対象外です。
何度も悩んだ挙句に、買いました。
その鯨ベーコンがその価格に関わらず中の下の商品だという事も
解っていたのですけど・・・・。


家に帰って手巻き寿司を食べる前の前菜代わりに生姜醤油で頂きました。
とても美味しかったのですがやはり、中の下の商品でした。
これに関しては、味覚の記憶の方が強く関わっているので
冬の日の寒い午後に「ほら」と言って食べさせてくれた
懐かしい味でなければならない様な哀しい味でした。


件の手巻き寿司、どれもとても美味しかったのですけど
私はかいわれに鰹節を巻いた物が一番美味しく感じて
ヒンシュクを買ってしまいました。
ご一緒した女性は毛蟹帆立海老巻きが一番とおっしゃっていましたけど
  1. 2009/06/09(火) 01:32:06|
  2. 食材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホタル狩のお誘い

薫風香る爽やかな季節はあっという間に過ぎ
季節は早くも初夏の装いに 
夏を知らせる第一声が不如帰の鳴き声ならば
二番目は音も無く 暗い闇の中で宝石のように輝くホタル。


と言うわけで我らの歳月の腕の下を今年も季節が巡り又夏がやって来ました。


ので。蛍狩りを行ないたいと思います。
昨年はあまりにも早すぎた為、ホタルさん達はあまり
お出ましになりませんでした。
ので
今年はその反省に立ち、6月の第二土日曜日を
とりあえず安全日じゃなかった予定日として
ホタル情報、天気予報、みなさんのご都合、競馬新聞などを参考にして
開催日を決めたいと思います。

昨年の蛍狩りは素晴らしい場所でしたけど些か遠く
往復に時間がかかりましたので 今年は近場の
那珂川町の中ノ島公園にしたいと思います。
http://www.innovade.co.jp/en/seasons/06/hotaru/nakanoshima.html



時間は18時お店に集合、現地に最悪でも19時着
カジカの声でも聴きながらホタルを待ち
20時ぐらいから乱舞を眺めて 飽きたら帰ると言う予定です。
お車をお持ちの方は足の無い方のあいのりをよろしく。


お楽しみのディナーですけど。
昨年は「エスニックな夜で」大変好評いただきましたが
仕事が多すぎて私が全然楽しくないという事が解りましたので
今年は「こだわり手巻き寿司と冷蔵庫在庫一掃セール」と題して
盛大に執り行いたいと思います。
ある物無いもの何でもありのディナーを予定しております。
期待の洋物は一切ありませんので悪しからず。


私の友人諸氏はお解かりかとは思いますが
<冷蔵庫在庫一掃セールは冗談ですので>くれぐれも乗せられないで下さい。

奈緒、尚会費は飲み物別で3150円です。
お飲み物はお好きな物をお持ち下さい。
参加希望者は私までご連絡を、知人、友人、赤の他人など
お誘い合わせの上ふるってご参加下さい。
  1. 2009/06/08(月) 02:48:38|
  2. イベントのご案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。