シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

折れる。

毎日毎日僕らは引越しの
荷物整理で嫌になっちゃうよ

ついに、後36時間で引越しである。
今のマンションに6年住んでいたので
あるは、あるはガラクタの山、
重量にして1.5tのゴミはは捨てたでしょう。


悲しかったのは昨日、オーダーメイドのスーツばかり10着まとめて捨てた。
収入の良かった時に、仕立てたスーツだから安くても30万円
(すみません、根が貧乏性なので)高いのは
値段を言いたく無いぐらいの物で、あの頃はと・・・・。
ついつい追憶に耽ってしまいました。


その他将来のガールフレンドが、見たら多分気分を害する
昔の女性からの手紙、写真等・・・・。
(香港のイケメンスターみたいなきわどい写真や手紙はありませんでしたが)
この際とばかりに ドーンと捨ててみました。
新居では畳に寝てやろうと、一人で寝ていたw-ベッド、洗濯機、パソコン
この際です、拾う人生があれば捨て去る人生もあってもいいかな?


悲しいのは、毎日少しづつ自分一人でしなければならない事で
前が見えないくらい大きな荷物を 抱えて歩いていたら
床に置いたワインの木箱を、素足の左足で思いっきり
蹴ってしまい5分ぐらい、知っているだけの神様を罵って
何とか痛みが減ったかなと指を見たら、
左足の中指と薬指がドス黒くはれ上がって、
見ているまにパンパンになり、昔骨折したときと同じ痛みが


運が悪ければ骨折かひび、運が良くてもかなりな打撲
夜中だし、救急病院に行くほどは無いと
とりあえず炎症を抑えるべくアイスノンで冷却、
次の日、左足にはこれも捨てる予定のトイレのスリッパを履いて
整形外科病院まで歩いていった。

保険証を出して15秒もしないうちに、待合室の廊下に
おじいちゃん先生現る、どうしましたか?

昨夜からの経過を話す、とりあえずレントゲンを撮りましょう
と、この爺さん今度はレントゲン技師の早変わり、
痛い足を色々まげて写真を2枚とってくれた。
でも廊下のドアは開けっ放しで、みなさん被爆しますよ
とも何んとも仰ら無かったが・・・・・。


まだ何の診断もしてくれないのに、いきなりマッサージチェアーに
横にされて、パンパンに腫れた患部に何やら謎のクリームを
ベタベタ塗られて、いきなりスペシューウム光線を照射された、
気が付けば 周りはお年寄りばかり、枯れ木も山の賑わいで
来るべき病院の選択を間違えた事に 気付きました。


運よく打撲で腫れ上がって、それでもかなりの炎症による
患部の発熱があるのに、暖めてどうする?????。
炎症が治まるまで、とりあえずは冷やすだろー。
朝の忙しい時間 20分もマッサージチェアーは
無駄に振動を続け、私は「日々是、好日」と書かれた
武者小路実篤の、かぼちゃとなすの絵を見て過ごした。

20分後晴れて開放、「君は骨が丈夫なんじゃねー。
普通こんだけ腫れれば、折れているんじゃがなんとも無いよ」。
「シップと痛み止めを出しておくから・・・・」。

それだけ。
私は人より骨折をしやすい体質だから
念のため来ただけなのに、何やかにやで1時間
爺ちゃんありがとう・・・・・?


医者と言うより、整骨院か針灸の先生みたいな方でした
足は今でもドス黒く腫れていますが
折れていないなら、たとえ火の中 ぬるま湯の中。


さて、帰って荷物の梱包をしよう。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/30(日) 00:23:54|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

絡まれる。

一昨日仕事が終わって、さて今夜も引越し荷物の梱包かーと
一人で愚痴ってしまいましたが・・・・。

今日だけは早く帰って、ペットボトル及びビン類を
ゴミとして出さなければ大変なことになると
(私の地区は月に一度で第4火曜だけ)
急いで帰ろうとしていたら、闇を切り裂く でぶった黒い影。
「お疲れ様です」と言って入って来る。
返事はいつも「なんやおっさん」?か
「おっさん何かおもろい事でもあったんかい」?である。


男は私の前の椅子に座ると、色々と世間話を始める。
「悪いが私は近々引越しをするので、荷物の梱包があるんやけど なんやな兄さん」?


