シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

下品になりたい。

関西のチンピラボクサーが何とか復帰して
今度は立派な人になりたいと言ったか?言わなかったか?
きっと、日本のちびっ子達に反則技の数々も教えてくれるのでしょう。

この家族、ろくでもない親が子供にろくでもない教育をすると
子供はこうなると言う見本としては、立派に存在意義があった。
その悪態と品のなさで、社会を啓蒙した事は大いに評価すべき事でしょう。

今度は何を言い出すかと思ったら
「今度は立派な人になりたい」。だって
先日観にいった「スターシップ・トゥルーパーズ」以来の大笑いでした。
http://starship3.jp/st3.html
なかなかブラックユーモアのセンスもある、親子である。



これは、私がいつも「下品になりたい」と、よくぼやいているのと
同じぐらいセンスの良いジョークである。


でも、私は下品になりたいんです、本当に。
人前で、ゲップやオナラをしたり、部下の従業員の女性の
お尻を平気で触ったり、朝から晩に知性も教養もまったく
感じない下らない話しをしてみたり。
結婚して、奥さんや子供に非難を浴びるような人にあこがれます。


でも、いつも憧れに終わってしまいます。
アクシデントは別にして、人前でオナラやゲップの類を
まだ一度もしたこともないし、
ホテル時代は、私の周りは厨房以外はきれいな女性だらけ
望めばチャンスはいくらでもあったのかもしれませんが
部下のお尻を撫で回して、ニヤついているような
立派な大人には一度もなれませんでした。


部下の女性とお酒を飲みに行って、帰りが遅くなり
殺し文句の「今日は帰らなくてもいいんです」。と言われても、
まずお酒に酔ってしまった事がほとんど無いし
仮にその気があっても、ちゃんと必ず家まで送って帰りました。
なぜ?その様な行動を起こさなかったかと言うと
私が上品でジェントルマンだったからです。


『私は下品になりたい』。そう言うと友達は嫌な顔をして
「それって自分は上品だと言っているのと同じじゃないか」と怒ります。
それでも、私は下品になりたい。
一度で良いからパンツ1枚で家の中をうろついてみたいけど、一人暮らしでも
それはした事がないし・・・・。
ガールフレンドの家でシャワーを浴びても服は着て出ているし
「服ぐらいかまいません事よ」そうは言われても・・・。


赤塚不二雄の「天才バカボン」の中で下品極まりない男が出てきて
周りから非難ごうごうなのであるが、本人気にせず下品な行動を続ける。
そんな、作品がありましたが、聞けば本人非常に上品な
家庭に育ち立派な大学も卒業してはいる物の、ある日上品に
振舞う自分に嫌気が差して下品になったとか。



私の場合何事もイメージが先行していて、家ではナイフフォークでしか
食事をしないとか
私はナイフフォークの食事が長かったので、
その方が楽でエレガントに食べれるからそうしているだけで、
洋食ならともかく、フランス料理を箸で食べる事には抵抗があるからしないだけなんです。

自宅ではワインしか飲まない、「根拠の無いガセネタです」。
焼酎も飲みます、最近では梅酒を飲む訓練をしています。


仕立てのスーツしか着ない、「昔はそんなリッチな時代もありました」。
しかし、最近では着る物、身に付ける物まったく興味がありません。
もちろん、今でもスーツは似合いますが、何か?



あなただって、下品じゃないか!
時々あちらこちらの 人の日記で変な女と
何だかとっても淫らな絡みをしているじゃないかと
仰るかもしれませんが・・・・・。
淫らと下品は紙一重ですが、淫らは下品ではありません。
それに彼女は変かもしれませんが、決して変な女ではありません。
健全な常識の上に、狂気とエロを垂れ流しているだけです。


あの絡みは、あれはですね、あれは、私がハイド氏にならないための
世を忍ぶ仮の姿です、あなたが読んだコメントは有りもしない幻想です。


時々心から、『下品になりたい』。と思います。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/31(木) 23:23:34|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太陽がいっぱい 2

ニースでやらかした事を、一々書いていると限が無いのでかなり割愛します。

みなさん、1ヶ月もヴァカンスに行って毎食外食だと
かなりの出費と心配なさると思いますが
私は、長期滞在の場合は必ずキッチン付きのホテルにします。
ニースとスイスのインターラーケンは、いつも長期滞在するので
必ずキッチンつきの同じホテルでした。

常宿の名前は忘れましたが、ニースのホテルは中央市場のすぐ近所にあります。
毎日、早朝騒がしいのが問題ですが
午前中の市場の開いている時間に新鮮な食材を仕入れて
ディナーは自分たちで豪華にレストランの三分の一の料金で済ませてしまいます。
料理がお部屋でできると、近郊にハイキングに行っても
お弁当は自分たちでできる(と言っても作るのは私になりますが)
ので、楽しいですよ。


彼女いわくのなぞの物体 ボール ド リー(お米のボール、おにぎり)や
オムレット(出し巻き玉子)美味しいジャンボン(ハム)のサンドイッチ 
市場で買った美味しい完熟のトマトなどを持って
ワインは安くて美味しい地酒、冷えたコート ド プロヴァンスを飲みながら
紺碧の海と空を見る、俗世の嫌な事も全てどうでも良い事になります。


ヴァカンスに行ったら、私の基本目的は『何もしない事』です。


決して、夜討ち朝駆けで近郊の観光地を全て巡ってやろう
などと言う、いかにも日本人的発想でヴァカンスの毎日を
過ごしていると、何のためにここまで来たのか解らなくなります。
水平線の空と海との境目を見ながら
自分の生き方、物事の見方や考え方を 
色々考えるにはとても良い時間なのかもしれません。


もちろん、あなたが近郊の景勝名跡は全て巡らずにはおられぬ
せっかちな性格ならそれはそれで、きっと楽しいのかも知れません。
スイスでも南フランスでも、基本私は何もせず
何処にも行かず、毎日のんびりと過ごしました。
スイスや南フランスで、日本人の方にお会いするのは早朝と夕方以降です。
日中はほとんど日本人には会うことがありません。
きっと、日中はバスツアーでお忙しいのでしょう。
私にはのんびりと、何もしないヨーロッパの人達の方が
凄く大人に思えて仕方がありませんでした。


大抵明け方まで本を読んで、朝が白くなり始めるころに就寝。
10時ぐらいに起き出して、いつものお気に入りの道を散歩
帰りに市場によって食事の買い物、朝食だか昼食だか解らない食事を済ませて。
海岸に行って、日光浴と水泳。
ホテルに帰って昼下がりの情事、束の間のシェスタ(お昼寝)夕方起き出して
いつものカフェのいつもの席でパスティス
(にが蓬のリキュール、アブサンの代替品)を1杯頼んで、又読書。
お腹が空いたころに、ホテルに帰り夕食の準備


今夜はブイヤベース。
加藤和彦の ”ケスラー博士の忙しい週末”が聞こえてきそうな・・・。
 
  1. 2008/07/30(水) 00:45:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

太陽がいっぱい

何とか書類を作成して、一度ホテルに戻り
理由をはなして、荷物を預かって貰う 
それから教えられたBMWのガラージュに車を持っていって
窓ガラスの修理に出す。
同じ市内なのに岬をぐるっと回って その遠い事 帰り道は疲れました。
明日の午前中に取りに来てください。
ポルトガルより随分マシでした。

さて、晴れて自由の身にはなりましたが
でもなんだかんだで車の修理も含めると日本円で25万円ぐらいの損失
自分が愚か者で、大変高価な勉強料だとあきらめないと・・・・。


スエドワー(スエーデン人)と待ち合わせの場所に来たけど
誰も居ない、15分待ったけどそれでも来ない
きっとさらなる問題が発生したか、盗難車が見つかったのか?
不幸中の幸いで、楽しそうなカップルだったのに・・・・。
結局それっきり、彼らとは会えませんでした


ランチタイムの時間は終わって、何処も何もやっていない
開いているのは、観光客相手のお店ばかり。
あきらめて、昼はチープの済ますことに
ベトナム&チャイナのファーストフードのお店があったので
そこに入りましたが、結構レベルが高くて美味しかった。
フランスはインドシナ半島のかなりの部分を植民地にしていたので
エスニック料理のレヴェルは高い、美味しいと喜んで食べていると
彼女の機嫌はイマイチですね。
「食事が済んだら、水着を買いに行こう」と言うと
すぐに機嫌が良くなりましたが。


馬鹿高いビキニの水着を買わされて、(選ぶのに1時間ほどかかりました)
一度ホテルに戻り改めてチェックインして
水着に着替えていざ、コート ダジュール(藍色海岸)へ
日本の皆様はニースの浜辺と言うと砂浜をまず、思い浮かべると
思いますがニースの海岸はごろた石の散らばる浜辺です。


