シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

暗くなるまで待って。

突然ですがしばらくお休みです。


最近何やら、また周りがめまぐるしくなり
昨日は、出先で一瞬意識を失くして倒れたりと
かなりきな臭い状態で、仕事や私生活の優先順位を
考えるとブログまでは手が回りそうにありませんので
休みますのであしからず。


ついでに、紅葉キャンプまでには復活の予定ですが
お休みする前に前に紅葉キャンプの告知を

秋の紅葉キャンプのお知らせ
日時
11月8-9日もしくは15-16日でプランを考えています。
目的地  昨年は話題の宮崎だったので今年は
静かな大分、熊本温泉付きキャンプを企画しました。
(今年は希望者以外は山登りはなしです。ジェリーさんが来て雨が降ってもやります)

1日目 福岡発→大分耶馬溪→九酔渓→久住にて一泊
(温泉付きのロッジにて宿泊予定)

アニョー・ド・レ(乳飲み仔羊)や、シャランの窒息鴨、
特選和牛ロースなどの備長炭の炭火焼や他イタリア料理あれこれ。

他我がチーズプロフェッショナルと我がソムリエールが選んだ特選チーズとワインの数々で
飲めや歌えのドンチャン騒ぎを予定しています。
もちろんデザートも用意いたします。


2日目 久住→岡城(竹田市)のイチョウと紅葉→九州のグランドキャ二オンと
(本当かよ?)有名な蘇陽峡でスケッチ大会(予定)
1日遊んで夕方6時福岡着(予定)

会費1日目 昼食 夕食 2日目朝食(3食付き)宿泊費、交通費込みで
15000円前後を予定(人数が多ければ安くなります、多分?)


参加希望者はお店に直接お電話か、私までメッセージでご連絡を下さい。
尚日時の決定は27日までに致しますので希望日があればお知らせ下さい。


では、みなさん暫しのお別れです。

スポンサーサイト
  1. 2008/10/25(土) 03:33:01|
  2. イベントのご案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笑うべき事

先日mikaちゃんが出掛けた千手観音の舞台裏の、落ちぐらいに笑いました。
何がって先日、和食の板前が自分の調理した河豚の肝を食べた事件です。


この、兄ちゃん調理師免許も河豚調理免許も持っていたとの事ですが
河豚調理の免許を持った調理師が不可食部の肝を食べて中毒を起こすなんて
全くもって笑うべき愚行としか 言いようの無い事である
幸い まだ神には見捨てられなかったみたいで、
快方に向かっているとの事はではあるが。



調理師免許の資格停止の行政処分を検討中との事であるが
ぜひ、そのような愚かな調理師にはぺナルティーをあたえるべきであろう。
(これがもしあなたや、あなたの家族だったらどうしますか)
福岡にも肝も絶対大丈夫と言う、馬鹿高、高級河豚料理屋があります。
(安くても1人3万円からのスタートです。
博多の冬の名物アラと組み合せだと1人10万円は軽いでしょう)
ご接待で2度ほど案内されましたが、肝はいただきませんでした。
絶対と言う基準があまりにも、曖昧だったからです。
非常に河豚自体は美味しかったのですが、安全と言い張る根拠が
今日の星占いを信じるのと同じぐらい信憑性の無い事で、その店のオヤジ
(板長)が馬鹿に見えて仕方なかったのが事実です。


服部栄養専門学校校長 通称服部校長が、河豚の肝を指して

「練乳に似た濃厚な風味。アンコウの肝ほど脂っこくなく、さっぱりしている。あれを捨ててしまうのはもったいない。」と語っているが。
調理師学校の大元締めの人間がこのような事を公の席で発言するとは
情けの無い事です。


河豚の毒は当たれば猛毒です。


ふぐ毒テトロドトキシンの毒性は、青酸カリの約100倍の強さがあり
青酸カリの致死量が150-300mgですがテトロドトキシンは
ほんの2-3mgであの世行きです。
最初は舌や唇がしびれ、指先のしびれに繋がる。頭痛・腹痛・嘔吐などを起こし、歩行や発声が困難になる。重度の場合、血圧の低下などが起き、呼吸困難になり死亡に至る。まれに仮死状態に陥ることがある。通常は、摂取後数十分から数時間で症状が現れる。

