シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

土曜日は駄目よ

ベルが鳴る。
たまにご利用頂いている、お客様からである。
今度の土曜日に長崎の九十九島の活け牡蠣を直送してありますから
それを使ってディナーを5名でお願いしますと言って一方的に電話は切れました。

「生牡蠣」?「産直」?おまけにワインは持ち込みです。
昨年も嫌々受けたのですが、今年はちゃんとお願いしよう
「牡蠣は触りたく無い」と。


昔、ホテル時代にお客様からやはり同じように、牡蠣のリクエストがありました。
本心あまりやりたくなかったのですが、どうしてもと食べたいと
聞かないので10名様の予約を受けてしまったのですが。
その夜は皆さん楽しくお食事をなさって帰り、ホッとした次第です。
ところが次の日の夕方に、お客様から豪い剣幕でお電話をいただく
昨日の牡蠣で2名食中毒を起こしたから、謝罪だ補償だと
何処かの隣国の様な勢いです。
まず保健所に届けて、患者さんの体から貝毒、菌、ウイルスなどが
検出されてからのお話しなのに、いきなり訴訟を匂わせるお話しのされ様
その当時は中毒を起こしたらこの仕事を辞めようと思っていた私はかなり凹みました。


で、運良く罹患したゲストからは菌も貝毒もウイルスも検出はされませんでした。
ウイルスは検出されたのですが、ノロウイルスではなく
その年の、インフルエンザのウイルスでした。
さて、上げた拳の下ろし先を失った件のゲストは
今度は誠意を示せと言い始めました。


電話を頂いた日に謝罪をしろと言われたので、当方の落ち度なら
謝罪も補償ももちろんさせていただきますが
病源が解らない今現在は、お詫びも何も仕様が無い旨伝えたのが
頭に来たらしい。
このホテルの対応はすごく悪いと騒ぎ出します。
「お尋ねしますが誠意とは何でしょうか」と訊ねれば
そちらの気持ちだと言います。金銭を要求すると
恐喝になりますから、賢いものです。

こちらに落ち度があり、それを認めたわけではない事をまず理解して下さい。
(本来何の補償もする必要はありません、うちのゲストがインフルエンザに
なったからといって一々補償をしていられるわけがないからです。)
それで良ければこちらからの?気持ちという事で
宿泊券をプレゼントいたします。
最後は少しは反省しろだの言われて、本当に接客業は忍耐の連続です。
(その後そのゲストは出入り禁止のリストにのりましたが)



私は牡蠣は大好きで在るが、2度中毒を起こしました。
二度目は残念な事に牡蠣アレルギーでした。
それも在る日突然アレルギーになっていて、その夜苦しんだ事
だからって、その料理屋に行って補償だ謝罪だいきなりは
言いませんでした、むしろやんわり電話で中毒を起こした事を
伝えてお仕舞いです。
仮に菌や貝毒、ウイルスが検出されれば最低3日間の営業停止です。
お店や厨房が汚ければ保健所に連絡はしたかもしれませんが
基本汚いお店には喘息もあるので行きません。
(何人か友人のお店で相当ワイルドなお店もありますが)
それに、どれだけきれいにしていても中毒の確率が
下がるだけで決して0にはなりません。


今度の土曜日のゲストから電話があったので
風邪やインフルエンザに感染していた方がいたら
当日でもお断りすること、牡蠣は私が仕入れをした訳では
ないので訴訟だのはご容赦願いたい旨お伝えしたら
何名かは先週から風邪の症状が在るという事なので
今回は中止となりました。


せっかく申し込んでいただいたのに申し訳ありませんでしたが
皆さんがお帰りになった後、不安で2-3日眠れなくなるよりはましだと思います。
残り少ない冬牡蠣の季節、今は美味しかった昔を懐かしむのみ
となりました・・・・・。牡蠣は食いたし死にたくはなしです。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/26(木) 21:07:15|
  2. 食材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホテル・セントラル          

はるか昔、千葉や湘南でサーフィンなどをやっていたころ
海辺の傍らのラジカセからはイーグルスの
「ホテル・カリフォルニュア」が流れていたが・・・。


パリの2区 経営危機のフランス・ソワール新聞社のすぐ傍に
我らが「ホテル・セントラル」が在る。
セントラル・ホテル(中央ホテル)などと名前は凄いが
全21室の暖房のみ。風呂なし、シャワーは共同(殆ど水しか出ない)、
部屋によってはベットはくの字。
スペシャルサービスでオン・シーズンにはもれなく南京虫付き。


今考えると、よくあんな素晴らしい環境で暮らしていたと我ながら感心する次第です。
パリに居る頃は、私宛の手紙の住所がセントラル・ホテル気付でしたので
何も知らない日本の友人はホテル暮らしが羨ましいなどと
勝手に思っていましたが、とんでもないお話で
簡単に言えば東京の山谷や大阪の釜ヶ崎のあいりん地区にある
お泊りハウスに毛が生えたようなものでした。
一応、1階の入り口と自分の部屋の都合で2ヶ所の
鍵が唯一のプライバシーを守るための装置で
隣の淫乱なお姉さんが自慰に耽るあえぎ声や、
毎週末違う男と繰り広げる、狂宴の様は手に取るように
解る仕組みで、甚だ賑やかかつ落ち込む環境でした。


ホテルの経営者兼、オーナー兼、掃除夫のカスティロおじさんは
スペイン人のバイセクシュアルで、フランコファシスト政権が嫌で
スペインから逃亡 勇猛名高いフランスの外人部隊
それも極め付きのパラシュート降下部隊に入隊と言う輝かしい経歴の方でした。


なぜか、そのホテルは食い詰め者の吹きだまりみたいな所でした
日本人も何人かいたのですが、ざっと覚えているだけで
股間に綿を詰めるチビのバレエダンサー、シェパードを絞め殺したコック、
日本で騙されてパリに売られて、パスポートまで取り上げられて
蛸部屋から命からがら逃げ出した焼き鳥屋の兄ちゃん、
アルジェリアからのヤク中の流れ者、屋根裏部屋の三味線弾き等
今考えるだけでネタの宝庫で、彼ら一人一人で短編が書けそうな
ぐらい壮絶な経験をなさっている方ばかりでした。