彼は私の最後の弟子である。
彼以降は、何だか面倒臭くなり希望者が居ても
弟子は取らない事にした。
(仮に来ても大体1-3週間の命でしたが)



はっきり言って朝の「お早うございます」。から
帰りの「お疲れ様でした、お先に失礼します」。まで
1日中後ろについて箸の上げ下げから、お辞儀の角度まで
注意したり、叱ったりするのに最近疲れ果てました。


みんなで、賄いを食べる時「いただきます」。も言わずに
先輩より先に食べる新人は、教育をする前の教育が
基本的に何もできていないし、親が本来しなければならない
行儀作法の躾を何故赤の他人の私がしなければならないのか?


初めの半年は労働力と言うよりはっきり言って邪魔な新人君。
本人は働いてくれてるつもりでも 何とか動けるかなと
思えてくるのが1年後、何とか基礎の基礎ができるまで
三年の月日が流れます。
それから、4-6年でまあ何とか見習い終了かな?


彼も六年間一日中、怒られたり、こずかれたりしながら
何とか見習い期間を終了、2年前に私からそろそろ
出て行きなさいと追い出されて。
現在では大きなイタリアンレストランで、セコンドですが
実質は料理長をやっているので
まあ本人うちでやっている時は辛かったと思いましたが
「他所に行けば大抵の店でシェフ(料理長)でやれるよ」。と
言った事は嘘でもなんでもなく、元から居る料理長は
彼に比べればかなり低レベルな仕事しかできないし
管理職とは何をすべきかと言う事も(数字の管理)
しつこく教えたので、計数の管理も問題は無いでしょう。
(我々の中には料理を作らせればそれは見事な料理を作れても
計数管理ができないシェフが何んと多い事か?)


さて、前置きが長くなりましたが・・・・。
彼は今週末華燭の宴に臨むらしく、身内だけの地味婚らしいので
招待は受け取らんが、男にもマリッジブルーがあるのかどうか
解らないが今夜は飲みに行きたいと、ディナーテーブルに
しがみついて離れないので「しょうがねーなー」と言って
飲みに出掛ける。
うちを辞めてこの男金回りが良くなったらしく
中州方面までタクシー代は持ちますからどうぞと言って
くれましたが、基本私は1km前後なら歩きだし
彼はよほど今の暮らしが幸せらしく
身長は私より13cmも低いのに体重は私より20kgは重いでしょう
「歩け、話もできるし」とトボトボ歩く。
「何処に連れて行ってくれるのかね」?
「私の手下の居る店にご案内します」。
「手下って誰よ」?
先日までうちで研修していた女の子の働いているお店です。


「手下ねー」早いものでうちを追い出されて2年である
彼にも弟子が居て当然なんですが・・・・。
それから3時間近く彼の弟子のパティシエーと
研修ちゃんと彼とメンバー途中入れ替わりがありましたが
久しぶりに料理の真面目なお話しをしました。

別に本人絡んでいるつもりはまったく無く、私の弟子ですから
お酒を飲んでも一応は紳士として振舞ってくれますが
仕事の話(組織の事、基礎ができた上での個性的な料理など)
何だかその気迫に押しつぶされそうになりましたが・・・・。


でも考えてみれば、私も彼の年には大きなホテルの
総料理長とやらで、18-24名のコックさん相手に
日々迷いと苦悩の連続でした。
彼の今抱えている問題が当時の私が抱えていた問題と
あまりにも同じで「歴史は繰り返す」のかと苦笑いです。


酔っ払いの、それも不細工な男相手でしたが
とっても楽しゅうございました。



PS・そう言えば昔この男と人生最悪のクリスマスイブを
過ごした事がありました。
私にとって男二人で朝6時まで過ごすなんて悪夢以外の何物でも
在りませんでした。
イブの夜に男二人で食べるディナー・・・。
明け方当時のガールフレンドの元にグデングデンで
帰り疑惑の目で見られるし・・・。
  1. 2008/03/27(木) 22:54:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謦咳に接する。

一昨日は結局朝の3時近くまで、店に居残り仕事でした。


明けて昨日 私のお店は貸切営業。
朝の7時にお店に入る。
平成20年 3月24日「フランス菓子16区」の新入社員歓迎昼食会。
(フランス菓子16区詳しくはhttp://www.16ku.jp/まで)