海岸なのにオフィシヤル(公共の)の海岸と、プリヴェ(私有)の海岸に別れ
公共の海岸では貧乏人がバスタオルを石の上に引いて横になり
プリヴェの海岸では石ころの上に木の台を置き目にも鮮やかな
人工芝を敷きつめてその上にふかふかのデッキチェアー
強い日差しはビーチパラソルが防いでくれて
試しに指をパチンと鳴らすと、イケメンのギャルソンが
何をお持ちしますかと訊ねてくれる。
シンガポールスリングだろうが、ダイキリでもマンハッタンでも
あなたの、お好み次第です。


一方の我らが公共の貧乏人海岸では、飲み物もビーチパラソルも全部自前です。
痛い石ころの上に寝ていると、時々発音のおかしな美人のおんなの子が
暑い中をクーラーボックスを抱えて「コッカコーラ、オーレンジナ」と
呼ばわって売り歩いています、値段を聞くと市価の7-8倍
暑い中クーラーボックスを抱えているのでそれは仕方ない事ですね。
聞けば、北欧の方からヴァカンスで来たけどお小遣い稼ぎとの事。
「頑張って下さい」。


私は、今回はプリヴェのデッキチェアーにしました。
飲んだのは、南フランスらしく、パスティスでしたが。
遥か沖を、きれいな客船が東に進んでいきます。
作者を忘れてしまいましたが・・・・。
ヴェルレーヌか誰かその辺りの人

”いつの日の事だっただろう、コート ダジュールの紺碧の海に
ボージョレーをグラスで1杯海にぶちまけると、ボージョレーの
紫とコート ダジュールの藍のふたつの色が交じり合わずに
波に漂っていた”なんかそんな詩があったけど
蒼い、本当に蒼い海、俗に言うウルトラマリーンブルー


横で陽射しを浴びている彼女は、
『水着を買う必要は無かったんじゃない』と嫌味のひとつも
言いたくなるほど大胆なトップレス。
周りがほとんど上は何も無しですから、これが当たり前と言えば当たり前なんですが。
そのころはまだ、純情だった私は目のやり場に困りました。
「何ニヤニヤしているの」?
そこにはエロティシズムなどはまったく無く
ただ単に、満ち溢れる健康美だけ?




「ほんとうかよその話し」。
  1. 2008/07/28(月) 16:33:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

今日からヴァカンス 3

一度車に帰ってみると、向かいのアパルトマンで
ペンキを塗っていたおっちゃんが何だか叫んでいる。
きっと、暑さで頭がおかしくなったんだと相手にしなかったが。
「ムッシュー・・・泥棒が・・・窓割って・・・かっぱらて・・・」。完全にいかれている。


車のドアーを開けようと、車に近づいたら道一杯に広がる
ガラスの破片・・・・・?
ケスク セ セクサ?(これは一体何なんじゃい)と言っても
時すでに遅し・・・・・。
後部座席の窓を割られて、荷物が2個紛失している。



出発前、大使のドライバーのエミールに南フランスに行くなら
ブリュッセル以上に荷物には 気を付ける様にと散々言われていたのに。
今回の日程はニースに2週間それから、北上しながら
リヨン→ジュネーブ→ベルン→アルザス→ルクセンブルグと
合計3週間の長旅、その間にもオペラだ観劇だ3ッ星レストランだ
それなりの衣装は必要で、するとそれなりに荷物は多くなり
車のトランクには着替え、私の読む本、とっておきのワイン・・・・。
雑貨屋と移動図書館と移動酒場一緒になったような有様で
ついつい、決してしてはいけない車内の見えるところに
荷物を置いて車を離れてしまった。
『オーララ!私の買ったばかりのビキニが・・・・』と彼女は嘆くが
先に警察に行って盗難証明書を作ってもらわないと保険が降りない。
途方に暮れていると向かいのペンキ塗りのおっちゃんが
降りて来てくれて、おっちゃんいわく「足場から『ドロボー』と叫んだんだが
奴ら知らん顔で盗んで行ったよ、若いパンクのカップルだ探せば
まだ見つかるかもしれないぞ」。
「ムッシューご親切にありがとうございました」そう言って
お礼に20フラン渡して、盗まれた荷物は諦めるから
警察が何処にあるか教えて下さいと言ったら、一緒に乗せて行ってくれたら
案内すると、言ってくれたので知らない街で普段から縁の無い警察を
訊ねて探す事はしなくて済みそうだ。
何とかお昼前に済ませてしまわないと、どうせ奴らは昼飯だと言って
いきなり事務を投げ出すのは解りきった事だったので
窓口に行って状況を話すと、そこに番号札の機械があるから
ボタンを押して番号札を取れといわれてそれでお仕舞い。
私の番号は、36番。本日のニース市内では早くも車上荒らしもしくは
車両の盗難が36件も発生しているのです。
人口30万そこそこの街で午前中だけで50件(すぐにいっぱいになりました)の盗難。
恐るべし南フランス。

一つ前の番号札のカップルは、スエーデンから来たカップルで
「どうしたの」?と聞いたら
「今朝着いたので、カフェの脇に車を止めて朝ごはんを
食べて15分して車に帰ったら車ごと無くなっていたとの事
「車は何に乗っていたの」?
「ゴルフのGTIカブリオーレ オープンカーじゃ乗り逃げも
直結されて仕方ないか
荷物は?無い。何も無い ビーチサンダルとTシャツと短パン
車のキー、お金、パスポートのみ
恐ろしく美しい金髪の彼女は、短パンにブラにシースルーのブラウス
やはりビーチサンダルのみ
我々が被害者だと思っていたら、もっと悲惨な方がいた。
あまりにもお気の毒なので書類を作成して、
車を修理に出してから一緒に食事をする約束をした。


南フランスには高級車ばかり盗んで
対岸のアフリカや東欧に売りさばく窃盗団がいます。
その話しは、ニュースでよくやっていたのですが
もっぱら、ベンツ、BMW、ジャガーなどで、本当にあっという間に消えるそうである。
  1. 2008/07/24(木) 18:16:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

今日からヴァカンス 2

ベルギーからフランスに入ると、車のスピードは
180kmから100km前後に落ちてしまう。

フランスの高速には街灯が無い、全く無い。
真っ暗闇の中で出せるスピードは100km前後です。
ノロノロと走っていると、突然キチガイでも出さないような
スピードで車が追い越し車線を追い抜いて行く。

ラテンの人の車好きには、呆れてしまう。
しかし、その運転の荒い事、死ぬような事故まで後一歩などと言う事が
日常茶飯事です。
試しにフランス一の難道 パリの凱旋門のロンポワン(蛸足状に道が広がるロータリー)に
チャレンジしてみて下さい、多分あなたは生きた心地がしないと思います。
先は長いからと相手にしないで、ひたすら前ばかり見つめて一路南へ。


料金所がこれまたぶつ切りで、あっちでジャラジャラ
こっちでジャラジャラと投げ銭方式の料金徴収、効率がかなり悪い
日本みたいに1枚のカードで最後に精算にすればよいのにと思いますが。


二度ほど休憩をしたが、日本みたいに休憩場に自動販売機が
24時間稼動している訳ではない。
(すぐに壊されて商品と現金を奪われるので自動販売機は基本的にありません)
つまり、高速に深夜乗って降りるまでは、
飲み物や食事は全て自分で用意しなければいけません。  


ディジョン→リヨン→ヴァレンス→イタリア方面とスペイン方面への
分岐点オランジュという小さな町に着いた時には
夜が明け始めて疲労も極限状態でした。
『少し眠ろう』。あちらの戸外で眠るのは非常に危険ですが、
回りの皆さんもみんな車の中で仮眠を取っていらっしゃるので
ここで、追いはぎには遭うまいと、勝手に安心して仮眠を・・・・。



2時間があっという間に流れて、
朝日がギンギンギラギラとやけにまぶしい。
とっても眠いんだけど、「行かなくちゃ」。
外に出て軽い体操をしていると、オランジュの街の
北東に初めてなのに、見たことのある何故か懐かしい山が・・・・。


その時は解りませんでしたが、その山はセザンヌが
生涯書き続けていた、サント・ヴィクトワール山でした。
画家の正確なデッサン力には、脱帽です。
いよいよプロヴァンスに来たと言う気がしてきます。
アヴィニヨン→エクサン・プロヴァンス→ニース行程は後残りわずか。


南フランスの空気は特に透明?です。
空の青いこと、赤茶けた大地は延々とスペインまで続いています。
海を南に見ますので、日中は光る明るい海です。
なんだかとっても嬉しくなって、運転にも力が入ります。
ここが、『木を植えた男』の舞台になった所。
ピーター・メールが書いた「プロヴァンスの12ヶ月」の舞台
一度でよいから、ひと夏 ニースでヴァカンスを過ごしてみたかった。
横で寝ていた彼女も起きだして、お腹が空いたと騒ぎ出す。
お昼はサラダ・ニソワーズにス-プ ド ポワッソン
(ニース風サラダに魚のスープ)と大はしゃぎです。
もちろん、よく冷えたコート ド プロヴァンスも・・・。


途中の仮眠や休憩で予定が大幅に遅れましたが、約16時間
昨日の夕方6時にブリュッセル発ニースには翌日の午前10時過ぎに到着しました。
予約しておいた、キッチン付きのニース中央市場横のホテルは
掃除がまだ終わっていないので、14時過ぎにお出で下さいとのこと。
ホテルの前に車を止めて、ニースのメインストリート
プロムナード デ ザングレーズ(イギリス人の散歩道)を散歩する。
青い空、青い海、特に海の色が刻一刻と変化して美しい。


1時間ほどして車に帰ると、ヴァカンス初日に事件が・・・・。
  1. 2008/07/23(水) 19:59:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

今日からヴァカンス!

