シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いち抜けた。

「いちぬーけた」


子供の頃どんな遊びをしていても、そう宣言するだけで
全ての事に免責特権が付与されて いそいそと家路に付く事ができたが。
(突然勝手に帰った卑怯者の誹りは受けますけどね。・・・・)
大人になると、様々な迷路の中で 様々な都合で



『いちぬーけた』は宣言できなくなる。


大人になると何故それを言ってはいけないかは、永遠の謎ではあるが。



春のメニューで完全に行き詰っております。
私とてプロの端くれ、春のメニューぐらいでしたら
レシピーを添えて6時間でもいただければ、完成させますが
今回はどうやら、そんな事ではないらしい。


昨年のある日心の何処かに ほんの小さなカビが生えた。
カビの生えた事は自覚していても、なんの対策もしてはいなかった。
そうこうしている内に、カビの菌糸は少しづつ しかし確実に
心の中を浸食していき気付いた時はカビで埋め尽くされていた。
今現在ではアヘン中毒の患者が、日長一日横になって
何も考えず 何もしないのと同じである。
とにかく何も考えが浮かばないのです。


このままではいけないと 悪あがきを始めたが
その時はすでに遅く 完全に手遅れ状態。
今では私がカビに寄生して居る様な物である。
かといって、それを悲しんだり嘆いたりする気も失せて
「濁り酒、濁れるままに・・・」。と言った心境でしょうか。


腐るで書いたが、果たしてこれは喜劇か?悲劇か?
発酵なのか?腐敗なのか?
化学は学んだが、発酵化学はほんのさらりと撫ぜた程度で
ちんぷんかんぷんなのは、当時も今も同じではあるが。


「生まれたのは偶然、生きて行くのは辛く、死ぬのは厄介」な
事ではあるが、人間生まれたら死ぬまでは
何処かで折り合いを付けて生きていかなければならないらしい。



生きていかなければならないのなら あえてこう言いたい・



『いちぬーけた』と・・・・。


何が辛いと言って、今現在している仕事がまったく面白くないのである。
辛くても苦しくても、とにかく自分にとっては仕事は楽しい物でしかなかったのに。
つまらない事にあまりにも縛られて 少しづつ少しづつ
仕事がつまらなくなり かつ、つまらない仕事をしていた。



今は醸されている状態なので何んとも言いがたいが
とにかく今日のところは


『いちぬーけた』。


春のメニューの改定、随分時間がかかりそうですが
その事が良い事か?悪い事か?は解りませんが
とにかく、『アッ』と言う事だけは請け合いです。


請う?ご期待。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/28(木) 20:05:45|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

降る。

昨日はお休み、少し早起きをして
8時半の薬院駅発、大牟田行き特急に乗る。



お目当ては大宰府天満宮と九州国立博物館。


電車は薬院を出ると二日市まで、ノンストップで到着。
隣のホームには大宰府行きの 連絡電車が止まっていて
何事も思いどうりに進まないと、気に食わない私としては 非常に満足である。


朝早いせいか人もまばらで、門前のおみやげ物屋の店先や
天満宮の境内に打ち水がしてあり、何か凛とした感じが心地よい。
大宰府天満宮は、全国に点在する天満宮の総元締めな訳であるが。
さすがに、本家本元の梅の花は見事の一言につきました。


白梅、紅梅、しだれ、名も知らぬ梅が咲きほころび
昨年の秋以来の、日本の四季を楽しみました。


境内を脇にそれて、梅園の中を進むと国立九州博物館の入り口があります。
今まで何度も入り口まで来たけど、あまりの人の多さに辟易して
入場をためらっていたのですが。
本日開場と同時に入場したらさすがに人は殆どおりませんでした。


特別展はパスして、一般公開の方だけ見る。
邪馬台国が何処にあったのか、いまだに決定的な証拠は
発見されておりませんが(近畿、九州どちらでも私は構いませんが)
もしかするとこれだけの、出土品からして九州?と考えたくもなります。
誰もいない事をよいことに、三日月姉さんとゆっくり場内を見学する。


博物館に良くある????の意味不明な展示物も
もちろん沢山ありましたが、概ねよしとする。


あっという間に1時間半も見学していました。

帰る頃には場内は、人だらけで私は喘息発作を起こしそうになるし
博物館の周りは全て杉山で 花粉があちらこちらに降り注ぎ
花粉症の姉さんは辛そうでしたが・・・・。


参道のおみやげ物や産の周りには、老若男女が枯れ木も山の賑わいで溢れ返り。
お約束の「梅が枝餅」を1個だけ買って私は一口だけ食べて
後は姉さんが食べましたが、私には何処何処が美味しいという
違いがまるで解らず 全部同じ味にしか思われないが・・・・。



お昼はかなり移動して、百地のJALシーホークリゾートホテルの
望海楼でかっぽれ、かっぽれ、飲茶でかっぽれ?
望海楼と言うだけあってここからの玄界灘の眺めは最高です。
本日スギ花粉のみならず黄砂も少し降っているらしく
遠くがまるで 春霞のようでした。
予約を入れておいてもらったので、全てがスムーズなんですが
少しづつ不安が忍び寄るのです。


まず、テーブルの上には本日の飲茶20品の写真入メニューがありました。
どれもとても、美味しそうです・・・・・・。



ビールを2杯飲んで帰りました。
お昼のコメントは避けます。
金額が3割り増しほどになるけど、
やはり私にはグランド・ハイヤットの
飲茶の方が口にあっていました。



海沿いのビル街をそぞろ歩き、少し冷たい風が気持ち良かったです。
次は、桜。


花見を4月の上旬に開催しますので皆様、ふるってご参加下さい。
詳細は近日お知らせいたします。
  1. 2008/02/22(金) 00:17:27|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