とても大事な事ですが河豚の毒は、最後の方までは
意識障害が出る事はほとんどないという事。
呼吸困難で死ぬほど(手当てが悪ければほとんど死にますが)
苦しんでいても、あなたの意識はクールなほどはっきりしています。
いっそ死にたいぐらい苦しくても、意識は無くならないという事です。


これは、逆に恐ろしい事ですね。


そうゆう私も現在大阪府と京都府の河豚調理の調理免許を持っています。
福岡で資格を取る場合は新たに、試験を受けなければいけないらしい。
(書き換えができると言う噂を聞いたが確認していません)


通常試験は学科と実技の試験があり、実技はかなり難しいかった様な。
指定された時間内に、河豚一匹を卸さなければならず
今度はそれを可食部と不可食部に分けなければならず
それとは、別にボ-ル1杯の河豚の色々なパーツを全て分ける試験もありました。
実際に河豚を卸して練習するにも、1匹の値段が高すぎます。
私の場合はトラフグによく似たガトラ河豚(クロとか、カラスとも呼ばれます)で
練習しましたが、安いったってトラフグよりは安いだけで
都合15匹程卸したでしょうか?
(19歳のガキが毎晩ふぐ刺しと、ふぐちりですよ 世の中狂っています)
結局試験料も含めると10万円近い出費になりました。



これから、河豚の美味しい季節
「ふぐ刺し」、(私は別にカワハギの肝を買って来てポン酢に溶いていただきます)、うぐいす骨の唐揚、白子焼き、河豚チリ、〆の河豚雑炊。
北部九州ではかなと河豚を、家庭でも普通に食べるのでかなり幸せかな?


みなさん、くれぐれも素人調理はなさらないようにご注意下さい。
  1. 2008/10/18(土) 21:29:52|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昼間から駄目人間

今日は駄目人間になる日である。
ランチが終わったらサッサと片付けてソラリア西鉄ホテルに向かう
駄目人間が始まる。



駄目人間の作り方。
材料
ワインの試飲会会場1ホール、テースティング用ワイン154アイティム
きれいなお姉さん1人か2人、どうでも良い男のエキストラ10-20名
ミネラルウォーター少々、スライスしたフランスパンなど 
他にワイングラス、ソー(バケツ)

作り方
1.端から高くておいしそうなワインを片っ端からテースティングしていく。
2.そばにいるきれいなお姉さんと時々、高尚な話をする。
以上。


注意(時々水、パンなどを齧り一気に酔いを進めないこと!)


Jet日欧商事のバイオーダーのワインの試飲会がありました。
で、トータルであれやこれやで約70アイティム
ワイン約2本近くが、すきっ腹に収まり
ダメ押しでグラッパを3杯ほど一気飲みしてきました。


試飲が終わり・・・・・。
自分のお店まで、半分酔って、半分覚醒して歩きます。
世間の冷たい目がどうかは知りませんが
これで、昼まっから完全な駄目人間のできあがりです。
今夜は、私コーディネイトのカレー屋の
最終チェックとレセプション、試食会がありますが
駄目人間としては、このまま死んでしまいたいぐらい
良い気持ちです、たまにはお酒の力でも借りて
抑圧された精神を解放してみるのも良い考えかもしれません。


19時のレセプションまで少し眠ります。
おやすみなさい、今日も1日お疲れ様でした。
  1. 2008/10/16(木) 00:34:41|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

快挙

快挙である、我が店の精鋭2名。
mika&mika名づけてmikasが
難関のソムリエ試験を1次試験、2次試験共、見事一発で合格しました。
ひとつの職場から2名受験して、2名とも一発合格
それも、二人とも女性と言うのはなかなか無いと思うので
明日から鼻高々で、あちらこちらで自慢して歩きます。


天下のニューオータニですら3名チャレンジの1次で1名合格
2次はどうだったのでしょうか?状態ですから
彼女達の事を今以上に誇りに思います。


これで彼女達も肩の荷が下りたと思うので、明日からは学問としてのワインではなく、
楽しみとしてのワインになってくれる事を切に願います。
実際その激情の時期を過ぎないとソムリエ試験なんぞには
とても合格しないでしょうが、ここ3ヶ月の二人の
産地、葡萄品種、気候、サービス、テースティング、歴史、料理、etc・・・・。
などの会話、聞いている私ですらうんざりでしたので
勉強している彼女達は、いかにうんざりだったでしょうか?