と言っても、学生の皆様のお話ですが。
長くて短い夏休み、勉強なんぞはそこそこにして
熱射病になって死なないぐらいに、遊び呆けてほしい。

さて、我々の話であるが、日本は先進国で最もお休みの少ない
国であろうが・・・・。
平均したら、夏休みなんぞは4-5日もまとめて取れれば
良いのではないでしょうか?

フランスやベルギーでは、フランスのパリ祭
(他所の国の革命記念日を祝うのは日本人ぐらいですが)が
終わったぐらいから、みなさんヴァカンスを取り始めます。
夏のヴァカンスで1ヶ月、冬でも2週間ぐらいは取ります。
1年に366日雨が降る。
(1年はもちろん365日です、ベルギー人はそれだけ雨が降ると強調したいだけです)
暗い街で暮らす人々にとって、南の太陽は一種の憧れです。
地獄の沙汰も金次第・・・・。
楽しいヴァカンスに必要な先立つ物ですが、
基本的に日本みたいにボーナスなんぞはありません。
前年のバカンスが終わった時から、彼らはコッコツとお金を貯めていきます。
もう少し、マシな職場ならコンジェ・ペイエと言って
バカンス手当てとして、1ヶ月分丸々給料をくれる所があります。
私は、頂いていましたが、働きの悪い方にはもちろんありません。
お金、カード、小切手台帳、お好みの支払い方法の出来る現生を
(個人で小切手を切ることが多いですカフェでコーヒー1杯でも支払えます)
持ったらさあ出発です。


またもやゲルマンの大移動かと思われるぐらい、高速道路は
キャンピングカーを、牽引した車で埋め尽くされ
何の為の高速道路か理解できません。
炎天下時速80-90kmでノロノロ進まれたら一般道路と変わりありませんが。


私も毎年夏に1ヶ月、冬に2週間ヴァカンスを取っていました。
一番多く出掛けたのが南フランスとスイスでした。
ニースに4回、スイスに3回 どちらも、ハイクラスな避暑地です。
お安く済ませたいなら、スペイン、ポルトガル、イタリアなどいかがでしょうか?



幌馬車隊キャンピングカーの行列とノロノロ付き合っていたくないので。
私の出発はいつも夕方になります。
ブリッセル→ニース間約1200kmを約14時間で走り抜けないと、幌馬車隊に捕まります。


簡単に書くと、一晩でサイパン島までの半分の距離
つまり東京→硫黄島まで行く事となります。
九州地方の方に解りやすく説明すると福岡から
一晩で福岡→鹿児島の指宿までを、2往復する事です。


用意はいいか?死んでも知らんぞ!


初めの150kmブリュッセルからフランスの国境の町リールまでの
道程がこの旅で一番素晴らしい。
よく、ドイツのアウトバーンが素晴らしい高速道路だと
言われていますが、ベルギーの高速道路に比べたら
街灯は無いし、いくら無制限と言っても所々でいきなり
80km制限だったりと、あまり感心せんね。
それに比べて、我が祖国ベルギーの高速道路
国民は高速道路の使用は全て無料です。
外国人も入国時に料金を1回支払えば後は
滞在中は追加料金は無しとなります。

ほとんどの道が片側3斜線、その外側と内側に緊急用の
スペースが1斜線ずつ確保されて、街灯は煌々と灯されて
真夜中に無灯火で180kmの高速で運転しても、あなたの
車が問題なければ、何の不安もありません。
(ただし、スピード違反で捕まりますが)
まるで、飛行場の滑走路のごとき明るさ。
その時私の車はBMW323i ナンバープレートは天下御免の
外交官プレート、事故でも起こさない限り捕まらない
アンフェアーなナンバープレート 車は平均時速180kmで一路南へ


で車は順調に距離を稼ぎパリへ、いつもなら遊び呆けに
行くところですが、指針はさらに南へ
一路マスタードで有名なデジョンを目指します。
助手席で騒いでいた、今回のバカンスをいっしょに過ごす女性は
早々と眠りに入っています。
車の運転が上手い事、これはヨーロッパの男性の必須条件です。
「彼は運転が下手」。一度この烙印を押されたら
「彼はインポ」。と同義語です。
以後女性と、楽しい時間を過ごすのは少し難しくなります。
あなたがショファー(運転手)付きのベントレーでも
お持ちなら もちろん話しは別ですが・・・・。

フランス映画「タクシー」の中で主人公のドジ刑事
エミリアンは運転免許すら取れない駄目男として描かれています。
基本今回の様な、ハードなドライブも男性が一人で
全工程を、運転して行く事になります。
アラモード(現代風)と言って、女性に運転させて
彼の方が助手席にふんぞり返っている場合も、もちろんありますが。


今回も続きます。
  1. 2008/07/22(火) 10:46:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ポトフ

ただいま、全身が断裂した筋肉の修復をしようと
大量のコラーゲンと蛋白質を必要としているらしい・・・。

夏のメニューのコンソメゼリーのためにコンソメを引く
コンソメを引くと言うけど、果たしてどの文字が正しいのか
日本語わからん人間には困ったことですが。
轢く、まさかね。挽く 少し怪しい。弾くありえねー。
曳く、んな訳は無い。


コンソメの引き方
1日目、鶏がらと香味野菜でしっかりとしたブイヨンを取る。
2日目、昨日のブイヨンに鶏がらと香味野菜を加えてダブルブイヨンにする。
鶏がらの抽出時間は6時間でそれ以上は無意味です。
3日目、今回は家禽のコンソメConnsomme de Volailleの取り方ですが
Consomme de Boeuf(ビーフコンソメなら牛肉だけで作って下さい)
ダブルブイヨンの中に、あなたの家計が許す限りの
牛脛、もしくは牛頬肉を脂身を良く取り除いて大き目のぶつ切りにして入れて下さい。
料理の本には、筋もよく取除くと書いてありますが。
料理の本は、時としてパロディージョーク集ですから
筋は取除かないで下さい、筋に旨みやコラーゲンがたっぷり存在しています。
肉は1cm角に切りますと、またまたお馬鹿ジョーク集には書いてありますが
そんな事をしたら、美味しい和牛のホホ肉が食べられなくなります。
ぶつ切りにこだわって下さい。


で今日のテーマのポトフですが、コンソメと同時進行で作ります。
お好きな野菜をダブルブイヨンでくたくたになるまで煮込んでください。
私はジャガイモ、人参、玉葱、セロリ、深葱、ブロッコリーにしました。
あまり、香りの強い野菜はコンソメの風味に影響しますのでご注意下さい。
煮終わった煮汁はブイヨンに戻してかまいません。
ここで、又話しはコンソメに戻ります。
鍋に牛肉、玉葱、人参、セロリ、ニンニク、タイム、ローレル
粒コショー、玉葱の皮(カラメルなどを使わなくてもきれいな色が出ます)
トマトペースト、卵白、60度ぐらいのダブルブイヨン
全て入れてレンジに火をつけよきかき混ぜながら加熱をします。
72度ぐらいになったら、かき混ぜるのを止めて
沸騰寸前まで強火で加熱して下さい。
もう少しで沸騰する所まで行ったら、センターに穴を開けて下さい。
乱暴に扱うと濁りの原因になりますので、女性を扱うように
優しくかつ慎重に穴を開けて下さい。