滑る。

何やら面白き事を書き連ねようと
お昼過ぎより、ネタをあれこれ探したが 何も思い浮かばず・・・・。


さればと、とりあえず『滑る』などと言うタイトルで書き始めてはみたものの
書けぬ時はやはり書けず いとかなし・・・。



今年はスキーなる、西洋の運動を一度もせぬまま冬は終わりぬ。
拙者が初めて、スキーなる運動を学びしは、
ベルギーはアルデンヌの森のことであった。


森とは言っても、日本の木が三本集まったような森ではなく。
まるでヘンゼルとグレーテルの捨てられし深く黒い森のごとし
去る事62年前、ドイツ第3帝国とアメリカ合衆国の両国において
壮絶なる合戦あり。
深い森のいたるところに、かくざしたる戦車が放置されておる。
”冬枯れや つわもの共の 夢のあと”
                    松尾 パクリ




霧でも立ち込めればいよいよ、辺りは 真っ暗騒然 五十歩百歩
猫に小判の 酒池肉林、オヤジは俺より歳が上!


初スキーなる物には、ジャックという現地のベルギー土人と
同道いたしたが。
この男見上げるばかりの、偉丈夫で聞くところによると
ベルギー国の 土人どもの無差別空手大会で優勝を勝ち取ったる
あっぱれ、かっぽれ天下無敵な漢との事。
身の丈何んと2m よほどベルギーの地は物成りが豊かと見える。
恐れ入った。



他にクリスティーヌと言う美しい金髪の土人の娘と
テレーザというポルトガルよりまいった拙者の端女も同道しておった。




拙者は南国育ちの魚食い人種ゆえ 雪などにまみれて
板の上に両足を縛りて、雪上を滑走する運動などした事も無く
恐る恐る雪上に出てみた物の・・・・・。


よくすべりまする。
さすがにエッジなる物のお陰か左右には 滑らぬが
油断をすると麓めがけて、一直線の逆落とし 杮落としの 垢落とし。
スキー場の下賎の者に ストックなる棒切れを2本渡され
これで、雪を掻き分け掻き分け進めとのことであったが
ジャックなる 大入道拙者のストックなる棒切れを取り上げ
雪に「ぐっさ」と突き刺し今日1日これを用いる事はならぬと申す。




なにゆえ 無体な乱暴狼藉と訴え出たかったが
この、大入道と戦っても、拙者に勝てる見込みは
万にひとつもあらず、臥薪嘗胆の思いでこの屈辱に耐える。




「後は儘よさらばじゃ」とさっさとクリスティーナなる土人の
娘と白いシュプールとか言う物を残して麓の方に消えおったー ばかめー!




雪上に残されたる、小生とテレーザはヨタヨタとすべっておったら
ジャックのやつめ、たちまち立ち戻りてテレーザの板の中に
自分の板を挿入して腰に手をあて消えおった・・・・。
拙者に断りも無くテレーザの尻に触るな下郎め!
と言ったころにはきゃつめ、前世は身長2mのムササビか、ましらのごとくし。




手打ちじゃ!今宵 正宗の血祭りにしてくれようぞ。
「刀を持て」などとは妄想はいたさぬが。
この、スキーなる毛唐の運動はおもしろい。
拙者すっかり、気に入り翌週には板など誂えようかと思ったほどじゃ。
また、土人たちと行きたいモンじゃ



格調高い漢文調で日記を書いてみたかったのに
それ以前の、日本語の教養がいま少し足りませなんだ。

滑る話し、つるつる良く滑る事で・・・・。
  1. 2008/02/19(火) 20:19:08|
  2. 昔々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

踊る?

ベルギーは四国よりは大きく、九州よりは小さな国です。
パリが花の都と呼ばれるように
(住んでみれば町中犬ころの糞だらけの町で、何処が花の都じゃーと思いますが)
首都のブリュッセルはヨーロッパの女王と呼ばれています。



一応ヨーロッパの経済の中心地でEUの本部はブリュッセルにあります。
軍事同盟のNATO(北大西洋条約機構)の本部もありますし
福岡市ぐらいの都市なのに、人口に対しての外交官の比率は
世界一だそうです。
(石を投げれば外交官プレートの自動車に当たります。)
それから、ラテンの皆さんはあまりお仕事が好きではないので
日本の企業がヨーロッパに出張所、または支店を開設するときは
ほとんどが、ブリュッセルもしくはドイツのデュッセルドルフと
言う事になります。



需要のある所に供給があると言う、資本主義の基本的な概念から
世界中の色々な国から 色々な訳在りの方々いらっしゃっていました。
日本では夜の巷にいらっしゃる、フィリピーナのお姉さん達は
もっぱら、家政婦さんか看護婦さんとして出稼ぎにいらしています。



別にインドみたいにカースト身分制度があるわけでは無いのですが
アラブ人のお兄さん達はレストランで黙々と皿を洗い、
ザイールの黒人青年は、パッカー車の後ろに飛び乗って
町中のゴミを集めています。
○○の仕事は○○人と言う風に暗黙の了解ができているような。
(昔の日系アメリカ移民がクリーニング屋か、プランテーションの
仕事にしか就けなかったのに似ています)



べルギー人は手を汚さずに「立派なもんだ」!
「嫌な仕事はみんな外国人に押し付けて」と、我々日本人は
マッチ売りの少女シンドロームでそう思いますが・・・・。



彼らとて、国では毎日食べる事さえ儘ならず 
なけなしのお金をはたいて、富める北の豊かな国に
逃げ出してきたのであるから
ドブさらいだろうが、皿洗いだろうが仕事があって
毎日ちゃんと屋根付きの家に住んで、暖かく暮らせるだけで
幸せだそうである。