二人が合格して私は嬉しい。とても嬉しい。嘘じゃない。けど
私の喜びは二人の喜びに比べたら、きっと大した事はないでしょう。
とにかく、とても喜ばしい事でした。
  1. 2008/10/15(水) 11:51:05|
  2. レストランサーヴィス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

粉まみれ

何処からか、金木犀のうっとりするような香りがしてきます。
草陰では、こおろぎが恋人を誘惑しようと鳴いています。
季節は巡り、私の好きな季節が又訪れてきました。

なのに・・・・・。
この3日間 山芋のお好み焼き、よせばいいのに手打ちうどん、坦々麺(四川飯店風)、
牛ホホ肉のカレーとナン。交互に粉物ばかり食べ続けています。
いい加減あきました。
何で・・・・・?。
と言いたくなるよな、貧弱な粉物オンパレードのメニューの数々。


こうなったのも、たまたまと言うか、偶然なんですが
親というものは(母親は)理解不能な物を突然送ってくれたり、持たせてくれたり。
前回父の看病に帰った時、持って行きなさいと言って
野菜セットをダンボール1箱くれたのですが
中に理解不能な山芋が鎮座ましまして。自発的に山芋は食べないだろうから
ほって置いたらそのうち食べれなくのでお好み焼きになりました。
手打ちうどんは、前回の反省に立ちこんなもの自分でも作れると
思ってチャレンジしましたが、そこそこの物ができるまで
小麦粉を3kgぐらいこねくり回しました。
四川飯店風(スープのあるもの)坦々麺はたんに食べたかっただけです。


今夜は久しぶりにまともな食事です。コルトンシャルマーニュを開けて
海老とマッシュルームの香草焼きで始まる豪華ディナーです。



でも食事の〆はまたもや四川飯店風坦々麺です。
まあ、好きですから良いんですけど・・・・。
  1. 2008/10/14(火) 17:06:28|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はるかな記憶

ご幼少のみぎりに・・・・・。
ひょんなことから、二科展に入選しました。
それも、特選?か何か偉そうな賞でした。
画伯の作品名は「お芋」。と言う静物画です。
当時はまだ天王寺美術館と言われていた、大阪市立美術館で
賞状と記念の盾の授与式が行なわれました。


音楽は全く駄目なこの餓鬼が、「二科展入選?特選?」発狂した
両親は近所のテーラーでギンガムチェックのジャケット&半ズボンを
オーダーしてくれました。
当時は高価な黒の革靴、白のハイソックス、白のワイシャツにレジメンタルストライプタイ。
イギリス貴族の子息の様な、第一級正装で会場に臨みました。
白い馬は予算の都合で居りませんでしたが
いつもは、大事にされていた兄がその日は霞んでいました。
授与式は退屈極まりなかったのですが、その間欠伸をしたと言って1発
鼻くそをほじったと言って1発、股間を掻いたと言って1発頭を叩かれました。


私としては、すぐ横にある天王寺動物園に早く連れて行って欲しかったのですが
入賞者と家族はその日の美術館の入場は無料という事でしたので
(両親はよほど嬉しかったのでしょう、 たかが1-2週間の展示に3回も連れて行かれました)
美術館もゆっくり見ましょうという事になりまずは、美術館へ
その時特別展がやっていました、たしか「メキシコの近代画家展」だったと思います。
田舎者の親子4人、そんな高尚な物なんぞ見るのも初めてなんですが。
その中にフリーダ・カーロとディエゴ・リベラの作品が多数ありました。
忘れられない強烈な1枚の絵、
フリーダ・カーロ『二人のフリーダ』。

見ているうちに恐ろしくなり、私の両親がこの絵達の解説が
できるほど教養もないし・・・・。
シュールな絵を観たのも初めてでしたが、ただフリーダの痛みと苦しみが
凄すぎて伝わりすぎて その夜はうなされて恐い夢を見ました。