コンソメを煮込む時間は2時間半ぐらいでけっこうです。
世界のびっくりジョーク集には6時間から8時間と書いてありますが
確かにm昔は、それだけ煮出して、漉して再度2番だしを取ったら
捨てていました。
でもそれではせっかくの、美味しいお肉が食べれません
味の深さを、煮込む時間ではなく、お肉の量で調整します。
2時間半の煮込みを終えたら30分休ませて
すぐに漉して、コンソメの入ったポットを流水に浸けて急冷してください。
夏場で運が良いと、3時間で腐る時がありますので とにかく急冷を心がけて下さい。


漉し終わったもろもろの中から、お肉を助け出して下さい。
表面のもろもろは気になるので、流水で一度良く洗って下さい。


コンソメは完成、今夜のディナーのポトフですが
鍋にお肉、クタクタに煮た野菜、コンソメを入れて再度火にかけて温めて下さい。
お笑いジョーク集には ポトフには塩もしないと書いてありますが
塩、コショーで下味を付けた方が美味しいと思います。

ブイヨンカップ、お皿を用意して。
まず、美味しいブイヨンを一口すすって(音は立てるな!)
美味しさにため息をつき、それからお肉と野菜をいただきましょう。
塩、コショーのみでも美味しいですし、
デジョンのマスタードももちろん合います。
変わった所で、バーニャ・カルダのソースやベアルネーズも
とても美味しいですよ。


明日の朝、首の痛みが消えていますように。
  1. 2008/07/20(日) 20:19:57|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晴れ後休み所によっては、どしゃ降り

明け方 両足のふくらはぎが同時につって、
一体これは夢なのか?うつつなのか?
あまりの激痛に悪態を吐いて見ても独りだし
じっとしているのが一番なんですが、何かの弾みに
脚に力を入れると、そこからまた奈落の底へ・・・。
1時間近くじっと?のたうちまわっていましたが何とか事なきを得る。
しかし、起き上がると全身の筋肉痛


原因は明白で、昨日の夜は貸切満席ディナーがあって
mikaちゃんはご主人と、デラックスカシオペア展望席
北海道旅行に出掛けたので、三日月姉さんと
何んと二人で、満席24名フルコースの対応をしました。
単にその疲れが、抜けきれていないと言う事です。


朝の7時から23時まで、それこそ飲み物と例の如く
梅干のみで、(食べると集中力が無くなるのです)
ハイテンションで仕込みをこなしましたが
自分でも何の因果か、よくもまあ1日飽きもせず
集中力が途切れずに仕事が続けられるなーと感心して
こんな自分を、けなしてやりたい気分でしたが?


心配したディナーの対応も恙無く、皆さん大喜びのドンチャン騒ぎ
(私のお店はその様な大騒ぎをするお店ではないのですが)
お帰り時は、満足至極でした。


5分だけ休憩して、片付けに入るとさすがに
おかしな事を言い始めて
なぜか、よしいくぞうの「俺は田舎のプレスリー」。を
歌い始めた時は、もう駄目でした。
それでも何とか、洗い物を終わらせて。
テーブルの位置を元に戻したらアウト、セーフ、よよいのよい!


眠ったら明け方、脚がつるまで意識はありませんでした。


忙しくなると楽しくて、テンションが上がって良いのですが
朝から汗の掻きっぱなしで、ミネラル補給に気を使っても
やはり足りないのです、すると電解質に異常を来たして
明け方の惨劇になります。


今日は朝から梅干&にがりも(量を間違えると下痢をします)
少量摂取したら随分楽になりました・・・・。
一抹の不安を感じたので、普段は馬鹿にして見向きもしない
総合ビタミン錠も貪り食いました。
そんなこんなで、ランチの後片付けも終わったので、筋肉をほぐしに
今から水泳に行って来こようと準備をしたら。


台風の影響で福岡は夕方から大雨の予報。
私が泳ぎに行こうとするといつも雨降り
まあ、私はトイレットペーパーではないので
雨に濡れても溶けませんが・・・・。


わーい夜はお休みだ!
予定の無いお休みは、雨降りが好き。

では、皆様も楽しい夜を。
  1. 2008/07/20(日) 20:15:01|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インシ アッラー 2

昨日は、移民や外国人の出稼ぎ労働者の貧困な面に光を当ててみたが
インシ アッラーで書きたいのは別の事である。

仕事上仕方なく彼らと組まなければならない時・・・・。
一種の諦めた気持ちで仕事に取り組む。


彼らは仕事のサポートをしてくれるわけではない。
ラテンの人間が仕事真面目などと言うつもりはまったく無いが
アラブのおじちゃん達に比べたら、地獄で天使に出会ったような気持ちになります。
つまり、何事にも例外という物が存在するが、
彼らは筋金入りの怠け者である。
逆に彼らがノーマルな人間だとしたら、やはり日本人は
異常な仕事中毒であろう。


日本人スタッフが10分でやる仕事を20-30分はかけて
流暢にやっていなさる。
ここで、日本人と組ませると仕事上のバランスは
取れるかも知れないが日本人に異常に負担がかかる
それから、仕事が終わると必ず仕事を一人でこなしたような事は言う。
仕事は、雑でいい加減である、およそ考え付けるだけのズルを平気でやるし。
たまにこちらが怒ると、始末に終えず出来る者が出来ない奴の面倒をみるのは
当たり前などと言い始める始末。
お前は出来ないんじゃなくて、やらないんだ
お前のやっている事は、サボタージュだ!と言っても
柳に風、アラブ人に念仏どうしようもありませんでした。


その様な時に、問題を一気に解決するおまじないの言葉があります。
今日はみなさんに、特別に教えてあげます、
「インシ アッラー」。(神の御心のまま)といいます。
アラブ人がこのカードを切ったら、勝負はそれでお仕舞いです。
自分の行動の結果責任は、自分のせいではなく
自分はただ、アッラーの御心のままに行動しているのだから
自分には何の責任も無いと言う事です。


別に彼らは、彼らのルールに従って生きているだけですので
彼らの世界で生きていく分には問題ないのですが。
異教徒の我々と付き合うには問題がありすぎです。
生活の全てが宗教を中心に回っているので
正月神社、葬式仏教の我々には理解するのはまず、無理でしょう。
相互理解の観点からしても、彼らに言わせると
我々は神も信じないで地獄に堕ちる奴らだそうです。
日本には800万柱も、神様が居ると言ったら
驚いて露骨に嫌な顔をされました。
理解したいけど、宗教の壁のために理解できない
深い闇を見たような・・・・。

「インシ アッラー」と呟いてみる。
  1. 2008/07/20(日) 00:24:08|
  2. 昔々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

インシ アッラー

映画「アメリ」。ですっかり有名になった
モンマルトルの丘(晴れた日、サクレクール寺院からの眺めは最高です)
丘を少し下ると ロートレックのポスターで有名な
ムーランルージュのギャレットの赤い風車のあるピガール広場。
そこから少し行くと、いきなり風景が変わります。
パリのバルベス地区は、マルセイユのベルゼンスと並んで
ヨーロッパ最大級のアラブ人街です。


朝夕の礼拝の時間が近づくと、壮大な回教寺院から
アザーン(礼拝へのお誘い)が大音響で響き渡る。

アッラーフ・アクバル
アッラーフ・アクバル
アッラーフ・アクバル
アッラーフ・アクバル
「アッラーは偉大なり」(4回)
(この句はタクビールと呼ばれる。宗派によっては4回でなく2回)
アシュハド・アン・ラー・イラーハ・イラーッラー
アシュハド・アン・ラー・イラーハ・イラーッラー
「アッラーの他に神は無しと私は証言する」(2回)
(この句はシャハーダと呼ばれる)
アシュハド・アンナ・ムハンマダン・ラスールッラー
アシュハド・アンナ・ムハンマダン・ラスールッラー
「ムハンマドは神の使徒なりと私は証言する」(2回)
(この句もシャハーダと呼ばれる。上の句と合わせてシャハーダターニと呼ばれる)
ハイヤー・アラッサラー
ハイヤー・アラッサラー
「いざや礼拝へ来たれ」(2回)
(この句はハイアラと呼ばれる)
ハイヤー・アラルファラー
ハイヤー・アラルファラー
「いざや成功(救済)のため来たれ」(2回)
(この句もハイアラと呼ばれる。上の句と合わせてハイアラターニと呼ばれる)
アッラーフ・アクバル
アッラーフ・アクバル
「アッラーは偉大なり」(2回)
(タクビール)
ラー・イラーハ・イラーッラー
「アッラーの他に神は無し」
(この句はタフリールと呼ばれる)