2世代、3世代目はそうは考えないでしょうが。



ほとんど、ありとあらゆる国籍の人種がいたが、
(居ないのは、自由に出国ができない共産圏の人たちぐらい?)
なぜか、ラテンはラテンでもラテンアメリカの友達が多かった
ラテンの国でCの付く国は美人が多い。


コスタリカ、チリ、コロンビアがラテンの三大美人国として
名声を欲しいままにしている。
私が取引していた魚屋がスペイン人で、彼らが人件費を安く
抑えようと思ったら 同じ言語の
(ブラジルを除く ブラジルのみポルトガル語)
ラテンアメリカの方々と言う事になる。


彼の店にはコロンビアの方々が働いていた。
やたらと、人懐っこい方々で
週末ともなると、「オラー ボニート バーモス」?と
ボニータが誘ってくれる。




オラーはヤアとかこんにちはとかこんばんはとかに使えます。
スペイン人はあまり使いませんが。
ボニートは男の子ですが、いわゆるイケメンはボニートです。
バーモスは、出掛ける?行く?とかに使います。
ボニータは日本語に訳したら「カワイ子ちゃん」でしょうか?



この程度の怪しいスペイン語で、あとフランス語をチャンポンにして
どうやってコミュニケーションを取れたのか、今となっては深い謎であるが?


コンセーロとディアナいう とても人間とは思えないぐらい美人の
ボニータが居た。
週末になるとサルサを踊りに行こうと良く誘われた。
しかし、サルサを踊るダンスホール?が暗いの何のって
場末の怪しげなラブホテルだって、もう少し明るかったような?
「サルサヲ、ワタシハオドレナイ」。と言っているのに
過激に体だけは密着してくるし、あたり一面に漂うマリファナの香り。
日本ならば「オマエナンカ、オヨビジャネー」と
言われそうなぐらいの美人が腕の中に居て
踊っているのか、ただ漂っているのか?




あまりにも危険な香りがしたので
『ソルティー』?(出よう?)と誘ったら
嫌がらずに恐ろしげな南米ダンスホールからは開放されたが
「ドコニイクノカ」?とのことだったので
ボーリングに行こうという事になった。
「ハポネ」(日本人)を連れてきてとのリクエストだったので友人を1人誘った。



ベルギーでボウリングに行くというのは、酒を飲みに行くと
言う事と同じ意味で
3ゲームから4ゲームプレイする間に250ccのビールを
10本から15本飲むことになり
その後は、酒を飲んで酔っ払った大人の男と女がする事を
する事になる事が多いですね。



さて、日本コロンビア混合ボウリング大会が始まりましたが。
我々が何気なく使う言葉、例えば「ピンが3本残った」。「ピンが後1本だけ」。
と、普通に彼と話していたら、コンセーロもディアナも
真っ赤な顔をして、お願いだから「ピンガ」って言わないでと叱られた。


ピンガなどと言う下品極まりない言葉は、南米の(ブラジルを除く)
女性の前では決してお使いにならないように。
(先ほどからブラジルは除くと言っていますが、ブラジルでは
ピンガはサトウキビから作った焼酎で、ブラジルのナショナルドリンクです。
「ウノ ピンガ ポルファボーレ」。
ピンガを一杯下さいといったつもりが・・・・)


ピンガとは、黒人のとてつもなくでかい何のことだそうです。
最上級がピンガ、次がピンチョ、最低がピコで
これだと、女性に笑われて相手にしてもらえないとか?。


でも、ボーリングのピンの事を何んと呼べばいいの?
後、日本の女優の加賀 真理子さんも
変態のだいべんと言う意味になるそうです。



機会はいくらでもあったのに、もう少し真面目にサルサと
スペイン語を教えてもらえば良かったと後悔しています。
彼女達が作ってくれた、コロンビア料理もエキゾチックで 美味しかった。
記憶に残っているのは、コカコーラライス。
バターライスの水分の代わりにコカコーラを加えて
炊き上げる料理ですが、思わず何杯もお代わりしてしまいました。



今頃、彼女達はどうしているのでしょうか?
サルサは少しだけ踊れますよ。
  1. 2008/02/17(日) 20:20:10|
  2. 昔々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生きる。

私のゲストで最近(昨年末)骨髄ドナーとして骨髄を提供された方がいます。

昨年の秋、彼の骨髄とマッチする患者さんが見つかって
骨髄を提供してあげる事になり、それは立派な事だと
一緒にお酒を飲んで、よせばいいのに
「本当は恐い骨髄ドナー」。のお話をしたら
脅かしすぎて、かなり不安になってお帰りになったが。


年末のクリスマスの時期に約1週間入院して、恐れていた事は
何も起こらず無事、提供は済まされた。
ドナーを待ち続けた患者さんには最高の
クリスマスプレゼントになったでしょう。



私も、昔何も知らずに臓器提供のカードに全てyesの所にマルをしていたのですが。



実はイギリスで狂牛病が流行ったころ、私は対岸のベルギーに住んでいて
当然スコッチビーフなるものを、食べていました。


で・・・・・。
日本では。現在その時期に指定を受けたヨーロッパの 国に住んでいた日本人は
献血はおろか、臓器移植などとんでもないと 言う事になっています。
私が「クロイツフェルト人ヤコブ病」に(人間が発症するとこんな恐ろしげな病名らしいです)
感染していないという 保障は何処にも無いかららしいけど。
はっきり言って訳の解らない事です。



23歳以上のヨーロッパ人は全て危険と言う事なのかね?
科学的根拠を私は知りたいのですが。



今日久しぶりにお会いして、何となく彼の顔がまぶしいような
私が望んでもできない事を、リスクを恐れず成し遂げた
(殆どは医者と看護師がしてくれるのですが)
彼の事をとても尊敬しますし、彼の事を誇りに思います。



世界が平和になれば良いと、誰もが願うけど
我々には善を成すことはあまりにも難しいのかもしれませんが
久しぶりに、とても良いお話だったので、書いてみました。



願わくば、彼の提供した骨髄が何の問題もなく
患者さんに定着して、病と死の魔の手から逃れられますように。


  1. 2008/02/16(土) 17:19:52|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頂く。

今年も続々と・・・・?