シャルトルの契約が終わると、田舎は嫌だと都会に出てきたのですが
それでなくても外国人に冷淡なフランス人なのに、パリジャンやパリジェンヌ
などと聞こえは良いがとんでもない話で、パリで初めに覚えたジョークは
「パリは最高、これでフランス人が居なければもっと良いのに」と言うジョークでした。
ちゃんとした滞在許可証も労働許可証もない
我らが日本人の不法就労者がまともな、アパートなどに
入居できるわけが無く、切羽詰って木賃宿に宿泊せざるを得ない状態でした。
その頃は、ラ・ブルゴーニュと言う二つ星のレストランで
パティシエーをしていました、元々はキュージニエー(料理人)なのですが
手っ取り早くお金を稼ぎたかったのと、本格的に製菓を学ぶ必要があったからです。
パティシエーは朝が早いし、レストランでデセールは一番最後に出るので
帰りはいつも一番最後です。
そのためいつも慢性的な睡眠不足で、昼休みには必ずホテルに帰って
寝ていました。
在る日のこと、シェスタ(昼寝)をしていると
聞き覚えの在る音色が聞こえてきます。
でもまさか、ここはパリです三味線の音など聞こえるのは
只の幻聴でしょうと、また意地汚く眠りに就こうと目を閉じると
今度ははっきり聞こえます、間違いありません三味線の音が
大音量で上の階から聞こえてきます。
とりあえず、10分我慢しましたでも止みそうもありません。
仕方無しに着替えて上の階へ。
音のする部屋には誰か居るのは決まっているのですが
「イリヤ・ケルカン」?(誰かいますか?)とドアをノックする。
変な髭面の仙人みたいなおっさんが出てきました。
「ヴーゼット ジャポネ」?(日本人ですか)と聞くと
(時々日本人そっくりでも全く違う方がいますので)
「はぁ」?と聞かれたので今度は日本語で「日本人ですね」と
訊ねると「ハイ」との返事。
多分今現在このホテルには、夜の仕事のために仮眠中の
人間が3名は居るので、三味線の練習はやめて欲しい旨伝えました。


「私は何処で練習したら良いのですか」?
「そんな事を聞かれても知るかよ」。
冷たいようですが知らない国でみんな自分の事が精一杯です
他人に変に優しくすると必ずそいつから、理由も無くパラサイトされてしまいます。
これはどうしたら良いのか?○○に行くにはどうすれば良いのか?
仕事を探してくれ、金を貸してくれと迷惑至極です。
同じ日本人だからとやたら甘える人間がパリに多いのは理解に苦しみます。
まあ、そんな人間は「パリゴロ」。と呼ばれていました。
語源はパリで無目的にゴロゴロしているからパリゴロ。
パリで暮らしていましたの台詞が吐きたくて暮らしている人は沢山います。
もうひとつは、ジゴロ(gigolo女性に養われる男、ひも)のゴロから
来たとも言いますが解りません。



件の「屋根裏部屋の三味線弾き」私が仕事に行った後も
弾いたらしく2-3日したら居なくなりました。
何でもみんなに脅されて仕方なく出て行ったとの事です。
仙人は、津軽三味線をフランスで広めるのが夢みたいでした
とにかく、色々な人が住んでいたホテル・セントラルでした。

  1. 2009/02/25(水) 22:44:50|
  2. 昔々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素的な夜に・・・

某日福岡市はキャナル・シティーにある
グランド・ハイヤット・福岡にて開催された
なかなか素敵なパーティに招待されたので喜んで出席する。


イタリアはエミリア=ロマーニャ州のパルマ県から
生ハムの生産者の皆さんが大挙してプロモーションに
わざわざ福岡まで出向いて来たみたいでグランド・ハイヤットの
グランド・ボール・ルームで一席設けるなんて
なかなかの気合の入れよう、プロモーションがうまく行きますように。


ヨーロッパの山沿いの田舎に行くと、何処でも生ハムは作っているのですが
ヨーロッパで有名な生ハムはスペインのハモン・セラーノ、フランスのジャンボンバイヨンヌ
そしてイタリアのプロシュート・ディ・パルマと言う事になっています。
他におらが村こそはと言うのも、もっともだと言いたいぐらいに
沢山の産地があります。
私の祖国、ベルギーにもアルデンヌの森で作る、ジャンボン ダルデンヌと
まあ、有名な生ハムがありますがお皿に綺麗に盛りつけられた
生ハムはえも言われぬほど美味しそうですが
あまりお薦めいたしません、塩気が強すぎて
腎臓や心臓に障害のある方にはまず無理かと、思いますので。
ジンギスカン並に世界を席巻する日本人観光客もさすがに
アルデンヌの森で見ることはまずありませんが、一度おいでになる事が
あっても注文するのは止めておきましょう。



さて、長ったらしいスピーチも終わり乾杯!
フェラーリ社のスプマンテから白あり赤ありのワインの品揃えも
なかなか素晴らしく、お料理はプローシュート(生ハム)を使った
料理が目白押し、中でも3台の最新式の生ハムスライサーを
フル稼働させて切り出す、極上品質のプロシュートは
24ヶ月熟成の本当に美味しい生ハムで、残留水分が多すぎて
べチョべチョでもなく、かと言って乾燥しすぎずベストの状態でした。



一応ジャケット着用のパーティなんでしたが・・・・。
なんだい一体このおっさん、おばちゃん、姉ちゃん、兄ちゃん達はという輩もいて
意地汚くビュッフェの台から動こうともせず
本当に意地汚く食い散らかしておりました。
こいつらは今宵の料理とお酒の消費には貢献しても
パルマの生ハムの売り上げには貢献しないだろうなと
悲しい気持ちで眺めていました。