同業者で唯一私の頭が上がらない方、その職人としての物の見方
考え方全てが卓越していて素晴らしいの一言。


昔私がパリに遊んだ頃、飛びぬけて仕事のできるパティシエーとして
絶大な人望が既にありました。
ある日、偶然お知り合いになる事ができ、それから早幾星霜。

この方、仕事にも人間としての生き方にも とにかくとことん厳しい
多分日本のお菓子屋さんで一番厳しい方ではないかと思います。
反面恐ろしく面倒見の良い方でパリでも何十人と言う方が
三嶋シェフにお世話になっていた。
仕事の腕も飛びぬけて素晴らしく、毎年三嶋シェフが馬鹿につける
薬をお持ちでは無いのに全国津々浦々から新入社員が殺到する。
一度入れたらとことん職人として鍛え上げる。
(昨年叙勲を受けられたはず)
スタッフは彼の事を皆「おやじ」と呼ぶ(影でですが)
昔は我々職人のトップは皆「おやじ」と呼ばれていた
一度人間関係を結んだら大抵一生続く関係で
おやじをトップにセコンド、兄弟子、同期、弟弟子と序列はしっかりと決まっていました。
徒弟制度と言うと、前世紀の悪しき制度みたいに
思われる方も居るとは思いますが、技術を次の世代に伝承していくためには
必要なシステムだったと私は思います。
ピアノでもヴァイオリンでも一流の演奏者になりたかったら
マエストロの所に弟子入りしなければならないのは
現代でも同じです。

確かに我々は雇われて働いては居ますが、サラリーマンではなく
あくまで職人です、芸術家でもありません。
(中にはたかが菓子だの料理を作っているだけで、
自分は芸術家だと勘違いしている阿呆がおりますが。)
感性でする仕事ですが、芸術家みたいに作品が後世に
残るわけでもありませんので、やはり職人です。


我々の仕事は言葉では伝えられない事や、
どうしたら良いのか教えてあげられない事が沢山あります。
禅寺のお坊様ではありませんが、悟りを開くのと同じ事が時に要求されます。
だから、四六時中いっしょに仕事をして学ぶ他道がありません。
毎年毎年、三嶋シェフは、ジャン・ジオノの「木を植えた男」の主人公の
一人の男を彷彿とさせます、毎年毎年若い次の世代の苗を
時には厳しく、時には愛しみ育てている。
私のつたない文章では書ききれないほど素晴らしい偉大な方。
知らないところで私がこのような文章を書いているのを知ったら
きっとお怒りになるとは思いましたが
知らない方にも伝えたくて、実名でお知らせしました。

福岡においでの節はぜひ、お立ち寄りいただき
サロンドテで美味しいケーキでも召し上がって
お土産にはぜひダックワーズでもお買い求め下さい。


16区にはフランスからフランス人が研修に来ています。
フランス料理や、フランス菓子がもうフランス人だけのものでは
無くなったのです。
  1. 2008/03/25(火) 20:05:58|
  2. 友人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新しい天体

先日若いお嬢さんと、ディナー&映画に出掛けた。


何でも好きな物をご馳走してあげようと
プロポーズしたが、生憎ダイエット中との事で
野菜料理の専門店に行って、牛か馬みたいに
野菜ばかりを、お酒も飲まずに(基本的に置いていない)
がぶがぶと貪り食ったが、次の日の朝の好調な事・・・。


このお店でなんだかとっても気になったんですが
一緒にデートしてくれた女性は身長167cmのスタイルの良い
かわいい女性ですが、周りを見るとまずなぜかやたらと
肉欲的というか、御肥えになったと言うか、あえて差別用語を
使わせていただくなら、「デブ」の方が多かった。
やはり女性は体重を気にしているから、このタイプのお店が流行るのと
感心していたらなぜか???でした。


彼女達の料理の 皿に盛り方が尋常でないてんこ盛りの
こてこて盛り、そんなに1度に盛らなくても何度でも
取りに行けば良いのにと思ったのは私と彼女だけ?
木でできた大きなお皿、2皿にてんこ盛りの後ドリンクバー
の前でまず、オレンジジュースをなみなみと注ぎ一気飲みして
2杯目を注いで自分の席にお帰りになった。
思わず唖然としてしまいました。