5人の方からヴァレンタインデーの贈り物を頂いて
これくらいが、常識的であり平和で嬉しいと
負け惜しみを言っておりますが。


昔、若造のくせに、会社の役員なんぞを押し付けられていた頃は
少なくて30個前後、さらに中州で遊び呆けていたころは60-70個
前後色々な物を頂いた。


誰に何を頂いたか解らなくなるので、一々付箋に名前を書いて
貼っておきました。
何も私は自慢しているわけですが・・・・・。


心に残る?プレゼントを少し書いてみます。
心に残るとは、インパクトが強すぎて今だに覚えている
と言う事であって、世間一般の意味とはかなり違います。


ひとつ。
男性用のランジェリー。
それも妙齢な女性から。
そのランジェリー どんな、ゲイバーに行っても彼らが赤面するぐらい
ターニングポイントを 強調してありました。
欧米では(又、欧米か?)基本下着を贈ると言う事は、特別な関係になった人。
もしくは、特別な関係に進みつつある人達の間で交わされるべき
贈り物のはず・・・・。
「うーん 意味が理解できない」。
おそる、おそる電話をする。
「頂き物について質問があるのですが」?
「はい何か」?
「あのランジェリーの意味は解っていらっしゃいましたか」?
「えっ?何かお気に召しませんでしたか」?
「いいえ、あのような結構な頂き物ありがとうございました。
ただ、下着を贈る事の意味が解っていらっしゃるのかと思いまして」。


長い沈黙・・・・・・。



さらに、長い沈黙・・・・・。


「どんな、意味があるのですか」?
「えっ?ご存知無いんですね」。
「意味はですね、『二人っきりの夜に身に付けて来て下さい』と言う
事になりますが」。


長い沈黙・・・・・・。


「どうしましょう、男性はあまりチョコレートをお好きでない方も
多いので今年は、全てランクを分けて下着にしたのですが」。


「君は、アホだ!明日にでも私のシャレを解ってもらえたかと
丁寧に電話でもした方が良いですよ」。
「もっとも、あなたが誰でもウエルカムな慈悲深いマリア様なら別だけど」。




ひとつ
賞味期限の日付が昨年の6月で切れていた、チョコレートの
詰め合わせ。
彼女は多分昨年、多めに買い過ぎてしまったのでしょう。


あまり良く知らない女性で、別にプレゼントを
いただけるような 関係ではないのですが
(確か、出入りの生命保険屋さんのお姉さん)
「ありがとう」!と言って何気に頂いたが、開けてびっくり
夏を越したチョコレートは、ブルーム現象を起こして
黒いチョコレートのトリュフがまるで ホワイトチョコの白い
トリュフの様に変色しているし・・・・。


「まず、これは食べれんやろー」・・・・。


ご幼少のみぎり、母から『お前は卑しいから道に食べ物が
落ちていても食べたらあかんし、知らない人に食べ物を
もろーて食べたらあかんでー』。と
きつくたしなめられていた事を思い出しました。

あの時のチョコレートは今だに忘れられません。
もちろん、即座にゴミ箱行きでしたが。
私のホテルの中で他に 例の方にチョコを頂いたスタッフがいたら
速やかに廃棄処分にするように、回覧をまわしましたが・・・。



ひとつ、
リンツの極薄のビターなチョコレート。
リンツはスイスのチョコレートメーカーで
極薄の板チョコは、私の好みである・
(もちろん、元ベルギー人としては コート・ドール、
ゴディバ、ノイハウス、レオニダスなどもとても好きですが)
最近リクエストを聞いていただける時は、リンツか何がしかの
アルコールにしていただいていますが。


ある年にやはり、リクエストしてリンツを、頂いたのですが
ビニールのパッケージを上手く細工をして、まるで開けていない様に
してあったので気付きませんでしたが、箱のセンターの部分を
切り取って その部分に私が欲しがっていた
ダンヒルのオイルライターを忍ばせてありました。


もちろんダンヒルのライターは、その時も骨董品扱いで 今も職人が
年に特注で何個か作るらしいのですが
とても誰も手に入らないのを知っていたので
「欲しい物はなーに」?と聞かれたら
安心して、「ダンヒルのオイルライター」と言えたのですが


なんと彼女、クリニャンクールの骨董市で見つけて値切り倒して
手に入れてくれたらしい。
でも、それに気付いたのは随分後になってから
そのチョコレートを食べる順番が来た時でした。
ライターからオイルが微妙に漏れていて、チョコレートは
食べられませんでしたが、彼女の気持ちと洒落が
嬉しかった事を今でも昨日の事のように覚えています。




さーて、私は頂いたチョコレートを肴に頂いたお酒を飲む事にします。

  1. 2008/02/15(金) 00:37:02|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

味わう。を総括する。

キャビア、フォワグラ、トリュフと、世に言う
世界の三大珍味とやらのお話しを、心の赴くまま書いては見たけど。

人間にとって『美味しい』。とはいったい何ぞやという話になると
皆目見当も付かない、事柄である。



何の本だったか忘れましたが、ある本の中に「幸せの条件」という段落があった。
幸せになるための、根本的な必要最低条件とは?