その夜は、ひとりの綺麗な女性を1名同伴していましたので、この後西中洲の
小洒落たバーで飲みなおしをしましょうと言う事だったのですが
何やら友人、知人につかまって話し込んでいました。
すると、「あのーお料理を取っていただけませんか」。とゲストのきれいな女性からの
リクエストがあったので、「もちろん」とニッコリ笑って
サーバー捌きも鮮やかに。料理をお皿に盛りつけました。
すると、あれよあれよとみなさんが注文しはじめます。
そのうち、ワインを開けてくださいとのことでしたので
もちろん、そこいらにあったワインは、
そのころ常備していたソムリエナイフでみんな抜栓してあげました。
そうこうしているうちに、15分が過ぎどうやら彼女達は私がゲストとは思っていないらしく
完全にグランド・ハイヤットの人間と勘違いしているのに気づきましたが
ギャルソンごっこも面白くしばらく続けていました、
仕舞いには連れの女性の機嫌が悪くなりそうなので
傍にいた黒服に「おい田中君、(元の部下です)
なんで僕が働かなければいけないの」?と
代わってもらいました。


「あなたがかっこいいから、間違われても仕方ないけど苦労症ね。
いっそグラハイに再就職したら」と冷たい彼女のお言葉でしたが、
どうして彼女達は私がサービスの人間と勘違いしたのか?
嬉しいような悲しいような、職業意識の抜けない夜でした。


結局、西中洲の小洒落たバーには行かず
グラハイのマティニーズで馬鹿高いグラッパを飲んで
シガーを1本1時間かけて吸って、その夜はお陀仏となりました。
グラハイからは、時給はでませんでした。
  1. 2009/02/25(水) 01:23:08|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デオドラント人間達 2

さて、前回はデオドラント人間の潔癖症の方の事を書きましたが


両極端は一致するの格言もありますし、潔癖症の事を書いて
もう一方の不潔と言うジャンルを書かない訳にはいかないような。
潔癖症が極左翼なら、その両極にある 極右翼の不潔と言う深遠なるジャンル
についての、考察を今日はしてみたいと思います。


まずここに一人の逸材に登場してもらわなければならない。
その女性はコードネーム「レジェンド」。
ファイルNo.は、「レジェンド2007.12」である。
その、歩くゴミ溜めは市内某調理師学校の冬期研修生として
私の店に現れました、年末の忙しい時期でしたので
猫の手よりはマシ?かと思って研修の受け入れをOKしたのですが。


なんだかとっても不思議ちゃんで、話の受け答えがかなりおかしいと言うか
はっきり言ってお馬鹿というのが第一印象でした。
(初めはお馬鹿でも頑張れば良いのです、どちらかと言うとお馬鹿上等!です)
研修生は店からの制服の貸与はありません、あくまで研修用の
白衣は自分で賄わなければなりません、もちろんサロンもです。
彼女の研修は11時から始まるのですが、という事は最低10時45分には
お店に来て着替えて仕事の準備をして、10時55分までには厨房に入るのが
新人研修生としての普通のたしなみだと思います。
しかし、彼女は店に着いたのが11時5分でした、たとえ5分
遅れるにしろ連絡を入れるのが社会人の常識でしょう。
遅れて来たくせに、着替えには10分以上かかりました、
多分シャワーでも浴びているのかと思いたいぐらいの着替え時間です。


で、彼女が厨房に入ってきました・・・・・。
「おらーびっくらこいただ」と思わず叫びたいぐらいでした
端的に言えば、どぶにはまった猫を拾ってきたような気分です。
その出で立ちは、お煮しめのようなコックコートに味噌煮込みの
サロンで髪はボサボサで、まとまりもなく
せめて気分は爽快、颯爽と元気良く厨房に現れたのではなく、
なんか学校の校外実習が必須だから嫌々来ましたというのが、ありありと伺えます。


「ねえねえ、レジェンドさん」?
「はい」。
「あなたはただの実習かもしれないけど、お客様から見たら
あなたは只のうちの従業員にしか見えないんだよ
だから、そのあまりにも不潔な制服を着て厨房には入らないで下さい。
今からでは間に合わないから、仕方ないので今日は店の制服とサロンを
貸すから、その汚い制服は今夜速やかに洗うかできれば翌日仕上げの
クリーニングに出すように洗った場合は糊付けしてアイロンはかけて来る様に」と言い渡して実習は始まりました。


素敵なお姉さん2人。mika&mikaは、彼女が1日中お馬鹿な事の連続でも
決してきつい事を言うわけでなし、特にプティmikaちゃんは初めての部下
でしたので、物凄く気を使って自腹で美味しいチーズを買ってきて食べさせてあげたり
仕事の手順も噛んで含んでの手厚いフォローで、彼女の研修のサポートをしていました。


でも、彼女はこの仕事をするのは無理でした、衛生という事に対して
1から10まであまりにも無頓着で、貸した制服は2日も3日そのまま着ています。
休みが1日入ったので 休み明けは今度こそきれいな制服で
仕事に望むのかと思いきや、休み明けは大幅な遅刻で出勤
連絡はなし、制服も初日に貸した(もうドロドロでしたが)のを又着ようとするので
「仏の顔も三度傘」と言いますからついに、注意から叱責に変わり
制服も取りに帰らせたのですが、1時間後彼女は
初日とまったく同じ煮〆と味噌煮を持って現れました。
その制服は一体何なんだと訊ねれば?
本人はちゃんと洗ったのでこれはきれいだと言い張ります、
君は感覚がおかしいと言うと私は至って衛生的でノーマルだと言い張ります。


研修生は預かり物なのです、前言や不埒な行いを悔いて
許しを請えば許されるのです、決して良い評価は書けませんが
研修の記録と研修の評価欄にはとりあえず
3月には卒業できるような内容を書いてあげるのが、
これからの若者に対しての大人の態度でしょう。


でも、止めました駄目なものは駄目と言う事も彼女には必要でしょう。
本来夏に済ませておく研修を冬にするという事自体、何の計画性もなかったと言う事です。
研修の中止と言う前代未聞の事態が起きましたが仕方ありません。
具体的にいかに、彼女が不衛生極まりなかったのかという事を
お知らせしたかったのですが、私は福岡の業界でまだ仕事を
しなければならないので止めておきます。
  1. 2009/02/22(日) 04:37:19|
  2. ゲスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デオドラント人間達