安田大サーカスのヒロの彼女にどうだい?ッて感じの
モーパッサンの「脂身」。を彷彿させるそのダイナマイトボディー。
(彼女は心の綺麗な慈悲深い女性でしたが)
その手の趣味の男性には 垂涎の的の女性達が、食らう食らう
(食べるなどと言う表現では追いつきませんでした)
みなさんニコニコと私の3-5倍は召し上がっていました。
他人事ながら、いくらヘルシーでもこんだけ食べれば同じと
思いましたが 一応にみなさん幸せそうな顔をして
 ニコニコとお召し上がりで、デザートを3回り全制覇したと豪語している女傑の方
がいらして自分の浅学菲才(せんがくひさい)を恥じました。


広い店内男性は私一人、40対1ぐらいの割合で
何か田舎からさらわれて来た生娘みたいで
何処と無く居心地が悪かったのですが
皆さんが安心して飽食に励んでいられるのは
周りには私以外の男性が居ないからかと納得しました。
これであと少し男性が多いと、微妙な緊張感が生まれ
彼女達の楽園の平和が乱されるのかもしれません。


何かせめてビールの一杯ぐらい飲みたかったのですが
一緒に行ったお嬢さんが大喜びしているので
何も言えず、食事中にアルコールを何も飲まないと言う
いつぞや、入院したとき以来の快挙でした。

食後の映画は「ジャンパー」を観たいと言ったので
チケットを購入 上映まで1時間半程あったので
二人で本屋さんへ1時間自由時間にして、久しぶりに
広い本屋の中を散策する。

最近では料理の本も、新刊の純文学も興味が無くなって
もっぱら古本屋通いでしたが、たまにはいいですね。
人に貸したきり紛失していた開高さんの「新しい天体」が
新潮社から文庫で出版されていたので、購入
横に並んでいた、「日本人の遊び場」と「最後の晩餐」も
一緒に購入 パラパラとページをめくると過ぎ去った昔が蘇る。
休みの日の前の夜にゆっくり読もう。


さてジャンパーですが、ヘイデン・クリステンセンということで
やっぱりライトセーバーが無いと駄目かなと思いましたが
意外と面白かった。
もちろん科学オタクの私にとって、こんな無防備な
突っ込みどころ満載の映画は観ていて楽しいのですが
(映画を観ながら突っ込みはしませんでしたが)
科学的にストーリが崩壊するほどデタラメな流れには
なってはいませんでした。
というかあえてその事には触れていないような感じです。


楽しい休みはすぐに終わり・・・・。


新しい天体。

新しい調理法の発見は人類の幸福にとって
新しい天体の発見以上のものである。
                   ブリア・サヴァラン
                     味覚の生理学 
  1. 2008/03/20(木) 20:39:01|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

働けば楽になれる Arbeit macht frei !

私の錆び付いたドイツ語では解らなかったので、
友人のamakoお姉さんに教えてもらった所によると

ドイツ語で「働けば楽になれる」。又は「働けば自由になれる」。は

Arbeit macht frei !となるそうです。

アルバイトは、そういえばドイツ語だったと 今さらながら思い出す。
昔々 「人生は性質の悪い ブラックジョークの連続である」と書きましたが

「Arbait macht frei !]と言う言葉は、アウシュビッツのユダヤ人収容所の
入り口のゲートに 高く掲げられた言葉でした。
昔、ベルギーで事業をしていたころ 仕事のパートナーのイヴという友達はユダヤ人で、
彼の一族もホロコーストの被害に遭い
戦後生き残ったのは、一握りの一族だけだったそうです。


日本人は戦争の時ユダヤ人に優しくしてくれたが、
我々がナチに何をされたかは 知っておいて欲しいと
見せられた膨大な写真の山は、悲惨だの凄惨だの壮絶などと言う
チープな形容詞は、とっくに超越していて言葉にならなかった。
これに並ぶ物があるとすれば、広島、長崎の原爆の写真ぐらいか?


それから、興味が湧きこの未曾有のホロコーストの事を
色々調べたが、更に驚く・・・・。

悪魔でさえ尻込みをするような、生体実験。
死んだユダヤ人の皮をなめして、おしゃれなランプシェード。
ほとんど、ゴミしか与えられなくても それでも出る物は出る。
それから、機械油をとる研究。
何も食べなくても髪は伸びるので、それを切り取り
編み上げて玄関のブーツの泥落とし。
おびただしい数の義足、義手、義眼、入れ歯、ありとあらゆる物が
あったので、彼らは当時の天然資源の宝庫カナダをもじって
捕虜収容所の事をカナダと呼んだそうであるが
中々の ブラックユーモアのセンス・・・・。