まず、『心も体も健康である事』。だそうである。
なるほど、これは一本取られてしまいました
全てはそこからですね。


全ての幸福は以上の2の条件を満たしてから始まる。
次に3の条件が

1・自分が必要とするだけのお金があること。

2・ライフワークがあること。

3・喜びを分かち合う家族、友人、パートナーがいる事。

それを満たした上でさらなる、8の条件が
1・美味しい物を理解して食べれる事。

2.旅が好きな事。

3.できれば、母国語以外の言葉が話せる事。

4・芸術を楽しめる事。

5・スポーツを楽しめる事。

6・社会的な活動を何かしら行なう事。

7・必要に応じてある程度の施しができること。

8・読書を楽しめる事。

心も体も健康で。
ある程度の収入があり、一生かけてやり続ける仕事をして
家族、友人、パートナーとの団欒があれば・・・・。
何もご馳走など食べなくても 何でも美味しく食べられそうな?


明日が支払期限の負債が山のようにあって、1人で、心そぞろに
どんなご馳走を食べても間違いなく美味しくは無いでしょう。


キャビア、フォワグラ、トリュフと。
解ったような事を書いてみましたが、それぞれがとても美味しいのですが
決して、絶対的な美味しさではありませんし。


あなたがキャビアなんかより、おろし大根にとんぶりを
乗せた方がおいしいと言うのなら、
フォワグラなんかより、アンキモの方が美味しいというなら、
トリュフより、松茸の方が美味しいと言うなら。

胸を張ってそう言っていただいて構いません。
「座って半畳、寝て1畳」。
健康に楽しく生活できるのは せいぜい70歳までです。
思う事を、思うようになさった方が良さそうな。
キャビア、フォワグラ、トリュフが美味しくなくても
何も不幸ではありませんから。
  1. 2008/02/12(火) 20:58:10|
  2. 食材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

味わう。3.トリュフで静かに発情する。

また、ポルノなの?とお叱りを受けそうですが。
いよいよ、真打「高級食材の王にして、王の為の高級食材」

その名は「トリュフ」。


私が料理人の道を歩き始めて、運良くヨーロッパに流れ着き
日々、研鑽してるんだか すてきなマドモワゼルと
遊び呆けているんだか 解らない毎日でしたが・・・・。

その時は、概ね真面目に勉学にいそしんでおりました。
毎日、毎日レストランに行って 怪しいフランス語を駆使して
仕事をこなしていくわけですが。
料理を作っても、ゆっくり味わって食べると言う事は皆無であり
どうしても、食べたければ休みの日に 他所のお店を予約して
食べに行くしか 仕方がないことでした。


我々のトレーニングで集中食というのがあります。
仮に、若い女性が初めて乳脂肪40%の生クリームで作った
苺のショート・ケーキを食べたとします。
すると、もちろん大感激 世の中にこんな美味しいものがあったのかと
思うぐらいです。
(生クリームも苺もケーキも嫌いなら致し方ありませんが)
でも、短期間に色々なクリーム、苺、スポンジの生地を変えたものを
食べ続けていると 人間悲しい事にすぐに飽きてしまいます。


しかし、更に上を行く素材で作った 苺のショートはやはり
目を見張る美味しさがあります。
紛い物と、本物を見分けるためには、必ず一度はその食材を
飽きて見たくない位に食べる必要は在ると思います。


フォワグラの集中食は、ある年のヴァカンス、働いていた
「ラ・ブルゴーニュ」と言う2つ星のレストランが、
明日からバカンスなので、フォワグラが大量に余って処分に困り
「お前にやる」。とその大量のフォワグラを
朝昼晩と色々な調理法で、食べ続けた。
仕舞いには、ゲップ(失礼)までフォワグラの匂いがしてきそうでした。


キャビアの集中食は、私のボス「元警察庁長官、山本静彦大使」が
ある日、お土産に頂いたからと、
洗面器ぐらいはありそうな「ベルーガ」の大きな缶を持って帰っていらした。
初めは、お部屋の冷蔵庫に入れてちょこちょこ召し上がっていらしたが
奥様から魚卵は控えて下さい。とのお達しがあり
私に、恩賜いただいた。

さすがは、ベルーガの最高級品、まずそのまま頂き、週末に友達を8名ほど
自宅に招き、「手巻き寿司パーティ」。
罰当たりな事に「ベルーガのおろし合え」、「ベルーガ茶漬け」、までは美味しかったのですが
「ベルーガ雑炊」を作り、下のご飯が見えないぐらいキャビアをトッピングしたら
熱でキャビアに火が入り、その硬くて口当たりの悪い事
いくら美味しいからと言って、調理法を間違えれば
こうなると言う高い授業料でした。


こうやって、私の野望の集中食の夢は達成されてきたのですが。
(ある意味、美味しい物を飽きるまで食べると言う事はとても不幸な事です。)
「トリュフ」だけがまだないのです。
近い事は何度かありましたが、「もうトリュフなんか見たくもネエ」。
などということはありません。


トリュフには2種類あります。黒トリュフと白トリュフです。
黒ならフランスはぺリゴール産、白ならピエモンテのアルバ産が
名声を二分しています。
黒は食卓の黒いダイヤと呼ばれ、加熱する事で本来の真価を発揮します。
白はノーブルな香りが珍重され基本的に薄く削って生食します。
白トリュフは黒の価格の2-3倍はします。
黒で年にも寄りますが100g3-4万円ぐらいでしょうか?
レストランは更にそれを1g1000円ー2000円で売っています。
高いと思われるでしょうが、もし誰も食べてくれなかったら
全て廃棄処分、賄い行きは確実なのでしかたありません。