物事には何事も程々が肝要であろう。


はるか昔、某日某所、私と友人、私のしもべ(部下)&彼のガールフレンド
合計5人で楽しく鍋物パ-ティを催した。

非常に親しい仲でもあるし、私は何もまったく気にしてはいなかったのですが
しもべの彼女が鍋には箸を付けずに、お刺身やら小鉢ばかり食べている
寄せ鍋はお嫌いかと?訊ねたら好きだけど、銘々が箸を鍋に挿入するのが
パスなんだそうである????????。
まったくもって、訳が解らんかったけどその場をそれ以上
氷付かせたくもなかったので、菜箸を用意して交代にグルグルまわって
自分の器に取る事にしました。
しかし、彼女の中で汚いと認識されていたものが
箸を換えただけで変わるわけも無く、我々も有害バクテリア
集団みたいに思われているみたいで 
それから、なんだかしらけてその晩は楽しくありませんでした。


彼女がそのことを不潔と、感じたのは彼女の全く持って自由なのではありますが。
かなり、みんな凹みました。


某日、私のお店で・・・・・。
席に着くまえにソファーに一振り、多分トイレの便器にも一振り
グラスや皿を穴の開くほどチェックして、「汚れ、シミ許すまじ」!
その気配がありありで、これはこれで悲しいです。
私の店は開業以来10年間、毎年保健所からは衛生優良店の
評価をいただいています。
どれだけ清潔にしても、相手は目に見えない細菌が相手です
100%安全などと言うつもりは全くありませんが
その異常さに、昔見た「恋愛小説家」の中のジャック・ニコルッソン 演じる潔癖症の主人公か

漫画「もやしもん」の中のいつも除菌ティッシュ&スプレーが
標準装備の除菌マニア、及川葉月である。


こんな、ゲストにとっても美味しいです。と言われても・・・・。
なんだか、どうでもよろしいお話しになります。
潔癖症の方は病気だからと理解はしても
牡犬の電柱のおしっこじゃないのですから
あちらに一振り、こちらに一振りそれはどんなマーキングですかい?
理解はできても、鍋物を一緒に突けなかったり
お店中にスプレーを撒く人とは仲良くできそうにもありません。

このテーマ続く。
  1. 2009/02/21(土) 14:47:23|
  2. ゲスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TBSに騙されるな

先日カルデロン・のりこちゃん一家の在留許可の最終審査がありました。
法務省の決定は「家族全員の滞在は認めず」。
それは法治国家なら、当たり前の判断でしょう。


それを、TBSがさも日本国家が彼ら哀れなフィリピン人に
無慈悲な扱いをしているように、ニュースを
自分たちに都合の良いように編集しているのは、いかがな物か?
彼女の日本で暮らしたい、日本の学校に通いたい、友達とは離れたくない
もちろん両親もそろって暮らしたい、このまま日本人になりたい。
彼女の切実な悲しい気持ちは理解します。
でも、見えないところに沢山のカルデロン・のりこちゃんがいるのです。


大体この両親 偽造パスポートで日本に不法入国、不法就労している
事自体犯罪なのに、そっちのお咎めはなしで
娘は日本で生まれ育ったのだからと、
自分たちの犯罪はそっちのけで、日本に滞在させてくれなどと
厚かましいのも甚だしい。
カルデロンファミリーみたいな不幸な家族は、探せば日本にいくらでいるはず。
その家族は、みんな貧しい母国には帰りたくなく日本で暮らしたいと思っています。
彼らから請求があれば、全てを認めて滞在許可と就労許可を与えるのだろうか?
それが、無理という事を ある程度知能のある人なら誰でも理解できるはずです。
そんな事をしていたら、世界中の妊娠した貧しい人達が日本を目指して押し寄せて来ます。



残念ながら日本人の国籍条項は、出生地主義ではなくあくまでも血統主義です。
(早く認めれば良いと思いますが、二重国籍も認めていません。)
つまり両親共、もしくは両親の片方が日本国籍を有していていることが
最低条件です。
数年前までは外国人の女性と日本人の男性との間に生まれた
子供に対しては酷い差別がありましたが。
今では随分と改善されています。


それから日本政府は、お慈悲の大盤振る舞いで本来いっしょに強制送還されるべき
のりこちゃんの、滞在は認めているのです。
日本で生まれ育ったから、タガログ語が解らないから
フィリピンでは暮らせない?
両親が家庭で母国語を、教えなかったのが悪いのであって
私の知り合いには、フランス語しか話せないのに
両親に連れられて日本にそのまま帰国した、家族は何組もいます。



無理が通って、どうして道理が引っ込むのか?
TBSの意図は何なのか?


いい加減な、お涙頂戴のTBSに騙されるな!
  1. 2009/02/18(水) 02:57:16|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愚かな鳥取県民

全く持って愚かな事に、鳥取県の小学校には学級委員長が居ないそうである。
理由はもっと馬鹿げていて、なれない子が傷付くからだそうである。
運動会の徒競走も全員同時にゴールが原則なのだそうである。
遅い子には距離を短くしたり、みんなで手をつないで横並びに
走るそうで、呆れて物が言えないとはこの事である。


こんな馬鹿な事をやらかすのは、日本の教育の癌 日教組だけかと思いきや
人権団体の名を騙る新たな差別主義者達である。
この世の中は、欺瞞に満ちて甚だ不平等な世界である。
そんなことは、まともに育った大人なら誰しも理解している事であろう。


なぜ、差別主義者なのかと言うと「出来る子を、できないアホンダラと
同じラインに並べてそれが平等だと差別しているからである」。
子供が100人いたら、100人とも顔も頭脳も体躯も体力も全て違って当たり前なのである。
足の速い子供、木登りの上手な子供、成績はさっぱりなのに
虫取りは上手い子供、独楽回しは天才の子供、暗算が大人顔負けの子供、
絵の上手い子供、踊りの上手い子供、星の事は詳しい子供。
大事な事は、それぞれの持つ能力や興味に合わせて
その才能を大切に育ててあげる事が肝要であろう。



学級委員長の居ない鳥取の小学校では
同じように学力の方面でも算数のできないぼんくらには
正解が70%書かれた答案用紙でも配っているのだろうか?
内申書にはみんな、1字1句同じ文字が書かれているのであろうか?
多分そうではないと思います。
学校では一見平等そうな鳥取の小学生達は
放課後サッカーのクラブや野球などの色々な団体に所属をしていないのだろうか?
レギュラーになれたり、万年玉拾いをさせられて
悔し涙を流したりはして来なかったのだろうか?
野球は9人、サッカーは11人で競技することになっている
差別につながるからと言って野球を20人でしたり
サッカーを30人でしたりはしないであろう。
競走は小さい頃からどしどしさせるべきである。
ただし、競走に参加する機会だけ平等にして
競走の結果まで横並びにするのは不平等である。
私が言いたいのは、その程度の常識的な世の中の決まりの事である。