で・・・・。
私も。
昨日のできごとから立ち直るために。
昨夜書きました。
キッチンの入り口に。
でかでかと。
黒いマジックで。
「Arbeit macht frei」!と
書きました。
私のしている事は、不謹慎極まりない事ですが
もう嘆くより、私には笑う事しか残されていないような・・・・。
たとえそれが憤怒の赤い笑いだろうが
絶望の黒い笑いだろうが、
泣くさ嫌さに笑い候って事にしておいて下さい。



所で本当に、「働けば楽になり、働けば自由になれる」。のでしょうか?
本日は自虐ネタでした。
  1. 2008/03/20(木) 12:30:54|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

咲く。

今年も我らが腕の橋の下を 月日は流れ また春が巡ってきました。

四季を愛でる会  "春”の観桜会を来る
4月の6日 福岡市中央区舞鶴公園にて開催いたします。
時間は13時より、会費は3150円となっております。
お料理は和、洋、中、エスニックを御用意する予定です。
お飲み物はいつも通り各自お好きな物をご持参下さい。

最近自分用にビール一缶だけ持ち込んで、
後は人様のシャトー物の高級ワインをがぶがぶと只飲み、
挙句の果ては会費も払わずに食い逃げの暴挙に及ぶ
望テレビ局のお天気お兄さんなどが居りましたので
その様な、行動は平にご遠慮下さい。
(もっとも出入り禁止にしておりますのでその様な事は無いとは存じますが)

30名限定で、増えたら40名までと言ういつもながらのいい加減な
集まりで 誰でもウエルカムな集まりですので 誰でもご参加下さい。

今年から誰でも一芸、季節を愛でるのが目的ですので
なんちゃって”句会”市内某有名歌手によるミニコンサート
等も予定しております。


何を食べられるのか?と言う事ですが
リクエストがあれば、早めに私までお知らせ下さい。
尚、当日お手伝いいただける美人アシスタントも
募集しておりますので、我こそはと思う
美しい方がいらしたらお手伝い下さい。
行楽弁当お料理教室も同時開催いたします。
お料理教室は普段は4200円ですが、只でこき使われて
会費ももちろん只と言うお得な企画になっております。
(って本当かよ?)

因みに男は大嫌いですので、近寄らないで下さい。


これから、お花見、春キャンプ、蛍狩り、花火観賞ディナー、観月会
と今年も遊び事がてんこ盛り。
みなさま、振るってご参加下さい。

皆さん今年も遊びましょう。

日も暮れよ、鐘も鳴れ
季節は流れ、私は残る・・・・。
ギョーム・アポリネールでしたっけ?


連絡先 リストランテ ロアジ     tel 092-732-8918まで
  1. 2008/03/18(火) 17:52:09|
  2. イベントのご案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

迫害する。

ユダヤ人が何ゆえ 言われ無き迫害を受け
ガス室の露と消えたのかとの 質問を受けたので
(歴史の時間ではユダヤ人をナチや旧ソヴィエトが迫害したとしか教えられませんでしたね)
ユダヤ人問題をここで説明すると、膨大な字数になるので
かなりかいつまんでお話します。

キリストをローマ兵に密告したのは、キリストの弟子のユダでした
彼は、イエスが奇跡を起こして切り抜けると思ってやったと言う
説がありますが、真相は解りません。
西洋社会、つまりキリスト教社会ではキリストを売った
卑怯な民族としてユダヤ人は潜在的に嫌われています。


ユダヤ人は元々エジプトで奴隷の人々でしたが、モーゼという聖人が現れて
エジプトからユダヤ人を救い出し、海を割り紅海を渡ったと
言われています。
つまり彼らは、元々の国を持っていませんでしたので、色々な国の中で
ユダヤ人は国も持たずに、まったくの宗教だけでつながれていた民族です。

キリスト教と言っていますが、ベースになっているのはユダヤ人の宗教です。
つまり、イエス・キリストでさえ厳密に言えば、ある時期までは
ユダヤ人でした。
聖書の旧約聖書はユダヤ人の、聖書と同じです。
つまり、元々は同じ宗教なんですが 
分かれてキリスト教、更に分かれて回教になっています。

元々は同じ宗教ですが、砂漠で発生した宗教は一神教といって
ひとつの神だけしか信じません。
日本みたいに800万(やおよろずの神々)も神様がいるなんて
彼らは決して認めません彼らにとって
日本はとんでもない世界です。
ユダヤ教、キリスト教。回教に共通している性質は
寛容性が無く、異質の物にはものすごく排他的になります。