昨年末、マカオの慈善オークションに出品された、1.5kgの世界最大の
白トリュフは 最終落札価格が1900万円でした。
つまり、1gが約12666円です。


美味しい黒トリュフの思い出は、パリのフォージュロンというレストラン
「半熟卵の黒トリュフのピューレ添え」です。
卵を3分ほど茹でて、特殊なはさみで上部を切り、半熟の白身は
くりぬく、白身の部分にトリュフのピユーレをたっぷり詰めて
澄ましバターで揚げた、ブリオッシュという美味しいパンが
スプーン代わりに添えられます。


はっきり言って、私にとってその時までは別にトリュフは
物好きのお金持ちが訳が解らずに食べる物でした。
半熟の卵黄とトリュフをかき混ぜてブリオッシュですくって食べる美味しさ????。
今まで食べていた物は、一体なんだったのか?


白トリュフの思い出は、フィレンツェはエノテーカ・ピンキオーリ
(東京にも支店がございますが、ぜひフィレンツェまでお出かけ下さい。)
の白トリュフのリゾットを上げたい所ですが、
あるイタリア人のシェフの思い出がありますので、そちらのお話しを。


5年ほど前にピエモンテ料理の講習会を福岡で開催した。
その時通訳と助手でぜひ参加して下さいとの、依頼でしたので
喜んで参加しました。
怪しいイタリア語の通訳?と思いになるでしょうが
イタリア、フランスの国境地域では、普通2カ国語が話されます。
だから、フランス語で問題はまったくなし。
シェフのエンリコさんも、ペラペラでしたし
相棒の香ちゃんが、正通訳としてイタリア語のアシストもばっちりでした。


前日から会場の福岡専門調理師学校に入り、本当に楽しい仕込み。
遊んでばかりで これでいいのか?と思いました。
お昼になって、「Yamada 3人でこれを食べよう」。と言って
バックの中から出してきたのは、子供のこぶし大の白トリュフ。
???。あまりの事に一瞬何を言われているのか解らず。
「セ・ポワブレ」?(そいつは嘘だ!)と言ってしまいました。


作り方は簡単、3人前でお米は1cup、玉葱をみじんに切り
バターで炒めて、お米を洗わず投入 更に炒めて別鍋で沸かしておいた
熱々のブイヨンをひたひたになるまで入れて、弱火でじっくり20分
ブイヨンはなくなり次第継ぎ足す事!。


仕上げにバター大匙1、パルミジャーノたっぷり、オリーブオイルを加えたら、初めて良くかき混ぜる。
塩、コショーで味を調えたら皿に盛り・・・・。
ここからが、重要なところ。
専用のかんな(トリュフギッターと言います)でお米が見えなくなるまで
白トリュフを薄く大量に削ります。
思わず恍惚となる香りが当たり一面に 広がり
白トリュフはこうでなくっちゃと 唸りたくなります。



楽しい講習会も大成功に終わり、エンリコシェフにも
とても愛されてしまい、「イタリアにきたら必ず寄る様に
1週間でも2週間でも好きなだけ、居て構わないから」と
外交辞令ではなく、本気で言って頂いて。
「次はアオスタで、会おう」!と下らない親父ギャグで別れたのに一昨年ご病気で亡くなられてしまった。


トリュフを採取する時は、今は訓練を受けたワンちゃんが活躍していますが、
少し前まではメスの豚ちゃん達が活躍していました。
なぜ、メスなのか?実は豚のフェロモンとトリュフの香りは
同じ成分です。
「彼女はフェロモンムンムンだ」!などと申しますが
鳥類、哺乳類等 我々高等動物は基本的にフェロモンを出すのは牡の方です。
(なぜ、我々が高等動物と呼ばれるのか理解に苦しむけど?)
メスの豚ちゃん達はその催淫物質に、引きつけられて
トリュフのありかを見つけるわけですが
大好物のトリュフを見つけても、彼女達は食べる事はできません。
お礼に幾ばくかのどんぐりを、もらいます。
豚は神経質な故に訓練ができず、悪路では登りも降りもできず
現在のワンちゃんの出番になったそうです。

ワンちゃん達はトリュフを見つけても間違っても食べませんから。


ブリア・サヴァランはその著書「味覚の生理学」邦題「美味礼賛」。で
ご婦人方に食事の時トリュフを勧めると、トリュフには催淫作用があり、発情を促す。
とお書きになっておりますが。




最後に最近中国及びチベット辺りから、中国産トリュフの
名前で安価(それでも1kg1万円)な紛い物が入荷していますが

昔のランプフィッシュの偽者キャビアと同じで
決してトリュフなどと呼べるものではありませんので。


松茸と同じでトリュフも香りを楽しむ物です。
黒トリュフは今が最盛期です。
今宵静かに発情してみますか?
  1. 2008/02/08(金) 18:50:51|
  2. 食材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

味わう 2.フォワグラは

ある年のクリスマスのメニューにフォワグラを載せていた。


私のスペシャリティーで、フォワグラのクレームブリュレという料理があるが・・・・。
(自分で考え出した革新的な料理をひとつ上げなさい、と言われれば「これっ」。
と言ってしまいそうなぐらい、美味しいと私は思っている)


「美味しいですよ」。と品の良いマダムにお勧めしたのですが。
「私はパリのマキシムで頂いたから日本のフォワグラなんて不味くって」。
などと、恐れを知らぬ傲慢な事を仰るので、
私も若く人間が今以上にできていなかったので至らぬ事を。