世の中にリーダーは必要です、何でもかんでもみんな横並びになって
一々投票して決める訳にはいかないのです。
そして、悲しいけどリーダーになれる人とどうしてもなれない人が
出てくるのは仕方がないことなのです。


毎年学年が変わると、学級委員長の選挙がありました。
委員長には成績1番の子供がなれるかというと、決してそうではなく
学力、成績、公平さ、ルックス、トータルでバランスの
取れている子供が殆ど毎年再選されていきました。


小学生の時点で我が日本人民は 決して馬鹿ではなく
ちゃんと自分たちのリーダーを決めるだけの 
良識は持ち合わせていると言う事です。
目に見えて、悪餓鬼になった中1までは、毎年学級委員長になっていた
私としてはなりたくも無くてやらされた、委員長と言うすわり心地の
悪い椅子でしたが、社会人になった時には随分色々と
学んでいたのだと思いました。
リーダーなっても 楽しくもなんとも無いのです。
学校に居残りしてクラスのために色々しても、当たり前なんです。
何かで失敗すると、委員長のくせにと弾劾されます。



中1になりクラスメート達も「悪のヒーロー」と化した私を委員長にしようなどと
酔狂な事を考えたりはしませんでした。
それで、良かったのです。
中学時代の私では、リーダーとしては完全に失格でしたから。



愚かな一部の鳥取県民が1日も早く目をさまして、
子供達のクラスに ちゃんとリーダーのいる環境に戻す事を願うのみである。
鳥取県でなされている事は、子供に対しての差別であり
そんな温室で子供を育てても、社会人になって
現実の風をもろに受けて、初めてこの世が差別と欺瞞に満ち溢れた
世界である事を知る、甚だ適応能力を欠いた大人にならない事を願う。
  1. 2009/02/15(日) 17:09:44|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悪霊の住む街角

先日ガールフレンドの家で、何気にテレビのスイッチを入れると
やっていました、インチキオカルト番組「本当にあった怖い話」。
端からこいつは嘘ですと言って、番組を放送するならまだしも
お笑い番組として、それなりに面白いのでしょうが


何やら先生など出てきて、怪しい心霊写真?(本当かよ?)などを見て
何か怪しい写真は全て心理写真と言い切る根拠っていったい何?。
私から見ればかなり、怪しい写真なのにいきなり、「○○の霊です」とか
写真からは霊波動を感じますとか
(現在証明されている電磁波、超音波、超低周波、素粒子波以外に
霊波動なる波動があったとは驚きですが)


海辺のスナップ写真を見れば
「ここの海で冬に水死した男の呪縛霊です」。
子供と3人で写っている父親の写真にたまたま、足が無いのを見て
「子供二人が取り付かれるのを引きとめている」とか、笑いっぱなしの
番組内容 そのうちにアッキーナに昔の幼馴染の生霊が
取付いているとエクソシスト(悪霊払い)を始めるし
何も知らないアッキーナは、ころりと騙され一種のトランス状態に
されてボロボロ鼻水流して泣いているし。
本当に笑い死にしそうな番組でした。
民放のそれも子供も見ているゴールデンタイムに、さも霊が実在するという
前提の元に番組を作るなんて一体どうゆう神経をしているのか
我が国はいつから、ハイチのブードゥー教の信者ばかりになったのかと
首をかしげてしまいました。

大槻教授が好きである。
インチキ霊能者、似非UFO学者、ありもせん気功師など世界中から戦いを挑まれるが
まだ、負けたことが無い。
一度なんかは、インチキ気功師の集団が現れ、スタジオ内の他の
ころりと騙された、お馬鹿なコメンテイター達はいい様に、踊らされたり
倒されたりしていたけど、彼だけは不動明王のごとくその場に涼しい顔をして
(不動明王の後ろには憤怒の炎が燃えているので熱いのですが)
立っていました、気功が実在するなら倒してみて欲しいとのコメント
何か尊敬します。
大槻義彦のページ
http://ohtsuki-yoshihiko.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/index.html



朝、寝室に差し込んでくる一筋の光の中に、沢山の埃が舞っている。
部屋はひんやりして空気の流れがあるとも思えない。
全ての埃は何かの意志か目的でもあるように、せかせかと忙しく動き回っている。
これはきっと物質ではない霊が埃の中に宿っていて
その力で埃は動き回っているのだと、ピタゴラスの弟子達は考えた。
その目には見えない霊や精神を彼らはラテン語で「マニア」と呼んだ。
糸くず、羽毛、絹糸なども軽いがそのようには動き回らない
彼らが、そこに霊魂を見出したのも仕方が無い事である。
埃はあまりにも軽く、大気の分子の不規則な動きの影響を受けているのに過ぎない。
当時はアトム(原子の事、もうこれ以上二つに出来ない物)の概念はありましたが
物質を構成している最小の物は原子であり、
気体、液体、固体の三様があるという事も理解されてはいませんでした。
当時は解らないという事がすなわち、霊や神の力でした。
解らない事がイコール霊の力だ、心霊現象などと言っている様では
古代のギリシャ人に合わせる顔がありません。


この世に悪霊など居ないのであり、真の悪霊は人間である。
と私はおもうのですが・・・・・。
  1. 2009/02/08(日) 14:55:04|
  2. サイエンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

獣偏

獣偏
けだもの‐へん【獣偏】

漢字の偏の一。「猫」「狩」「狂」などの偏の称・・・・・。
肉食獣が獲物に襲い掛かろうと身構えている様子から、この偏が生まれたと言われる。

すみません、漢字検定3級以上の方。
正式な読みは、けもの偏であって決してけだもの偏ではないのですが。


昔、調理の仕事をあるきっかけから始める事になりました。
あるできごと以前は、日本体育大学にでも行ってどこかの
女子高の体育の先生にでもなろうと思っていましたが・・・・。
女子高生とのばら色の人生は、高校の自習時間に右足首の骨折という
お馬鹿な事件で一瞬のうちに 泡沫と消え去りました。