今もベルギーのポール・デルヴォーやダリの絵に惹かれるのはそのせい?
シュールなシュールな体験でした。


やっとお楽しみの動物園なのですが、当時の天王寺は非常に柄の悪いところで
柄の悪いおっさん達が昼間から酔っ払って騒いでいましたので
(今も天王寺、通天閣、じゃんじゃん横丁などは人気が荒いところですが)
草々に退散しました。
ただ園内にあったステゴザウルスとティラノレックスの
巨大なセメント製の像は、降りしきる黄色いイチョウの葉っぱの中で
記憶の中では珍しく 総天然色カラーで(この様な事を書くこと自体私の年も知れよう)
ひときわ鮮やかに、記憶にありありとのこっています。


絵画はその後鳴かず飛ばずで、あの時絵の才能を
一生分使い果たしたのだと 思っています。


『母さん、僕の賞状と盾は何処に行ったのでしょう』。?
  1. 2008/10/10(金) 12:28:16|
  2. 昔々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦後の学校給食における民主主義と貧富の差についての考察

テーマは凄い!
テーマは凄いが内容はなんにも無い。(スミマセン)


夕方、近所の「ほっともっと」(旧ほっかほっか亭)の前を歩いていたら
学校給食と同じ 色々なおかずの匂いが混じった香りがして何んとも恍惚となった。
昔食べた、学校給食が懐かしくなっただけである。


新入生は学校が慣れるまでは午前中授業でしたが、
しばらくして学校に慣れてくると給食が始まりました。
私が食べられないのは、沢庵だけ。でしたから


嫌いだった人が呪いを込めて話すのとは違い私は給食が大好きでした。
みんなが嫌がる、脱脂粉乳もゴクゴクと2-3杯平気で飲んでいました。
パンは多分二等粉か三等粉で作ったコッペパン1個か、食パンなら2枚でした。
それに、マーガリンかジャムが付きます。
今仮に当時と同じ物を食べたら、不味くて食べられないでしょうが
ほんのりと暖かいコッペパンに安らぎを覚えました。
学校給食のメニュー、地域差と時代差があるのですが
私の頃は月に一度だけの揚げパンがみんなのお待ちかねで
パンにパン粉を付けて油で揚げてきな粉をまぶしただけなんですが
なんだかとてつもなく美味しく感じました。



おかずで人気はやはりカレーでしたが、カレーとは名ばかりのカレー汁でした。
でも来月の給食の献立が配られると、マジックペンで赤丸をしていました。
九州はなぜかチャンポンなどが出される事がありますが
東京の友人は給食でチャンポンなど贅沢だと言っていました。
不思議とうどんは食べた記憶がありません。
鯨の竜田揚げなんぞ懐かしいですね。
お肉は多分枝肉で買ってくるのでしょう、やたらと検印の付いた
お肉の塊が豚汁なんぞに入っていました。(気にせずに食べていましたが)


小学校は市立で私服なんですが、やはり着ている物には貧富の差が激しく

小学校内の勢力分布図も
ジモティーの長ズボン&ズックの先祖代々のお百姓一家、
冬でも半ズボン、ハイソックスの新興住宅一家、
(百姓一派に言わせる所のよそ者。私はこの分類に入ります)
少数勢力の低所得者層の市営住宅居住者
三つのカーストが好むと好まざるとに依らず形成されていました。
市営住宅派は何でもあるものを着ていました、暮らしが大変で
そんなことには構っていられなかったのでしょう。


で・・・・。給食を残したりタラタラ文句を言っているのが、何故かいつも
マジョリティの長ズボン洟垂れガキ共や、半ズボン少年達ではなく
マイノリティの市営住宅の子供達でした、前にも書きましたが
クラスに2-3人は生活保護を受けている友達が居ました。
遊びに行くと、布団は万年床でその布団はお米の布の袋で出来ていたり
かなりな、カルチャーショックを受けました。

お父さんがギャンブル狂や、母子家庭、理由不明・・・・。
何かしら不幸を背負っていた子供達でしたが
なぜか、給食の時間になると文句を言うのです。
いわく、「家では牛肉しか食わん」。
いわく、「豚肉は臭くて食えん」。
いわく、「このミルクはアメリカでは家畜のえさだ」。(嘘です)