中近東に旅行された方が回教寺院から、コーランを唱える
声が聞こえたとありますが、実はコーランではなく、ただの礼拝へのお誘いです。


モスリムの方々は1日5回も、礼拝をする。
フランスのレストランなどには、必ずアラブ人か、黒人の回教徒が
下働きの従業員として雇われています。
下働きばかりでかわいそうなどと思っているのは、
あなたが何も知らない日本人だからでしょう。
かれらが国にいて、食うや食わずでいるよりは、フランスで
出稼ぎをして家族を安寧に養ってやれた方がとりあえず安心です。


エトランジェ(外国人)だからと言って差別を受けても
フランスもベルギーも民主国家です。
自分の国のお話しにならない、人権侵害よりはましです。
でも、実際職場で彼らが、虐められているのを見るとけっこう
悲しい思いがしました。
ひどすぎる行為に対しては、同じ?有色人種のよしみで報復をしましたが
(肌の色が無い人なんていないのに不思議な言葉です)
悲しいのは、フランス人もベルギー人も日本人は
自分たちの側だと思っている事でした。

国の力が外国で暮らす人間の処遇を決めてしまうのは事実です。
フランス人と喧嘩する時は、
「お前らがまともに作れるのは、パテとフロマージュぐらいじゃねーか」。で
話しが終わってしまいます。
工業製品では、どうしても太刀打ちできませんでした。
若いアンちゃん達が欲しがる、モトー(オートバイ)は
ホンダであり、カワサキであり。
家にある、まともな電化製品は全て日本製品。
輸出するものは、安価な労働力だけ?の国は可愛そうですが
そんなふうに扱われてしまいます。
その扱いを、決して容認している訳ではありませんが。


彼らは、賄いも違います。
まず、豚肉は食べません、うろこの無い魚も食べれないし
色々様々な宗教上の制約があります。
寺院に行けなくても、時間が来ると礼拝用のタピ(敷物)を
広げてメッカの方を向いて額ずきます、何度も。
外国人の彼らがどうやってメッカの方向を 知るかと言うと
世界のどの場所(南極や北極の極地は無理)にいても
必ずやメッカの方向を指し示すありがたい コンパスがあります。
初めて彼らの礼拝を見たのは、レストランの夜サービスに入る時
着替えの最中に、クボイ(アルジェリア人)がいきなり礼拝を始めた。

こちらは、パンツ1枚だし それでは彼の宗教に対して失礼だろうと
慌ててズボンをはきましたが、何もロッカールームでお祈りをしなくても・・・・。



何気に書き始めましたが、面白くなってきたので
今回もシリーズ物にします。


  1. 2008/07/19(土) 03:23:19|
  2. 昔々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

凍みる。

数学の確率には、ばらつきと言う物があるが。
レストランのお客様の来店動向にも、大いにばらつきがあります。


昨日の土曜日は暑かったので、ランチタイムは暇であろうと仕込みも控えて
夜のご予約の仕込を、休憩までに完全に終えようとしていると。
一組、二組、とバラバラに予約が入り
満席ではないが 気が付けばLet's dansu!(さあ、踊ろう私の店で忙しい時に
スタッフが声を掛け合うのがレッツ ダンスです)状態

mikaちゃんに今日はまるでレストランみたいだと言ったら
笑われましたが・・・・・。
ばたばたとけっこう大変でしたが、昨日人生は私に微笑んでいてくれたので
皆さん大満足、帰り際の『本当に美味しかった』。の一言に
厨房もサービスもどれだけ救われた事か?


最後のゲストが帰ったのが3時過ぎ、通常は賄いの時間で
mikaちゃんが、毎日でもフォーが食べたいと言っていたので
美味しいフォーを用意はしていたけど
とてもそこまで、行き着かずせっかく丁寧に取ったフォーの出汁は
流しに流されて、玄界灘へ。
ガスパッチョの仕上げ、渡り蟹のパスタソース、海老をご所望なので
オマール海老を3匹ほど、さっと下茹でして解体、茄子をスモークしてムースにして、
メインの鶉を解体骨を全部はずして 1枚に広げる
魚の鱸を、人数分カットしてさばいた、あらで出汁を取り
白ワインを加えて、それをひたすら煮詰めてソースを作る。
ちらかった店を一度清掃した後、テーブルセッティング
月日が経つのも夢の内 あっという間にディナータイム


昨日のディナーのゲストは けっこうと言うか、かなりと言うか気を使う方ばかり。
適度の緊張が心地よい、何の問題も無く
途中誕生日のお姉様方のテーブルでいっしょに記念撮影
メイン&片付けに三日月姉さん合流、昼夜とも
みなさん大満足で経営者としても職人としても
幸せな土曜日でした。

ガスパッチョは、加熱調理していないので
2日しか持ちません、mikaちゃんとえみた姐さんに
もらってもらう事にしました。
二人の分をつぎ分けて、残りを三日月姉さんと分けていただきました。


考えてみれば、朝8時に仕事を始めてから飲まず、食わずで14時間
ぶっ通しで仕事を続けて、口にしたのは味見と、梅干2個
(キッチンの中は最高45度ぐらいの高温になり、1日中汗を
掻いていると、ナトリュウム不足で突然歩けなくなります。
クエン酸回路の維持の為にあまり得意ではない梅干は必ず食べています)
多量の水のみだったので仕事後の、ガスパッチョは凍みました。
ぐびぐびと2-3杯飲みたい気分でしたが、皆さんの分がなくなるので諦めました。


片付けが終わって涼んでいると、えみた姐さんが艶やかな
出で立ちで現れてしばらく歓談、作品作りに追われて少し
お気の毒、mikaちゃんも混ざって楽しく話しが弾んでいたのですが
私の、バッテリーとクエン酸回路が残が殆ど無し。


えみた姐さんをもう少しいじくってあげたかったのに・・・・。
次回は、大濠の花火大会で会いましょうと言う事で解散
やっと、空腹を感じ始めたので三日月姉さんと深夜の
焼肉屋さんに焼肉を食べに行く。


そこでの、回りのお馬鹿な客の振る舞いや
確信犯な牛肉の偽装事件など非常におもしろいネタの宝庫でしたが
それは、また今度別のお話し・・・・・。


今日は、ゆっくり休みます。
  1. 2008/07/14(月) 15:51:04|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マフィアの集会

「おい、野郎共物(ブツ)の引渡しは午後3時に例の場所だ」!
「へい、がってんだ」!


と、言ったか言わなかったか知らないが
3時に黒塗りのベンツが私の店の前に止まり
中からいかにも胡散臭そうな 親父が2名現れる


おひと方は、今時カンボジアの成金でもしていなさそうな
ロレックスのキンキラキンの金時計、昔バブルの頃に
流行りましたなーこの時計。
もう1名はご存知我らが、ヘル ヤマシロであるが・・・・。



最初は総勢5名で試食もしたいとの事でしたが、
まず、大嫌いな男だし それに私の店はイタリア料理店であって
カレー屋さんではないので、丁重にお断りする。



ブツの引渡しは、ほんの3分ほどで終わると思いきや
カレーショップ オープンのノウハウを
私から聞き出せるだけ 聞き出そうと しゃべるしゃべる。
きっと口の周りにサラダオイルでも、塗ってから来たのでしょう。



話せば話すほど 彼らの醸す胡散臭さと 良くマッチして
このプロジェクトが失敗する確信は益々深まるばかり。
とりあえず、店舗は見つかったそうです。
ただ居抜き料金が とにかく安かったので決めたと言う超アバウトな選択方法
前は中華料理店だったらしく、これで厨房施設の投資が安く済んだと
大喜びでしたが・・・。
次々に私から、オペレーション上の問題点を指摘されると
かなりお困りの様子。
客の回転率が物凄い、
入店、注文、調理、提供、喫食、勘定、退店以上のオペレーションを
8分間でこなす予定で、客は引っきり無しに来店するので
1日の来店数が300名と、開いた口が閉じない皮算用
養鶏場のニワトリだって、もう少しゆったりとましな食事をしていますよ。


このプロジェクトは、まず無理と言いたかったけど、私には関係ない事でした。
そもそも、中華のハイカロリーバーナーがカレー屋さんに
あっても仕方ないと私は思うのですが・・・・・。
(これ以上は、契約に入っていないサービスなのでそこそこでやーめた)


技術指導は別途料金を見積もりますよと
お伝えしたら、少し蒼くなってお気の毒・・・・。
なんですが、私もプロですのでお金になる技術を
ただと言うわけにはいきません。


マフィア御一行様は結局1時間粘りに粘って帰りました。
  1. 2008/07/13(日) 17:22:34|
  2. 友人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かれいしゅがする?