特に調理と言う仕事が好きでも、嫌いでもありませんでした。
(食べる事は好きでしたが、作る事とはまた別のお話しです)
まあ、天職だと思う何の根拠も無い気持ちと 頑張れば
憧れの先進国への海外脱出が叶う、ブロンドのお姉さんと楽しく過ごせる。
ただ、それだけの不純な動機でした。
(残念ながらブロンドの女性とだけはお付き合いができませんでした)
いざ始めてみると、なかなか面白い仕事で少しづつのめり込んで行きました。
生活があって仕事があるのではなく、生活の全てが
万事仕事中心に動いていました。
箱根に居る時に、高松の全日空ホテルがオープンするから
荷物をまとめろと言われれば、何も疑わずに何も聞かずに
退職願を書き、見ず知らずの四国の高松に行く気でいました。
ほんの些細なズレが生じて、同じANAホテルズでも
運良く東京全日空の開業準備室に入社をして、3年先の
開業まで好きなことをしてもよいと、身分を保証された
立場でしたからそのまま、フランス行きの飛行機に乗りました
婚約をしたばかりの、ガールフレンドとは別れましたが・・・。
(ヨーロッパには結局8年半も長々と居座って
憧れの東京全日空ホテルなど どうでもよくなっていました。)

前にも書きましたが、渡航賃が不足していたのでパリに行くまでに
仕事が終わってデパートの内装工事のアルバイトを朝までやっていました。
たまの休みの日は、氷の彫刻の勉強や、菓子屋で、魚屋で、肉屋で
全てただ働きをしていました。
ピーク時のシーズンは1日18時間労働で、約40日間休みなしとか
当たり前に働いていましたけど、残業が付くわけでもありませんでした。
その当時は、自分と同じ年で私より仕事のできる奴がいるのが
許せなかっただけでしたが、回りの先輩から
「お前はケダモノ偏だ」とよく言われました。
狂人の狂の字もけもの偏だからなんですが。
のめり込んで、我を忘れて1時期は仕事に没頭しないと
若く慣性が豊かな時期でしか覚えられない事が沢山あるのです。


当時の自分の持ち物と言えば、包丁など仕事のための道具、料理の本
1着だけでしたが仕立てのよいスーツ、普段着少々 それだけ。
他には一切合財何も荷物はありませんでした。
仮に「出て行け」と言われたら10分後には荷物を全てまとめて出て行けそうでした。
そんな私に、全日空は分不相応な、マンションを借りていてくれましたが
一人に2LDKは、広すぎるからといって早々に狭いところに
借り直してもらいました。何の荷物も持たない私にとってそれはとっても、
無駄でかつ自分の部屋に何も無い事が少し惨めでした。

専門的な自分の仕事の事、一般常識、数学、物理、化学、国語、英語、フランス語
地理、歴史(日本史、世界史)等手当たり次第に、一生で一番勉強しました。
それでも、時間はいくらあっても足りませんでした。


今年のお正月明け、1人の女の子がお母さんと食事に来ました。
年を聞けば「20歳」今年成人式との事。
食事が終わって、うちで働きたいと言われた時は
はっきり言って、「又かい」?と思いました。
弟子で最後に続いたのは、通称メタボ君と言う若者で
散々鍛えられて、3年前に他所の大きなイタリアンレストランに
料理長としてヘッドハントしてもらえました。
(いつまでも居るのが面倒になって半分追い出したのですけど)
それから、何人か若者が仕事がしたいと門を叩きましたが
どいつもこいつも、物にはなりませんでした。


確率から言うと 鮭の生んだ卵が海に下り。
親になってまた、河に帰ってくるぐらい難しい事なんですが
どれくらい難しい事かは 「鮭サラの一生」 
(至誠堂 H・ウィリアムスン 訳/海保 真夫 絶版)でもお読み下さい。




弟子を育てるのは、本当に面倒くさいんです。
とてつもない忍耐と体力を必要とします。
働いてくれているつもりでも、初めの3年間は何の役にもあまり
たってはいないんです。
はっきりいって、私一人でできることは一人でも構わないとも思います。


でも、かつての自分がそうであったように、学ぶ気のある人間には
学ぶ機会を与えてあげたいとも思います。
先日2回目の面接をしました、情にほだされて採用不採用を
決めるのは危険です・・・・・けど。
彼女にとっては初めての就職なんです。
安易に採用して、消耗品みたいに使ってあげく、ポイなんて事はできないのです。
他の店が、あたりまえみたいにしているような事ができれば良いのですが
私にはできません、スタッフは消耗品ではなく、仕事の仲間です。
何とかしてあげたいと言う気持ちはとりあえず起こりましたから
後は学校から送られて来る書類を見て判断するしかないのですが
とにかく、使ってみなければ解らないのです。
世の中には面接の達人と言う、陰日なたのある人間がいます。
面接時に、満点に近い受け答えをしたからといって
この仕事に向いているなどと言う保障は何処にもないのです。
逆に彼女に対しても同じです、採用されていざ働き出して
自分が甘かったと思うのか、私みたいにバレーの部活に比べたら
全然大した事は無いと思うのか、人は様々ですから。
でも、今の時点ではいかに厳しいかとといわれても、彼女には不可知なのです。



彼女がケダモノ偏になって仕事をする覚悟がどこまであるのか?
人のえにしは一期一会ですが、最後には自分次第。


彼女が不幸にならないために心は揺れています。
  1. 2009/02/05(木) 23:01:46|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福は内、鬼は外

昔の人が、季節季節に行なっていた、伝統行事を見直して
季節を楽しみたい。
ので、先日は節分・・・・・と言えば関西の恵方巻きのまるかぶり、なんですが。
お酒も飲まずに、ある一定の方向を向いてみんなで一気に食べるなんて
食事としてはつまらないので、寿司パーティーにしました。



まず、巻き寿司。
今回の具は、穴子、かんぴょう、椎茸、玉子焼き、きゅうり
三つ葉、人参、でんぶの8品。
末広がりで縁起が良いらしいので、無理やり8品にしました。
しかし、これを巻くのはただ事ではなく、非常に難しい。
なんとか、巻きましたがこれが極太巻き
(何か男の悲しい願望が表れています)でして・・・。