ここで、興梠 明君の登場となる(興梠はこおろぎと読みます。日本神話にも
出てくる立派な苗字です宮崎の高千穂や熊本の阿蘇地方に多い苗字です)
明は偽名です。
明君の家はやはりぐうたらな父ちゃんが、仕事もろくにせず
生活保護を受けていました。
明君好き嫌いがあるのは構わないのですが、いつもあまりにも悪し様に
言うので
クラスメイトに「生活保護は黙って食え」と言われてしまいました。
「何でも食べないからお前は二番目にちび(学年で)」とも言われました。
クラスの隅で泣いていましたが、だれも同情はしてもあげませんでした 。
牛肉、ミルク、ちびこれが揃うと今でも思い出します。


私ですか?、みんなが嫌がる給食を人の分までありがたく
食べていましたから学年で一番大きくなりました。
(入学した時点で一番でかかったのですが)



給食は原則残せませんでしたが、
(10年前みたいに無理やり食べさせたりという事はありませんでした)
パンは残せましたし、学校を休んでもパンだけは自動的に
近所の友達が届けてくれました。

さて、今はどうなっているのでしょう?


答えは、一切持ち帰りは駄目だそうです。
その理由は何かあると全て学校のせいにする
親があまりにも多いからだそうです。


昔懐かしい学校給食の思い出などありましたら、お聞かせ下さい。



話しは変わりますが、久しぶりにブラックジョークを。

昔書いた「スープの中の蠅」の新作があったので・・・・。

レストランで、自分が頼んだスープの中にハエが混入していたらどうするか?

アメリカ人は、店に対して訴訟をおこす(アメリカの訴訟社会を揶揄している)。

イギリス人は、スープには手をつけずウェイターに皮肉を言ってから店を出る(イギリス人は皮肉好きと考えられている)。

韓国人は、ハエが入ったのは日本人が悪いと言ってその場で日の丸を焼き払い
日本大使館の前で鶏の首を刎ねる(韓国人の日常的な反日思考を揶揄している)。

中国人は、躊躇せずハエを食べる(なんでも食材としてしまう文化を揶揄している)。


久しぶりなのでジョークのネタばらしをしてしまいました。
  1. 2008/10/05(日) 01:33:34|
  2. 昔々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訴訟ファシズム(こんにゃくゼリーについて)

又、気の毒な食物による犠牲者が出てしまった。
犠牲者は1歳になる男の子である。
今回の事は不幸にして起こった事故であり、それ以上でもそれ以下でもない。
しかし、である。
野田消費者行政担当大臣が役人の威光を笠に着てこんにゃくゼリーの
自主回収を促すのはいかがな事かと思いますが?



何時から、日本はファシズム国家になったのでしょうか?
大体、1歳の乳児にこんにゃくゼリーを食べさせる親の知性を私は疑うが?
仮にパンを食べさせていて、喉につめて死んだらパンも
安全対策ができるまで自主回収させるつもりなのか?
リョーユーパンや山崎が訴えられた話はいまだに聞かんが?
何でこんにゃくゼリーだけが苛め抜かれるのか?
こんにゃくゼリーは食品界のユダヤ人かい?
いわれも無くユダヤ人が迫害されたのとあまり変わらない話だと思いますが?
窒息の王者、老人キラーの餅なんぞは毎年、年末年始の風物詩になりそうなくらいの
勢いで爺さん婆さんを極楽浄土に導いているが
餅を搗いてくれた親戚や、餅の販売所を訴えたと言う話も聞かんが?


世の中こんにゃくゼリー以上に危険な食物はいくらでもあるし
年寄りと小さい子供が食物を喉につめて死ぬのは、純粋に確率の問題に
なると私は確信していますが。
年寄りや小さなお子さんに以下のものを与える時は
もしかしたら、高い確率で死に至ると言う認識を持って与えて欲しいと思います。

1位:もち(168例、「こんにゃく入りゼリー」の84倍危険)

2位:パン(90例、「こんにゃく入りゼリー」の45倍危険)

3位:ご飯(89例、「こんにゃく入りゼリー」の44.5倍危険)

4位:すし(41例、「こんにゃく入りゼリー」の20.5倍危険)

5位:あめ(28例、「こんにゃく入りゼリー」の14倍危険)

6位:だんご(23例、「こんにゃく入りゼリー」の11.5倍危険)

7位:おかゆ(22例、「こんにゃく入りゼリー」の11倍危険)

8位:流動食(21例、「こんにゃく入りゼリー」の10.5倍危険)

9位:カップ入りゼリー(11例、「こんにゃく入りゼリー」の5.5倍危険)

10位:ゼリー&しらたき(それぞれ4例、「こんにゃく入りゼリー」の2倍危険)


>なんで仔羊のジゴ(後足)や牛舌の厚切りステーキが入っていないのか?
庶民は以上のものを、かぶりついて死にかけた事は無いのかね?
小生なんぞは、いつも死にかけておるぞ!