回教徒がアラー(彼らの神の名前だそうです)しか信じなく 
その中でも過激な原理主義者のアルカイダがアメリカでテロを起こしたのも。


ローマカソリックの名の下に、未開な?南北のアメリカ大陸の
先住者を宗教が違うだけで虐殺したのも。

全てが、じぶんたちの神様が宇宙で唯一正しく正義であると
信じている事に他なりません。

ここで、ご質問のユダヤ人が何をして
ユダヤ人収容所に入れられて、ほんの気まぐれに
あるときは チクロンB(毒ガス)、手榴弾、食後の腹ごなしに
機関銃の一斉射撃、どちらかが死んだら開放すると二人の男に殴り合いをさせて、
片方が死んだらよし開放だといって射殺する。
などと言う事をやられたかと言うと。

ユダヤ人はまったく悪くありません。
でも、第一次世界大戦でドイツは負けました、その時の
戦時賠償金のために、ドイツマルクは人類史上未曾有の
インフレを起こして、仮に今日1,000,000マルクでパンが一個買えたとすると
明日にはパン一個が10,000,000マルクなどと言うようになり
つまり、戦争に負けた時ドイツ人たちはとてつもなく
貧乏で毎日の生活に苦労しました。
そんな時裕福でぬくぬくと暮らしていたのはユダヤ人でした。
国を持たずに民族として暮らしていくために
彼らはお金しか信じませんでしたし、マルクが膨大なインフレを
起こす前に、彼らはマルクを換金性の高い、貴金属、絵画、不動産などに
替えていたので、裕福なままでした。
そんな時一人の貧乏画家のアドルフ・ヒットラーと言う青年が
反ユダヤ主義を掲げてナチとして台頭してきます。

戦後のドイツは第一次世界大戦の反省に立ち
ワイマール憲法という素晴らしい憲法を作ったのですが
それすら停止、自分たちで国会に放火して共産主義者のせいにしたりと
やりたい放題でしたが、ドイツ国民は一部のインテリと
ユダヤ人の他は、ナチを歓迎しました。

アドルフがかなり強引なやり方で、政権を奪取すると
何でもかんでも悪いのは、全てユダヤ人のせいで
アーリアン人種の(純粋な白人つまりローマ人の末裔)優位を
決定的な物にするため、ユダヤ人の迫害を少しづつ、少しづつ
ある日大胆に始めます(そこらへんは「シンドラーのリスト」の
DVDでもみて下さい」。)

ナチの目的はユダヤ人を世界から根絶やしにしてしまおう
と言う酷いものでした。
最初から殺すつもりで、収容所に連行されて行きました。
荷物は一人トランク一個だけです。
他の全財産は、ナチが全て没収しました。
貨物列車が(もちろんユダヤ人ですから人間扱いはされません)
アウシュビッツに着くと始めにシャワーを浴びるように指示が出ます。男、女、子供、老人に分けられて シャワー室に行き服を脱ぐと
シャワー室からは暖かいお湯ではなくチクロンBという毒ガスが出ました。
老人と子供は働き手として役に立たないのでまず始めに殺されました。残った男、女、青年達も元気なうちは、食事もろくに与えずに
軍事産業に従事させられたりと使うだけ使って病気にでもなれば
すぐに、処刑です。


ユダヤ人問題、あなたのお返事で書くにはかなり無理な問題でしたので
今日の日記にしてみました。

この後もユダヤ人の問題は続き、第二次世界大戦後
パレスチナと言うところに、無理やりユダヤ人の国を
テロの力によって建国するのですが、
ほんの少し前までは、ナチから受けた迫害を
今度は同じように、パレスチナの人々に対して
同じように迫害しています。
それは、現在も続いています。


あまりにも複雑で政治的な 長い話を掻い摘んで書いてしまったので
かなり物足りないけど 今日のところはこの辺で。
  1. 2008/03/16(日) 22:25:24|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

消える。

地獄の確定申告が終わりました。
全然儲かってなど居ないのに、それでも税金を払えと言う
国税局の皆さん・・・・・。


一回でも十回でも殺したるぞー。


この春でひとつの長いお話が、一区切りしたので
一度体も心もリセットをしに明日から短いヴァカンスです。
明日から(11日)14日まで、4日間ロアジはお休みをいただきます。