2品目は稲荷寿司。
ひじきと鶏肉と人参と揚げでかやくを作り 
その具でばら寿司を作り
甘辛く炊き上げたお揚げの中に、詰めます。
地方や家庭で稲荷の中身が全然違うという事を最近知り
(主流は単なる寿司飯らしい)
先日蕎麦屋のサイドメニューに付いて来た、葉わさび入りの
お稲荷さんもなかなか上々でした。


他にばってら、昨日寄生虫の事を書いたので
鯖のアニサキスが恐いですから、良く噛みます。

穴子巻き(穴子が余ったのです)
お刺身の盛り合わせ(烏賊、鮪、カンパチ、サーモンetc)
少し早いけど、ハマグリのお吸い物、椀妻はおぼろ昆布
吸い口は三つ葉・・・・・。


節分が過ぎて1ヶ月たつと、ひな祭り
さらに1ヶ月過ぎると私の待ちどおしい、お花見の季節です。



開場20時の 騒動開始は20時30分からのドンチャン騒ぎ。

「福は内、鬼は外」。
皆様が平穏無事に過ごせる事をお祈りします。



それでは、ボンソワレ・・・・・(楽しい夜を!)
  1. 2009/02/05(木) 12:28:35|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

貴族の生活

巷ではリストラだの派遣切りだの、雇用不安の嵐が吹き荒む中
そんな事にはお構いなし、仕事なんぞはまったくせずに、
食べたいだけ食べ、愛し合うだけ愛し、子供も生み放題、
生んだ子供の育児も完全に人任せ
その上、自分と家族の身の安全保障は完璧。
そんな浮世離れに恵まれた方々が世の中には居る。


条虫、マンソン裂頭条虫、肺吸虫、顎口虫、肝吸虫、回虫、
エキノコックス、トキソプラズマ、フィラリア、ぎょう虫
鉤虫、トリパノゾーマ、蝿幼虫症、ダニ、蚤、虱、蛭、
八目鰻、マラリア、鯨虱、チャームス、ペンネラ・・・・・。
他、様々な細菌、ヴィールス、プリオン(この二つは生物かどうかさえ不確かです。)
蟹、魚、雄が雌に、小が大にと百花繚乱です。



いずれの方々が、公爵様か伯爵様かは知らねども、
生物界の貴族であらせられることには間違いは無かろう。
何しろこいつら、生まれてから死ぬまで働かない
他の生き物に完全に寄りかかって生きていくわけで
ややこしいのになると、第一中間宿主はカワニナで
第二中間宿主はモズク蟹で最後は人間の肺に蔓延る
肺吸虫(肺ジストマ)等がおらせられます。


大概の寄生虫は、宿主を生かさず殺さずの酷い状態にしてしまいますが、
中には各ジストマ、トリパノゾーマ、マラリアなど、
端から宿主を殺しに掛かっている馬鹿な奴らもいるのですが
いいんです、彼らは太く短くの人生を選択したのですから。
それに、我々の平均寿命から見て短い人生だからと言って
何を悲しむ事があるのでしょうか?
次の世代に子孫は残してありますから。


サブプライムローンの破綻から、始まった今回の世界同時不況
元を正せば、人間が人間に寄生している、
人を何処かで虐げているのにそれには気づかない自称セレブ
裏を返せばただの、不労所得者達が原因である。
我々貧乏人が、一番被害を被るだけでした。
資産が20億ある人の資産が10分の1になっても、まだ2億ありますが
月収25万の人の収入が10分の1なったら、残された道は
犯罪を犯して刑務所に入るか(現に生活苦から刑務所に入る人が
沢山います)
自殺でもするしかありません。



亀谷 了先生の「おはよう寄生虫さん」を読みながら
様々なことを考えました。
寄生虫について、詳しいレポートを書こうと思いましたが
食事ができなくなると困りますので、割愛いたしました。
  1. 2009/02/04(水) 19:44:41|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北の宿から

巷では老若男女を問わず もうすぐ始まる
ヴァレンタインデー・狂想曲の話で持ちきりです。
私のおんな友達も今年はどうしましょうかと言う話題もちらほら。


最近は会社辞めれば只の人になった私、
今となっては2月14日が待ち遠しい訳でもなく
当日会社に行きたく無いなどと贅沢な悩みもありません。

ヴァレンタイン・デー
ヨーロッパでは日ごろお世話になっている人に
心ばかりのプレゼント贈ります。
もちろん女性から→男性に、男性から→女性にもあります。
もちろん男性から→男性にもありです。
ベルギーの日本大使館のバトラー(執事)のアントワーヌさん
から真っ赤なバラの花を1輪いただいた事がありました。
彼は私に何を期待していたのでしょうか?


日本は何かの誤解から女性から男性に告白しても良い日とか
(もちろんそうしたければ、そうしても構いませんが)
怪しいのになると、好きな男性にチョコレートを贈る日
などと勘違いも甚だしい方もおります。

自分の投資の10倍以上の物を回収しようと、躍起になっている
お馬鹿さんもいるのですが。


世の中まんまと、チョコレート屋の嘘にだまされて
この不況も何処吹く風で、大盛り上がりである。


今から述べる事は、特定の女性を誹謗中傷する
つもりでは まったくありませんので。



今時 年に1度のこの日を待ちわびて、告白する女性も珍しいと思いますが
(告白は、季節、年齢、性別を問わずに<こくる>と言って
みなさん自由になさっているみたいです)
でも、中には古風に相手の殿方の、告白をまっている女性もいるのです。
それは、それで一向に構わないし、そんなことから人生の
悲喜交々が生まれて うーんと実りの多い厚みのある人生になるのでしょうが
ヴァレンタインデー、誕生日を含めて
世の中には相手がおいそれと受け取れないような物を
贈りつける、迷惑な女性がいると言う話です。