そう言えば昔、休暇で日本に帰国した時。
久しぶりと、元彼女と六本木の瀬里奈で馬鹿高い鉄板焼きを食べに行きました。
彼女が縦だか横だか解らないぐらいの厚切り最高級神戸牛のサーロインステーキを
よせばいいのに2切れほど 一度にほうばってしまい喉に詰め危うく死ぬところでした
2人前40000円のステーキを喉に詰めて死んだのならネタとしては面白いが・・・・。
あの時彼女が死んでいたら、彼女の家族は瀬里奈を訴えれば良かったのでしょうか?
サーロインステーキを訴えれば良かったのでしょうか?
ゼリーを喉に詰めて死んだぐらいで7500万円貰えるなら、
借金に困った人はみんな食べ始めるぞ。
名づけて、「こんにゃく詐欺」新聞のサブの見出しは
「こんにゃく食って天国へ行こう!あなたの借金もきれいに清算できます」。

メディアもメディアである。
社会の良識なんぞと自画自賛するくらいなら、こんにゃくにしろ何にしろ
咀嚼力と嚥下力の弱い人間が物を食べれば何%かの確率で死にますよと
言わなければ社会の良識でも何でも無いだろうに、
馬鹿な被害者家族に、雷同してどうする?



子供やお年寄りを亡くした家族の気持ちは良く理解はしているつもりですが
やたらに、訴えたりしないで 基本的に咀嚼力の弱い人間には
絶対に与えない事の周知を徹底するべき事かと思います。
その方がまともな社会だと思います。
アメリカみたいな訴訟社会になっても、喜ぶのは
人の不幸で儲ける弁護士ぐらいですよ。


私は今からこんにゃくゼリーを買いに行きますが、何か?
  1. 2008/10/03(金) 19:10:00|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

教えてあげない、と言うか教えようが無い。

電話が鳴る。


イタリヤ料理を学びたいので、人は募集していませんか?との事。
学びたいのか働きたいのか訊ねると、学びたいとの事。
しかし。月額の最低給与は15万円以上は必要という。
なんで?と訊ねると、車のローンやら借り入れの返済で
支払いが最低10万円いるし、プラス生活費が(彼は親元に居ました)
最低5万円だそうです。


せっかく電話を貰ったのに期待に添えなくて残念だけど
今は人の募集はしていない事を告げました。

飛び込みで明後日、婚礼披露の食事会が入ったとする。
人数はご両家で24名、一人予算は飲み物込みで21000円だとする。
正味36時間しか時間的余裕は無いわけであるが
(別にケーキとお花で84000円)
1回のサーヴィスで少なくて588000円の売り上げになります。
これは受けないわけにはいきません。
我々にとっては年何回かの婚礼ですが、新郎新婦にとっては
多分?一生に一度の披露宴です、良きに付け悪しきに付け
一生涯記憶には残りますので、普段以上に斎戒沐浴
気合を入れて望まなければなりません。



とりあえず、メニューを決めて先方の了解を得て
その日の内に発注は済ませます。
それから仕込みを始めますが もちろん営業はしながらです。
一々その場になって原価計算を始めたり、婚礼の料理の
勉強を始めるわけにはいきません。


一人前のちゃんとした料理人になるためには、礼儀作法、一般教養
料理やサーヴィスの抜きん出た知識と技術、算数(できれば数学)
物理、化学、語学、社交性etc・・・。
何の仕事でも同じですが、かなりの知性と教養は要求されます。
ただ、何となくできるのも料理の仕事ですが 
ただ何となくではとってもなれないのも料理人です。