鶯の声が聞きたい。
帰福は14日の予定です。
それでは、みなさんごきげんよう
  1. 2008/03/10(月) 20:48:57|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

走る。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa371160.html

世の中には恐ろしく厚かましく、私にとっての常識はずれな
おば様がいらっしゃる。

基本的にディーラの試乗は、ある程度運転を上手くこなして
そろそろ、新車の購入でもしようかという方が対象のはず。


このおばさんみたいに、初運転の練習台のレンタカー代を
浮かせるために試乗ッてのには驚いた

免許を取って初乗りが、どこぞの新車の試乗会?
恐くないのだろうか?
壊したり、事故を起こしたりする心配は
文中から読み取れませんでした。



私はベルギーで運転免許を取りました。
ベルギーの免許試験ですが まず学科の試験を受けます。
英語、フランス語、オランダ語、ドイツ語、好きな言語で受けられます。
(日本語はありませんのでご注意を)
学科の試験に合格したら(フランス語で受けて1回で合格でした)
その日の内に一般道で教習が始まります。


私は日本で一度免許は取得していたので
(失効したと勘違いして受けなおしたのですから馬鹿な話しです)
何の問題もなくあっと言う間に免許が取れましたが
ベルギーに戦後、道路交通法が施行された時
「おらは、私は、おいドンは、うちらは、」今まで乗っていたと
自己申告したら誰でも免許を、与えていた国です。
私が受けた大阪府警の試験場の厳しさに比べたら
(因みにお金が無かったので学校には行きませんでした)
初夏の日のけだるい、ぬるま湯みたいなもんでした。
そんな訳で、総じてベルギー人は 運転が下手な方が多い・・・・。




その、荒く常識を逸脱した運転の仕方・・・。
ハンドルが日本車と同じ右の イギリスナンバーの車と同じぐらい
(コンデュイ ベルジュ)ベルギー人の運転も恐れられておりました。
フランス人や、イタリア人もとんでもなく運転は荒いのですが
ヒヤヒヤするのと同じぐらい 運転も上手いです。


ヨーロッパに行った時、いつかは憧れのBMWを買って
アウトバーンでアクセルべた踏みしてみたいと
願っていましたが、願えば夢は時には叶います。


318i、320iと都合2台乗りましたが、片道300kmの日帰りが
辛くないほどモータリゼーションが発達している国は良いですね。
今週はケルンの大聖堂、来週はオランダのキューケンホフまで
チューリップを見に行こう!
などと言う事が 現実に起こしえる・・・・。



こんな事を書いているとまた、帰りたくなってしまいました。



とにかく、最近のおっさん達、おばはん達は逆に
常識が無さ過ぎるのが多いような気がします。


常識の範疇も国や、文化や、時代でさまざまに変化して
とらえ処の無い物ですが・・・・・。
(先日テレビを見ていたら、アフリカの方が日本人は
約束の時間より早く来るので常識がないと嘆いておられました)



初乗りの練習のレンタカー代が惜しいので、
ディラー主催の試乗会に行って車をぶつける
私の家族がその様な事を考えていたら
お願いだから 止めなさいと言います。
  1. 2008/03/06(木) 20:53:28|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

回る

某社のワインの試飲会に三日月姉さんと出掛ける。
この会社の社長のルチアーノとは義理の兄弟なので
お互い助けられたり、助けなかったりの関係が15年も続いている。


さて本日は泡からデザートワインまで約200アイティム。
お酒は好きで体質にも良く合っているので
飲まない日は病気で入院でもしない限り 無いわけですが・・・・。
とにかく、楽しみ!


軽く何か食べてから行けば良かったのですが
何せ時間から時間の毎日で、そのまま開場へ。

まず、シャンパーニュと言いたいところですが
EUのワイン法ではシャンパーニュ地方で法律をクリアーした製法のみ
シャンパーニュと呼べるので、この場合はイタリア語で
泡(スプマ)から派生したスプマンテと呼ぶ事になります。


最初はジュリオ・フェラーリ、フェラーリ社のスプマンテの中でも
最高峰。
イタリアで行なわれるサミットの晩餐会には必ず饗される優れ物。



フェラーリ社のスプマンテは女性を口説く夜の最強の友になる訳ですが。
なるほど、美味しいだけありますね。
お値段もけっこうします。
でも、訳解らず「ドンペリ」などと叫ぶ馬鹿な振る舞いより
密やかに「ジュリオを」・・・とオーダーした方が
私の中ではかっこいい大人です。