その、筆頭に上げたいのが本日のテーマの「北の宿から」です。


あなた、変わりはないですか?日ごと寒さが募ります。
着てはもらえぬセーターを涙こらえて編んでます。
女心の未練でしょうか?あなた恋しい「北の宿」


はっきり言って恐いのです。
あなたはいじらしい女心を、まるで理解していないと
明日には、剃刀入りの封筒を送られても 嫌な者は嫌です。
多分あまり上手くもないセーターを 相手恋しさのあまり
手編みにして送り付ける 馬鹿な女が嫌なのです。
手編みのセーターは1度だけ貰いました。
彼女のセーターは黙っていれば、かなり質の良い売品にしか見えませんでしたから。
それ以外に手編みの物を何度か頂きましたが
ことごとくある日突然紛争の火種になることが解りましたので
以降手編みのプレゼントはことごとくお断りしています。
男女の関係は時として、友人の域を超え、とても素晴らしい恋人と言う関係になります。
しかし、春の心地よい季節は決して長くは続かず、酷暑の日や極寒の日もあります。
そして、それはある日のほんの些細な事で、破局という悲しい結末を迎えます。
上手く別れる事ができれば、二人の関係は巡り会う前の
状態に戻り、思い出と言う素晴らしい物が残りますが。
もらった、手編みのあまり上手くもないセーターはどうするのでしょうか?
二人の関係が終わったからと言って、生ゴミといっしょに週末のゴミの中に
ポイッと入れてはいお仕舞いなんでしょうか?


私は一針一針編み上げてくれた女性の事を考えると それはできないのです。


ある日新しい恋人と、新しい関係、新しい時間が始まります。
すると。呪いのマシーンのタイムスイッチはオンになりました。
古い手編みのセーターは遅かれ早かれ、新しい恋人に見つかるからです。
ある日偶然新しい人に見つかっても過ぎた事ですから 多分何も言われないでしょう。
気に入らなくても、素敵なセーターねぐらい言ってもらえるかもしれません。
しかし、関係は微妙に揺らぎ始めます。
そして、ある日の些細な喧嘩のついでに昔の彼女の呪が発動されます。
「なんで、センスの悪い下手な昔の恋人から貰った手編みのセーターを
いつまでも大事に持っているのか」と。
あなたが、うっかり昔のガールフレンドの写真を始末していなかったら
事態は更なるカタストロフへと展開していきます。
酷い時には、私よりセーターの彼女の事が忘れられないから
いつまでも、大切に持っているのでしょう。と罵られます。
ただ、編んだくれた昔の女に変な義理立てしただけなのに・・・・。


あなたが、プロなみに素晴らしい手編みのセーターが編めるなら
じゃんじゃん贈っても構いません、ある日問い詰められたとしても
男は田舎の近所のプロのおばさんが 編んでくれたと平気できれいな嘘がつけますから。
問題は、着てももらえないと解っているのに寒さこらえて
セーターを編んで尚且つ渡してしまう愚行です。
世の中には、素敵な人はいくらでもいます。
だから、寒さをこらえて、着てはもらえないセーターを
編む必要はないと思います。
あなたの、気持ちは純粋で見返りは何も要求していなくても
あなたの優しい気持ちが時として あなたの知らない未来で
とんでもない事態を引き起こします。



高橋三千綱さんの「九月の空」の主人公は結局
告白もせずに物語りは終わっていたような。



女心が解らないからと言って、剃刀は送らないで下さい。
  1. 2009/02/04(水) 01:17:59|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パンがなければ、お菓子をお食べ!

ロールパンとブリオッシュを仕込む。
ロールパンは1日で焼きあがりますが
ブリオッシュは、2日がかりの仕事になります。

ブリオッシュ自体それ程 難しいパンではありませんが
非常に扱いにくいパン生地で、結果2日の時間が必要となります。

例えば、バターロールなんて言いますが、生地にの小麦粉に対して
バターは10%前後しか入っていません。
しかし、ブリオッシュは小麦粉とバターが2対1と
段違いにバターの量が多くそれだけ。扱いにくくなります。
昨夜、ミキシング(捏ね)冷蔵庫で1晩掛けて1次発酵
今朝、分割、さらに2時間冷蔵庫で休ませて。
形成、かなり低温で2次発酵 倍の大きさに発酵したら
200℃のオーブンで10分ぐらい焼きます。
黄金色に焼き上がったブリオッシュ。
粗熱がとれて、ほの暖かいぐらいになったら
今がシーズンの苺で作った自家製ジャムを、つけていただきます。
思わず微笑みたくなるようなパンの美味しさ。

名前はブリオッシュなんですが、パン屋さんのブリオッシュは
商売上どうしても、バターを上質な物が使えずに
なんか変だなの所が多いのは残念です。
ちゃんと作れば1個200円以上はすると思います。
元々はパンの扱いではなく、お菓子の扱いでした。
マリー・アントワネットが食料難で、ベルサイユに押しかけた
民衆に向かって「パンが無ければ、お菓子をお食べ」と言った
お菓子とは、ブリオッシュの事なんです。
でも、何も知らなかった王妃を一方的に 
フランスの財政を傾け、フランスを革命の火の海に放り込んだ
張本人としか見れないのは、少し問題があります。


ブリオッシュについて
ブリオーシュとも書く。形が王冠に似ていることから『王の菓子』と呼ばれている。当時のフランス法には、「食糧難の際にはパンとブリオッシュを同じ値段で売ること」となっていたとの説もあり、そのことがこの発言伝説の下敷きのひとつになったとも考えられる。ちなみに、ブリオッシュがバターや卵を利用したお菓子とほぼ同じとみなされるパンを示すようになったのは18世紀後半からであり、18世紀初頭まではチーズやバターなどの各地方の特産物を生地に混ぜて栄養性と保存性を高めた保存食という乾パン的位置づけであるため、その元ネタとなる発言は時代によって大きく意味が異なることには注意したほうがよい。そのため、ルイ16世の妃の発言説だと、当時の為政者としてはごく当たり前な(むしろ民衆を気遣う内容の)発言であったのを後世の人間が歪曲して引用したということになる。



とっても、ブラックなカクテル ブラッディー・マリー(血まみれのマリー)
通常はイングランドの初代の女王メアリー1世と言われているけど、
ブラッディーの意味からしてマリー・アントワネットの方が
ぴったりかも?
なんとも物騒なカクテルの名前です。


さて、今日から2月。 3日は節分。
今年も太巻き寿司をメインに寿司パーティーをする予定。
今日から干し椎茸とかんぴょうを戻して スタンバイは着々と進む。
  1. 2009/02/01(日) 18:15:12|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。