「フォワグラにはお詳しいんですね」?
「宅の主人は痛風の癖にフォワグラが大好きで」。
(痛風の方には殆ど自殺行為の食べ物です。)
「あちこち食べ歩いたんですが、やはりマキシムじゃないと・・・・」。
「確かにマキシム・ド・パリも美味しいですが、8区のラ・マゼ-ルにも、
もちろんお出かけになっていますよね」。?
「8区のラ・マゼール」?
「フォワグラ料理の専門店で我々業界人の中では世界一と、
いうことになっておりますが」。


あの店の、「フォワグラフレ」。(生のフォワグラをガーゼに巻いた岩塩で漬けた物)を食べなければ、美味しいフォワグラを食べたとは言えないですね。


「・・・・・・・」。
「前菜から、デザートまでフォワグラ尽くしなんですよ」。
(デザートは法螺話しです。トリュフのアイスクリームならありますが)
もはや、マダムは完全に沈黙されたので、すっとしたのは良いけれど
今考えれば何とも大人気ないことを、してしまいました。


フォワグラ。
古くはローマ人はすでに食べていたらしく古い記録に残っています。
と言っても、西洋料理の調理法は蒸す以外は ローマ時代に完成されていますが。


まず、フォワ・ドオワ(鵞鳥)とフォワ・ド・キャナール(鴨)の2種類があること。
産地で有名なのは、フランスではランド産、ストラスブール産が有名で、
後は東欧(ハンガリーなど)や、イスラエルでも生産されていますが、味は?です。
日本でも青森産のフォワグラはかなり高品質だったと記憶しております。


普通は卵大の大きさのレバーを、栄養過多にしてフットボール大の
大きさに奇形、(間違い)肥大させます。
肥大させ方なんですが、ガバージュと言って、鵞鳥の口を
無理やり開けさせて専用の器具で、やはり無理やりに胃の中に餌を送り込みます。
餌を一度に与え過ぎると、消化不良で死んでしまいますから
ガバージュの職人が、少しづつ慣らしていきます。
授餌が終わると、暗い部屋に放り込まれて 運動はいっさいさせません。
人間で言えば脂肪肝ですね。


昨日のキャビアよりは、ストレートに美味しい、不味いが解ります。
好き嫌いももちろんありますが、最初に食べる時品質の良いフォワグラを
腕の良い方に調理していただく事をおすすめいたします。
私が帰国した時は、みなさんフォワグラに小麦粉を付けて焼いていました。
(小麦粉を表面に付けないと焼けないような粗悪なフォワグラが当時多かった)
他、テリーヌにしてくれるのは良いのですが、高温で処理してあってガチガチ。



仕方ないんですが、フォワグラも個体差があって 全体が筋ばった物
あまりにも、融点が低く焼いているうちに殆どが融けた脂肪になってしまう物色々です。
福岡市内 有名某Nホテルの(福岡には有名Nホテルは2軒あるが)
料理長は納品されたフォワグラをその場で真っ二つに切り
焼いて融けなければ受け取ると言う、無謀な事をしていたが
業者間では有名な話で、
無残に、ぶった切られた残骸を、捨てるのはもったいないから
ムッシューあげますから使って下さいと、何度かもらった。
大手ホテルの仕入れの数にまかせた、横暴である。


私はそれで、美味しいフラン(フォワグラのプリンみたいな物)を作りましたが。何か?

合わせるお酒ですが、ストラスブール産のフォワグラでしたらトカイなんかが好きです。
思い切って冒険してゲベルツシュトラミネールなども、
ライチのフルーティな香りがして意外と合うかも?
ランド産のフォワグラでしたら、もちろんソーテルヌ。
ベストはシャトー・イケム?なんだけど
多分フォワグラのお値段の何倍もするので、次回に。

ロビッションがまだ、パリの日航に居たとき
フォワグラに合わせるために、20年物のポルトか、シャトー・リューセックをグラスで出してくれたのは、何とも嬉しいサービスでした。


「品質の良いフォワグラ、腕の良い料理人」。
何の料理でも同じなんですが、できる限りベストの状態の物を食べて判断して下さい。


  1. 2008/02/07(木) 18:14:35|
  2. 食材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

味わう。1.キャビアなど

昨日のニュースで、いまいち美味しさが解らない高級食材ランキング
なるものがありました。
気になる順位は
1位キャビア
2位フォワグラ
3位からすみ
4位乾しなまこ
5位ツバメの巣
6位トリュフ
7位百合根
8位エスカルゴ
9位すっぽん
10位白子の順なんですが。

高級食材と言われているにしては、7位の百合根8位のエスカルゴ
10位の白子はかなり疑問な 高級食材?

百合根は現在畑で栽培できるし、エスカルゴは元々葡萄の樹の
害虫でしかなかったし、白子も河豚や鱈の雲子なら解るが
他の白子は殆どすてているし、11位のアンチョビー12位の
湯葉なんぞはイタリアと、京都のおばんさいですぜい。

では何故、高級食材が美味しくないのか?
少し考察をしてみる・・・・・。

1位のキャビアについて。
まずどのような、シチュエーションで召し上がったのか?
結婚式の前菜のカクテルの上に載った、かぴかぴに乾いた
黒い物体を食べて、美味いの不味いの言っているなら
御門違いも甚だしいことで、


シチュエーションとしてお勧めは、南仏はニース、ホテル ネグレスコのメインダイニング
シャンテ・クレールにお出でになって、
もちろん同伴の若い女性は、若いころのブルック・シールズか
フービー・ケイツ並の、お色気あふれる女性を同伴
される事をおすすめします。
もちろん時刻は、夕暮れ時 ドレスコードは女性は
背中を大胆に開けたイブニングドレス、男性はノウネクタイでも
構いませんが、ジャケットは着用の事