この、2-3日はヘル ヤマシロから電話の嵐
否と言えないのは解っていたので放置プレイと決め込んだら
お店まで来る実力行使。

「なんでっか」。とわざと大阪弁で話しても
本人そんなことは何処吹く風とべらべらと話す
内容はやはりカレーの話しで、何とか私を新たなる不幸に巻き込もうと
創立メンバーに入ったらいかがかかと。
これは絶対に当たる企画だからと、力説されても
私は爪の垢ほど当たるなどと思っていません。

そしたら、矛先を別な方に向けて立ち上がりの
たたき台のカレーのレシピーを作って欲しいとのリクエスト・・・。


だいたい、レシピーを作るにしても 考える私自身が少しも
当たるよい企画だなどとは思ってもいないんだけど
それでもいいなら考えるけど、どうする? 

夏には素敵な女性と、遠くに行きたいなどと考えていたので
少し余分なお小遣いも欲しかったので、手数料は最低10万円
他に材料費で1万円、友達料金出血大サービスだけど、どう?

これだけ言えばあきらめるかと思いきや、次の日には
ニコニコして、この際時間がないので社長がぜひお願いしたいと
返事を持って来ました。
但し、自分にリベート(仲介料)を20%よこせと、言って抜け目の無い奴。
まあ私は、既にできているレシピーを渡して8万円ですから?
損したような、得したような・・・・。


そんな訳で今日1日華麗にカレーを作っておりました。
野菜沢山のキーマカレー、正統派ビーフカレー、コラーゲンたっぷりの牛筋カレー。
以上3品のカレーが先ほど完成。
今週末試食の後、気に入ったカレーのレシピーをひとつだけお渡しすると言う約束。
大手のメーカーさんはそれこそ、何千万、何億と資本を
投下して新商品の開発に励むのに、将来は全国チェーン展開する
目標のカレーショップの開発費が10と1万円?

安すぎる何とかしてくれーと言いたい所ですが
この仕事は、スポットの仕事にして以後一切係わり合いにならない予定

完成してレシピーをお渡しした日には、みなさんにもレシピーを
公開します。

ので、お楽しみに

もし、この企画が当たったら、さぞや悔しい思いをするのでしょうね?
  1. 2008/07/11(金) 18:08:00|
  2. 料理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

否と言え!

ケータイに着信があった。
知らない番号である、伝言もないのでもちろん無視した。
その日の夕方に、またもや着信。
これも無視していると、今度は実力行使 お店のほうに掛かってきた
「ムッシュー話しを聞いて欲しいんだけど」。男の声である
私の事をムッシューなどと呼んでいるので多分知っている誰かのはずですが思い出せない。
「どちら様ですか」?
「あっすみません、山城です」。
「ひさしぶり、で?今日の用件は何」。・・・・。



以降のやり取りを要約すると、知り合いが今度カレーのチェーン展開を
始めるので試作品のカレーを作ったから、
ぜひ味のチェックをしてほしい、自分としては酸味が強すぎると思うので
改善点、他アドヴァイスなどあったらぜひ ご指導願いたいとの事
「5時半に伺います」と言って、電話は切れた。


5時半に伺いますなどと言っても、開店前で私は少し忙しいし、
大体この山城さん、先日の(呆れて、怒る6月5日)カトチャンペほどでは
ないけど、色々と私のところに問題を持ち込む
私はいつも程の良い無料よろずアドヴァイザーである。
職業はいつも変わっている、昨日も名刺が新しくなったと言って2枚の名刺をくれた。
どちらも肩書きは代表取締役つまりは、シャッチョウさんである。
業務内容は片方が、化粧品と健康食品の製造販売
残りが各種イヴェントのプロデュース、デザイン、CMの企画制作・・・・。


怪しい。相も変わらず怪しい。
私がホテルに居る時からの付き合いだから
もう随分長いつきあいになりますが、いつも今日みたいに
怪しげな商品の開発やプロモーションをやっています。
10年前もそうでしたし、今もそうです。
これはネタになる、何だかんだ言ってもこの男の話は面白すぎる。
と思ったのでとりあえず、話しを聞く事にしました。


これなんですけどと、これまた怪しげなマルキョーの
(福岡の安売りスーパーマーケット)袋から出てきたのは
”遊星からの物体X”ではなくドドメ色の更に怪しげな「カレー」
一口食べると畜生道じゃなかった?????。
「甘い、すっぱい、辛くない」。スパイシー、甘い、辛い、すっぱいなら
タイ料理のコンセプトではあるが、やたら甘く、すっぱく、カレーなのに辛くない。


『先入観を持ってはいけない、このカレーの良いところを見つけろ』。と
大脳新皮質から指令が出ますが、ふたくち目を食べると何やら生臭い
野菜は何も入っていないと言うか形状は残していません。
「所でこの怪力乱神(オカルト)は、誰がいかにして作ったのかね」?
すると、開発したのはズブの素人の彼の友人で
レシピーはこれと言って、見せてくれたのは業界をなめるなと
言いたくなる、食材の数々


まず、第一のコース家庭の味編
カレールーがフォンドヴォーディナーカレー、コクまろカレー
ジャワカレー、とどめの一品ハウスバーモントカレー。


第二のコース本格インドカレー?の味編
牛脂(多分ギー<山羊の脂>の代わり?
合い挽きミンチ(キーマカレーをイメージしたのでしょうか?)
ガラムマサラ、クミン、ターメリックetc・・・・。
スパイスをブレンドするなら、なぜ市販の家庭用のルーを使うのか?
マンゴーチャツネ、フルーツチャツネ使用量にはくれぐれも注意しましょう。



第3のコース創作でたらめカレー編
ヨーグルト受け入れます、インスタントコーヒー、ココア?これだけどありかな。
ていめんジャン、ありえねー。ナンプラー在り得ねー。イカ墨アリエネー
(生臭かったのはさてはこいつらが犯人?)
こだわりのりんご酢(みんながやめろと言っているのに、本人頑としてやめないらしい)
有江ねー。
書いていくのも馬鹿馬鹿しいぐらいに、奇妙奇天烈大百科。


「感想は」?(おいおい感想を聞くのかね)
大学生の若いガールフレンドが、一生懸命に作ったから食べてと
ニコニコして持って来たら「ありがとう美味しいよ」と言って
食べたと思いますが、お金を払って食べるかと言うと
よっぽど悪い酒でも飲んでいたなら別だけど、まず750円払って食べないでしょう。
それから、レストランの開業時間は過ぎたのに
福岡市のカレーの市場が飽和状態であること、仮にこのカレー?で
始めるにしても作り方が、複雑すぎるので簡素化しないと
将来のチェーン展開はまず、無理でしょう。
インドカレーなのか?ご家庭カレーなのか?創作カレーなのか?
とりあえずは、はっきりしないと客はまごつく
大体顧客のターゲットを絞って、それに合わせて商品開発、出店をする。
捕らぬたぬきの皮算用で盛り上がって居る所悪いけどまあ、100%失敗でしょう。
本人と出資する、他の3人は1日平均300杯出て、荒利がいくらで
フランチャイズのロイヤリテイが、1000万だのたわけとしか
思えないことに、果てしなく夢は広がっていっていました。


本当に悪いけど店の賄いのカレーの方がはるかに美味しい。
他に、超1級シークレット情報も色々アドヴァイスをしました。もちろん全て無料です。
彼が帰る時 端からNon!と言えば良かったと後悔しました。


私の努力目標、とりあえずはNon(否)!と言う事でしょうか?
ちゃんとした。カレーの商品開発なら私がロイヤリティーに1000万欲しいぐらいです。
  1. 2008/07/09(水) 12:53:39|
  2. 友人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セレブリティ

別にゲストの悪口を書くつもりは毛頭無い・・・・。


私のお店のある福岡市薬院は、一応高級住宅街と言うことになっています。
特に浄水通りと呼ばれる場所は、中々センスの良いブティックやレストランなどがあり 
山荘道りと並んで福岡で成功したと呼ばれる方たちが家を持ちたくなる場所である。


我々が資本主義経済にドップリと浸かって 生きている以上
その、能力とほんの些細な幸運にめぐまれて人を使う人と、
ほんの些細な不運から人から使われる人の2種類の人間が
生まれてしまうのは明白であるが。
ここ数年のメディアの懸命な活動のお陰で
まるで雨後の竹の子の如く、巷に溢れかえる自称”セレブリティ”???
この、珍獣達はいったい何者なんでしょう。


今から書く事は私の周りの、若くして努力してかつ
運も自分の手でもぎ取った友人諸氏の事ではありませんので
決して「トマの奴俺達を妬んでいたんだな」と爆弾のプレゼントなど
着払いでお送りいただきませんように。
現金書留及び銀行振り込みのお知らせは、いつでも歓迎ですが。


”セレブリティ”なる言葉を最初に耳にしたのは
フランスはパリにある、ニッコー・ド・パリ
フレンチレストラン”セレブリティ”が初めてでした。
当時はジョエル・ロビッションがシェフをしていて
華麗まれなる才能で、ホテルとしては最高得点の二つ星の評価をされていた。
セレブリティの意味は元来、名声、高名、名士の意味のはず 3
実際、セレブリティの方のお屋敷の、厨房の末席を汚していたものとして
私の思うセレブとは?
まず、最低バトラーとコックがいて、車はもちろん運転手付き
他にメイドが最低3名他に庭師と門番が居るような
邸宅に住み、従業員が老齢で退職したら彼女達彼らの年金もしくは
多額の慰労金を払い、自宅でおきたさまざまなスキャンダラスな
秘密はお墓の中まで持っていってもらえるだけの資産のある方。
他に社会的に有意義な活動をしている方。
貧富で人を差別しない方。
(セレブの子弟の躾の厳しい事は有名です)
立ち居振る舞いが、セレブな方つまり
ノーブレスオブリージュ を理解し実践している事でしょうか?
他にも色々ありますが、最低のラインはこんな所でしょう?