彼の電話の、学びたいから教えて欲しいという甘えがまず嫌でした。
本当に学びたいなら、自分の生活の安定などは二の次に考える事で
仕事も何にもできない人間が、仕事が出来て初めて要求できる
労働条件をはなから口にするのは、どれだけこれからの事に
覚悟があるのか疑問です。
見習いになったら、寝る暇や遊ぶ暇もないのに彼は
ローンで買った車で何処に行こうというのでしょうか?
親元に居て、家賃も食費も入れずに5万円も必要というのも解りませんでした。
多分身を粉にして何かを学ぶというのは無理でしょう。
安定志向なら、この仕事は無理です。


普通学びたいなら学校なりに行くべきでしょう。
どんな、田舎の調理師学校でも100万単位の年間の授業料は必要です。
お金を支払えば、学校には教える義務が発生します。
しかし、レストランで働く事と、学ぶ事は別のことでしょう。
レストランは給料を支払っている限り、彼は仕事をしてなんぼの世界です。
はっきり言って彼に働く義務はあっても私に教える義務はありません。
仕事も教えてもらって、はなから高給を要求する気持ちが知れませ
(何も出来ない若者に、と言うかじゃまになる若者に15万は多すぎます)
薄給で見習い期間辛抱できて、才能もあり努力もして
花形シェフになれば、女性にももてますし
同年齢のサラリーマンの3倍ー5倍の給料はざらにいます。
テレビにも出れますし、雑誌のグラビアを飾ったり
きれいなお姉さんのインタビューを受けたりもされます。
辛抱した分ぐらいは十分元は取れますよ。
(もう最近はどうでも良くなりましたが)
辛抱しなくて花形シェフになれるのは、花形レストランの子息だけです。


フランスやイタリアの星が3つも付いたレストランでは
スタジエと言うシステムがあります。
あこがれの三ツ星レストランの仕事は垣間見れますが基本無給です。
店によっては食費を取られるところもあります。
それですら、1年先まで希望者が山のように待っています。
本当に学びたい気があるならそうすべきでしょう。


幸い私は仕事が出来たので、スタジエはしなくて正規雇用でした
それでも、仕事をある程度マスターするまでは
部屋は横になれれば良い、食事はお腹が膨れれば良い。
給料はもらえないより もらえた方が良い程度の事しか考えていませんでした。
だから靴が破けようが、年がら年中同じ服だろうが気にはなりましたが
気にしない事にしていました。
そして、わずかばかりの給料も休みの日の
食べ歩き代、道具代、本代、氷の彫刻の氷代で全て無くなりました



それに、料理の仕事は基礎はある程度教えてあげられても
それ以降は自分で本当に学ぶ以外に無く、教えようも無いのです。
有名店のレシピー、レシピーと騒ぎますが、例えばモーツァルトの
ピアノ協奏曲 第一番の正確なスコアを持っていても
演奏者次第で天国と地獄なのは皆さん周知の事実であるが
料理も全く同じで、ピアノを弾きこなす技術と
曲を表現する深い感性が要求されるように、
調理する技術と料理を表現する感性は要求されます。


技術と感性は先天的な才能と後天的な努力が実って初めて開花します。
だから、料理の仕事は基礎以外教えようが無いのです
初めから才能の無い人、才能はあっても努力をしない人、
才能もなく努力もしない人は、どうしようもありません。
生き残れるのは、才能は無くても努力をする人か、才能があって努力をする人だけです。
(もちろん素晴らしい才能で努力を一切しなくても済む天才というジャンルはありますが)

23歳で車や他の事のローンで首が回らない若者は
あきらめないと仕方がありません、収入以上の生活をする人間には
しょせんはグランキュージニェー(偉大な料理人)にはなれません。
何となくできる料理の道を選んだ方が良いでしょう。



そうこうしているうちに、小倉の元弟子からご機嫌伺いの電話が
「ムッシューお元気ですか、10月に3人目の子供が生まれます」。
(なんだお祝いのおねだりかい?)
彼は10年才能は無くても私の元で努力を続けました、
今では小倉の大きな結婚式場の2番手です。
彼が見習いの時あまりにも厳しくしたのを少し反省しますが
それを耐え抜いて現在の彼があるのだと思うと、あながち私の
努力も無駄ではなかったかと思います。
  1. 2008/10/02(木) 21:40:00|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。