少しだけランクが落ちますが「ペルレ」(真珠)というアイティムが
あります。
ペルレのロゼは、春の宵夜桜を愛でる時は
ぜひ、お供に連れて行って下さい。
ピンクのシャンペンの中に桜の花びらでも浮かべると
たとえ俄かでも、風流この上ない粋人になれますよ。


泡にばかり引っかかっている訳にもいかず、さらに飲み進む。


だいたい、ワインの試飲会に提供されるアイティムは少なくて50-60、今回で200、福岡市と姉妹都市のボルドー市などが来ると
300以上の品揃えになり いくらワインが好きなどと、
ほざいていても、一々飲んで居たら急性アルコール中毒で
病院か、あの世に片道旅行に行くことになりますので
基本飲みたいワインを極少量味わう事になります。



赤ワイン、白ワイン、デザートワインあれもこれも
最終的には40アイティムぐらい試飲しましたが。


少量といっても少しは飲んでいる訳で
1アイティム仮に8cc 飲んだとしても(実際にはもう少し飲んでいますが)
トータル320ccとなり、ワイン二分の一本、結構良い気分になります。


春からのワインリストの改定にさせていただきますと
お礼を述べて会場を後にしましたが
ほんの少し酔って、とても良い気分だし、まるで食前酒を
飲んだみたいに猛烈にお腹が空いて・・・。


「なんか食いてー」などと下品な言葉を吐いて三日月姉さんを
困らせて、それでは何か軽くお腹に入れたらとの
アドヴァイスがあったので、ウロウロしましたが
アイドルタイムにまともなお店が開いている訳など無く
こうなりゃーロッテリアの海老バーガーでもいいです。


(基本コンビニの弁当やファーストフードなる物はまったく食べませんが
年に何度かあの大して美味しいとも思えない、それも海老バーガーを食べたくなるのです)


などと叫びだす始末で、そうは言ってもそれすらも
今三、か?今四?でした。


「もう結構です夜まで我慢します」と言って、後ろを振り返ると回転すし店がある。
私は海外生活が長かったので、食べない時はお寿司なんぞは1-2年に
1回程度でしたので
(パリにあれだけ和食屋さんが雨後の竹の子のごとく出現するとは夢にも思いませんでした)
大抵のお寿司屋さんで楽しく過ごせます。


イタリア、フランス料理とは違って○○寿司の大将の握った寿司じゃねーと
食べませんなどということはまったくありません。

まず、自分でかなり美味しい寿司を作れますし(面倒ですが)
もともと、寿司なんて江戸末期、明治、大正、昭和の始めまでは、
ざっかけな食べ物で
「獅子文六」さんの本など読んでいると
寿司屋、てんぷら屋、蕎麦屋、蟹、河豚なんぞが戦後
えらい出世してぜんぜん庶民の食べ物じゃなくなったとお嘆きでしたが。


でその、回転すし屋さんは友達から、ぜひ一度行ってみたらと10年も
前に教えられていた店でした。
普段は大抵 お店の前には、評判なだけあって長蛇の列なんですが
(私の辞書には並んで物を買ったり、食べたりという言葉は存在しませんので)
めずらしく、1組だけのお待ちなので もしかしたらすぐ座れるかも?
人数を告げて待つ、すぐ後に韓国人の団体様5名が並ぶ
この方達の後でしたら多分待たなかったと思います。



で・・・・・?
気になるお味の方は?
まず光物の、鰯と鯵、それから鮪の赤身 多分80kg-100kg以上の
鮪じゃないとこの色は出ないです。
隣の品の良いマダムが薦めてくれたズワイガニの軍艦巻き、
アナゴ、甘エビ、雲子(鱈の白子)のあぶり、ネギトロ、
再度ズワイガニ、〆に鉄火巻き。


始めにお話しした通り私はクルクル寿司でも、コロコロ寿司でも楽しめますが、
久しぶりに堪能しました。
色々食べるといくつかのネタは???の物があるのですが
めずらしく、傷ひとつなく堪能しました。
これで、二人で4000円でお釣りが来ました。


また、今度行こう!



今日は3月3日 ひな祭り
ちらし寿司と ハマグリの吸い物を作ります。
日本人は、母から子へ季節ごとの料理を段々作らなくなっています。


これで良いのか?
  1. 2008/03/03(月) 18:09:13|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。