近日にパーティをなさりたいと言って、ご近所のマンションの
おば様が他1名とランチにいらした。
お昼に20名ぐらいで、貸切パーティとの事でした。
はっきり言って、このおば様は大の苦手である
「みなさま、セレブですから」。このおばちゃん何かにつけて
「セレブ!セレブ!」。とうるさい。
自称高級マンションに住み、身に着けて入る物も
かなりなお値段はするとは、思いますがその立ち居振る舞いで
なんだか、とっても貧相に見えてしまうのですが・・・。


で、当日の食後のパーティの打ち合わせ
まず日程が未定?
予算は凄いお話しをなさるので
あまり、お安いのは失礼かと思いとりあえず
5000円ぐらいでいかがでしょうか?と訊ねると
そんな、高い物お昼には食べれないとおっしゃる。
3000円ぐらいで何とかして欲しいとの事        
でも、前菜にカルパッチョは食べたいとの希望
夏場は食中毒の恐れがありますので、お出ししていませんがと
言っているのに、食べたいの一点張り
3000円で前菜がカルパッチョで、パスタを召し上がって
メインにお肉かお魚、朝焼きパンとサラダ
デザートはカラフル、6種類盛り合わせ
それに、飲み物持込といわれた日には
「出口はそちらですが」。と言いたくなる。
(つまり、帰れ!ってことです)


当店のランチ最低金額の1800円のランチを、自称お金持ちが
召し上がろうが、天神からの追っかけOLのお客様が召し上がろうか
頂くお金は1890円でしかない。
お客様は平等である、自分が金持ち自慢をしたからと言って
レストランから ”スワイニエー”(特別客)として
扱ってもらえると思う方が、馬鹿である。


あなたが人品骨柄怪しからぬ人なら、あなたが何も言わなくても
周りの人はあなたの、扱いに気を使うはずですから
大した事もない、成金自慢をするのはこの際、止めていただきたい。
何かに同じような事を書いたら、客に対して失礼だと凄い避難を浴びたが
そもそも、ゲストとは何ぞやと考えると
もてなす方と、もてなされる方に分かれてはいるが
ゲストが別に偉いわけでもなし
「おととい来やがれ」。(1月18日)で書いた通り
もてなしてくれた人に、もちろんお礼は言うべきであるし
もてなす側の、社会的地位が下な訳でももちろんない。


最近巷を賑わしている”モンスター”
これからは、何処に出没するのでしょうか。


PS.パーティの日取りの連絡はまだ無い。
  1. 2008/07/04(金) 17:38:32|
  2. ゲスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポルトガル式結婚狂騒曲 2

6時半に始まった、披露宴。
宴もたけなわ、料理が止め処もなく出てくる、出てくる。
ワインもこの日は、お酢ワインでは無くまともなワインが好きなだけ


パウロ師と色々とお話をする。
フランシスコ・ザビエルはポルトガル人ではなく
バスク人だと言うことを初めて知りました。
日本の守護聖人が、フランシスコ・ザビエルなのをみなさんご存知でしたか?
パウロ師驚くほど、日本の事にお詳しかった。
奇跡の復興!十字を切る、奇跡の経済成長!十字を切り手を合わす。
最先端のエレクトロニクス、天を仰ぐ。
資源を持たない国が、これほどの経済大国になれるとは
我がポルトガルもとお嘆きになるが、
毎日あくせく時間に追われて、働く日本人より
心にゆとりを持って生活している、ポルトガル人の方が幸せだと思いますと伝えると
”汝パンのみに生きるにあらず”を思い出されたのか。
そう言っていただいて、心が休まりますと。


異教のというか、まったくの無神論者の私を大らかに受け入れてくれて
ありがたかった。
(大抵宗教の方とこんな席でお話しをすると、とても酷い
宗教論争になってしまいますが、)


基本、人嫌いな私が外に外に開いていく
年に1度あるか無いかの、人癲癇である。
辺りに居る人を捕まえて、色々お話しをしました。
相変わらず、じろじろ見られるし。
写真に一緒に写ろうと、会場の方全てと記念撮影をしました。
そうこう、しているうちにデザートに
みなさんは料理の描写を期待しているかと思いますが
はっきり言ってよく憶えていないぐらい食べました
あたかも、ピーテル・ブリューゲル描く「農民の婚宴」のような情景でした。
お腹は相変わらずでしたけど・・・・。


で、アトラクションの時間。
始まったのは何んと、王様ゲーム(本当の話しです)
この日のクイーンのディアナが、手当たり次第に
指名して無理難題を、吹っかけます。
「トマはベアトリスとキスする事」。
「トマは、日本の歌を歌う事」。
(なぜか、よしいくぞうさんの”追いかけて雪国”という古い歌をうたいました。
歌い終わって、あの歌はどんな歌なんだと聞かれたので
日本のファド(ポルトガルの演歌)だといったら、ふーんととても感心されました。
「トマは知っているだけのポルトガル語を話せ」とか言いたい放題です。



合コンもお見合いの無い国で
(今の日本にも この良き風習がなくなりつつありますが)
数少ない異性と巡り会う機会は結婚式の披露宴が肩代わりしてくれます。
何でも自由にしてしまう、ヨーロッパの北の富める国に
比べて、彼らは貧しく清いクリスチャンでした。
この夜も何組かの、カップルができていました。
披露宴の席が乱れるのは、洋の東西を問わないみたいです。
6時半に始まった宴会が0時を過ぎても、終わる気配すらなく
いよいよ盛大になっていきます。


明日は、朝5時にヴィアレアルを出発して
1日でイベリア半島を横断して、ボルドーまで行かなければならない
私としては、かなり心配な今夜の雲行き。
親友と呼べる数少ない友達の、ハレの日最後まで付き合いたいけど・・・・。
結局1時半に宴は果てて、それからみんなとクラブに踊りに行って4時に寝て、6時にはボルドーに向けて出発しました。


お腹ですが、ボルドーに着いてボルドーワインを飲んだら一発で治りました。
ヴィニョ・ヴェルデと炭焼きポルトガルの水が私には合わなかったようでした。
  1. 2008/07/03(木) 17:38:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポルトガル式結婚狂奏曲

さて、待ちに待ってもいなかったが、
仲の良い男友達の結婚式並びに披露宴の当日である。
気ままな独身生活は昨日でフィニ(おしまい)である。
一人の女性のために、他の全てをあきらめられるのかね?
毎日同じ女性のもとに帰れるのかね?



試しに、ダンテ・アリギェーリ伯の高名な「神曲」の
インフェルノ(地獄編)に、地獄の入り口の門には
”この門をくぐる者は、一切の希望を捨てよ”と書いてあるぞ!
と言ってみたが、幸せなルイース君はただニタニタと笑うばかりである。


新郎、新婦の友人がバカンスを利用してドイツ、フランス、ベルギー
イギリス、オランダ、方面から里帰り、
貧しい南の暑い国は、富める北の涼しい国へ、みんな出稼ぎである。
遠い所でアメリカは、ニューヨークなんて方も居ました。
言語がゴチャゴチャになってややこしい事この上ないので、ポルトガル語か(わかrませんが) フランス語か、英語に統一してもらう。



11時に教会まで乗せていってくれとの事なので、お迎えに。
車の中で突然「テモアン(結婚公証人?)はお前だからな」と言われても
何でも結婚式には新郎側で1名、新婦側で1名で式に参加して
司祭の横に立っていて式が有効であると証明する人が必要なのだそうであるが・・・。
「僕はポルトガル語解んないし・・・・」。
「心配しなくてもあれはラテン語だから俺も解らん
何でもいいから、何か聞かれたらシィ!シィ!(はい、はい)と答えろ」。との事
小さい子供のおしっこじゃなんだからそんなシィシィばかり言えるか。



教会に着きました、きっとそこはニューシネマパラダイスで
トト君が居眠りしていたような古めかしい教会を想像していたら。
何んと近代的でモダンな建物
もしかして、丹下建三さんのデザインかなと思って
回りの人間に聞いてみたけど誰も丹下さんを知らなかった
せめて、アルド・ロッシかアルフレッド・アリーバスぐらいにしておけば良かった。


結婚式のミサは厳かにダラダラと、真夏のヴィラレアルで続いています。
聖体(パンとぶどう酒)が新郎新婦に(これがキリストの体と血だそうです 後で僕にも食わせろと少し貰いましたがウエハースみたいな感じでした。)
与えられて、多分健やかなる時も、病める時も汝はこの女を
妻として愛し続けますか?などとお尋ねになっているのでしょう。
私にも何かお尋ねになったので「シィ」!と
(多分この結婚が有効なのか異議は無いかととお尋ねなんでしょう)だけ答えておきました。
式が終わって外に出て、湯豆腐でもできそうなぐらい
暑い中でまるでゴッドファザーの結婚式の様な
写真撮影があって、一同解散。


夕方6時に街のレストランを借り切ってのエクストラヴァガンツアー
(ドンチャン騒ぎが)始まるらしい。
お腹は痛みこそ減りましたが、相も変わらず「リスボン特急」。
夜のために昼はゆっくりしたかったのに、
明日で帰るから 遊ばないとつまらないと、わがまま娘が言うので
泊まっていたホテルのプールで午後いっぱい半漁人みたいに泳いでもうくたくたです。
何とか、1時間だけシェスタができました。


暑い中正装して披露宴会場に向かいました。
少し早く着いたので、あたりをうろうろ時間つぶして午後6時
いよいよ、会場に入ります。


私の席は何処?かなと探す間も、皆さんからジロジロ見られて恥ずかしい。
(よほど東洋人が珍しいらしい)
席はありました、何んと上座それも神父様と同じ席
ディアナパパ&ママと一緒(ルイスのご両親は体調不良のため
式のみの参加でした)
私は異国の結婚式で、末席の方でよかったのですが
気を使ってもらってありがたかった。
スペイン産のカヴァ(発泡酒)で乾杯
テーブルの上にはすでに所狭しと、料理がクロスの上に直接置いてあります。
「解ったこれを、食べればいいんだ」。と彼女と二人、ポソポソ食べていると
ノンノン!食べても良いけど後の料理が入らなくなるから
食べるなと言われた。
これは、テーブルの飾りですとも、言われた。
料理はその後、とんでもない量がこれでもか、これでもかと出てきました。


同席の神父様のお名前はパウロ神父。
席に着くとこの方突然、「今晩は」と日本語で挨拶をされる。
プルケー?(何故)
彼の弟も神父で日本に派遣されているので
先ほど電話して日本語を教わったとの事、
フランス語も堪能でいらしたので、フランス語でお相手をしていただく。


明日で、何とか最終回。
請うご期待?
  1. 2008/07/02(水) 03:36:43|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

見知らぬ村で

昨夜、ガールフレンドの家で珍しくTVなんぞの観賞に耽っていると
突然、「世界ふれあい街歩き」が始まる。
今夜の街はポルトガルは、リスボン。
これは、きっと書きかけのポルトガル紀行を書き上げて、
すっきりしなさいとの天の声かと思いました。

で・・・一度投げ出した事に再チャレンジです。


ヴィラレアルの最初の悪夢の一夜が明けても
相変わらず我々の下痢腹痛と車のラジエーターは治らず
まずは、ガレージに行って修理を依頼するが・・・・。
「アマニヤン」。

フランス、イタリア、スペイン、ポルトガルこれらのラテンの国々で
一番使用頻度の高い言葉は、多分「明日」!
それは、フランスではドマンであり、イタリアではドマーニであり
スペインではマニヤーナであり、ここポルトガルでは「アマニヤン」
明日だ!全てが明日だ!

車のラジエーターはいつ届くのですか?
「アマニヤン」!(明日だ)
次の日ガレージを訪れても、私の車は1mmたりとも動いた様子も無く
もちろん、修理が終わっているわけなどなく。
「お約束は今日でしたね」と念を押しても
「アマニヤン」!(明日だ)で全ての話しが終わる。

移動ができなくて、ストレスが溜まる一方なので
とりあえず、車は取り戻し30分ごとに給水して乗る事にした。
ガレージのおっちゃんに別れ際に「いつ。修理ができますか」と
たずねると、ニコニコしながら自信満々にこう言った「アマニヤン」!


ルイースもついに年貢の納め時で、夕方から彼女の
ご両親にあいさつに行くから、送って欲しいとの事なので
行きましたよ、舌を噛みそうな田舎道をゴトゴトと・・・。
途中家路を急ぐ牝牛の群れに遭遇。


昔見た何かのコマーシャルに同じような風景がありましたが
現実はあんなに牧歌的な事などこれっぽっちも無く
家路を急ぐ牝牛さん達は、なぜかものすごく凶暴で
彼女達と交差する間車は止まっているのですが
向こうからガンガンとぶつかってきます。
おかげで、サイドミラーはおとといの方を向いてしまいました。

ディアナの家に到着、門を開けてもらうと
いきなり2匹の黒い影、何んと2匹のジャーマン・シェパードが
牙を剥いて我々を歓迎してくれています。

ディアナのパパに「こいつら、腹は減っていませんよね」?と
訊ねたら、ゲラゲラ笑って
「餌はさっきあげたから、今夜は食われないよ」と答えてくれた。
ルイースの義理の両親への挨拶が済むとさっそく、酒盛り
ディアナパパは、農業と牧畜で生計を立てていますが ワインももちろん自家製です。
ディアナの家は1階が、家畜小屋。牛と、豚がいました。
2階、3階が住居です。
家畜小屋の横にカーブと言うか ワインの貯蔵庫がありました。
案内してもらうと、そこにはありとあらゆる酒瓶に詰められた
「田舎正宗」があります。
ためしに、1984年物のシャトー・ヴィアレアルのエチケには
チンザノと書いてあります。
同じ年のやはりこれも。シャトー・ヴィアレアルは
何んとビーフイータのジンの瓶に瓶詰めされています。



フランスやイタリアの洗練されたカーヴを見ていると
福岡ドームでホークス対ライオンズ戦を見ていたら
9回の終わりに突然、隣にエイリアンが座っているような気分になります。
ディアナ、パパはワインのボトルを7本ぐらい
何処かのスーパーからちょろまかして来た、買い物籠に入れて
ニコニコしながら、サロンにやってきて
次々と抜栓して、一口飲んではなんだか酷い悪態を
吐いてしかめっ面をしています。
6本目のワインでやっと、小首をかしげて
その後ニコニコして「飲め」とボトルを差し出す。
生まれて初めての、農家の手作りワイン。
期待に胸を膨らませて一口すすると
たちまち、地獄への特急便。
わたしも、下品ですがフランス語で「メルド」!と悪態を吐いてしまいました。
彼は、悪びれる様子も無く「やっぱり駄目か」と訊ねます?


私は出された物は殆どなんでも、飲んだり食べたりできますが
こればかりは、「お助け」!でした。
どのくらい凄いかと言うとですね、美味しいワインだと思って
ワインとワイン酢を1対1でブレンドした怪しげな飲み物を飲んだと想像して下さい
そう言う事です。あれはお酢でした。
仕方がないので、お土産に買ったヴィニョ・ヴェルダを進呈する。
これでも、つまみなさいと彼が、昨年の秋のよく晴れた日かどうかは
知らないけど ある日ピストルで密殺して作った生ハム。
1年熟成なのに、よほど乾燥しているのか鰹節みたいに旨味が出ていて
記憶に残る味でした。


そのうち、ご近所の方々がこぞってルイースではなく、私を見に来る。
名づけて”我らがヴィアレアル村の初めての日本人”でした
見知らぬおば様や姉ちゃんにキスされたりと
手厚いおもてなしを受けました、何事も自分が中心じゃないと
気に食わない彼女は「トマはもてもてじゃない」とまたも低気圧。
その間も我々二人は、トイレが友達でした。

素晴らしい、ヴィアレアル2日めの夜は更けて行きました。
車はいつ直るのかって?


「アマニアン」!明日だ。
  1. 2008/07/01(火) 13:25:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。