あなたと、ガールフレンドが席に案内されると
氷をたっぷり引き詰めたクリストフール
(フランスの銀食器、超高級品)のキャビア用のバケツが厳かに運ばれ
傍らにはルイ・ローデレールのクリスタル・ブリュット
(ドン・ぺリニョンより高価で高品質)がキンキンに冷やされている。
お酒に関しては。当然ウオッカでもかまいませんが
お連れの美しい女性とのアフターを考えるなら、あまりお勧めはしません。

キャビアはもちろん事前に"ベルーガ”というキャビアをオーダーしておきます。

キャビアには原料となるチョウザメの種類によって
ベルーガ(ラベルは青で小売値で100g 4-5万円はします)
オセトラ(ラベルは黄色で小売値で100g2.5-3.5万円ぐらいです)
セブリューガ(ラベルは赤で値段はオセトラより少し安いかな?)



ネグレスコクラスになると、お子様のままごとの洗面器ぐらいの
缶を開けて持ってきてくれます。
もちろん、あなたに出される前に調理場で重さは正確に
軽量されています。
そして、あなたとガールフレンドが好きなだけ食べた後
キャビアの缶は、再び調理場に戻され軽量を再度受けます。
これで、二人が食べたキャビアの量が正確にわかります。
(1gなんユーロになるかは解りませんがかなりの高額です。)


キャビアには軽く焼いたメルバトーストとブリニ
(そば粉のクレープ、必ず焼きたてを持ってきてもらうこと)と
サワークリームがそえられています。
なんかの本で読んだからといって、玉葱のみじん切りは?
などとオーダーしたら露骨にサービスのお兄さんから嫌な顔をされる事請け合いです。
ので、今日は止めておきましょう。


トーストかクレープの上にキャビアを乗せていただくわけですが
少なくてもティースプーン1杯、こうなりゃ破れかぶれだとお思に
なれるなら、思い切ってスープスプーン1杯ぐらい乗せましょう。
サワークリームはブリニのときは必ず添えた方が美味しいと思います。
メルバ・トーストの時は洒落て、さっとレモンだけをを絞ってみるのも楽しいかと。


このときの会話は決して、月末の支払いや このあいだの喧嘩の
事を蒸し返してはいけません。

最初から最後までにこやかに、今日の午後2人で出掛けた
マチスとシャガールの美術館(ニースに道を挟んで向かい合わせにあります)
のお話しでもしましょう。


ロデレールのシャンパーニュも空いたし、魚卵の少し生臭い匂いにも
飽き飽きしてきたので、今日はもう帰ります。
前菜としてではなく、あくまでキャビアだけを食べに来た
というのが、スマートな食べ方かと思います。

「ラディッション・シル・ヴー・プレ」。
(「お勘定をお願いします」と、言いましょう。ブラックカードを 持っているからといって、
テーブルの上でクルクル振り回すのは下品ですのでお止め下さい。)

多分汚い文字で書かれた(向こうの手書きの勘定書きをすらすら読めたら
あなたのヨーロッパ生活も充実してきます。
間違いだらけですので、必ずよくチェックして下さい。)
勘定書きには、あなたの予想を遥かに超えた金額が
記載されていますが、目の色ひとつ変えずに
にこやかにお支払い下さい。
多分軽く20万円は越えているでしょうが・・・・。


支払いが終わり、店を出ようとするとあなたの席の
サービスを担当してくれたお兄さんが、アポロの宇宙船のドッキングか
シルクドソレイユの空中ブランコよろしく絶妙のタイミングで
近づいてきますので、右手のポケットからサッとチップを渡します
金額はそうですね、日本円で5千円ぐらいでいいでしょう。
そのとき、彼にあなたが「ありがとう」を言う事もお忘れなく。


以上のことが、さりげなくスマートにできなければ
キャビアを食べても美味しくもなんとも無いと思います。


世界の3大珍味などと言ったところで、あくまで西洋人が
勝手に決めた事で
ファーイースト(極東、という呼び方もおかしいが)の我々の
関知することではなさそうですが・・・・。


このテーマ、少し真面目にシリーズでお届けします。
でも、キャビアは乱獲がたたって、本当に希少というか
絶滅寸前なので、できたら他に美味しい物はいくらでも
在りますから、食べないで頂きたいのですが・・・・・。
  1. 2008/02/06(水) 14:19:09|
  2. 食材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小人閑居して不善をなす

しょうじんかんきょしてふぜんをなすと、読みます・・・・。



高校生の時は、「ははあーん!これはマスターベーションの事だな」と思っていましたが。
18歳の子供には解らなかった事も、時がたてばおのずと理解できる事でした。



原典は、「心根の小さい男が閉じこもっているとろくな事はしません」。
と言う意味なんですが。
身につまされる、まさに今の私。


少しは人間らしく会話の糸口を、掴めたのかなとも思いますが、
携帯を何度鳴らされても、まず出ないし。
メールの返事は出さないし。
今日も何かすることに死ぬほど億劫でしたが、
仕事のメールを何とか2通出したら
精神の息切れがして、昼からはお店のベンチシートで廃人をしていました。


ランチに来た女友達が あまりの、落ち武者ぶりに驚いて
何とか外に連れ出そうとしてはしてくれたのに
着替えるのが面倒で、外は寒いし、変な人がいっぱい居るから嫌だと断る。 


最近やっている事と言えば、中毒も末期症状なくらいに本を読み続けて。
昨日だけでも 「さらば愛しき女よ」レイモンド・チャンドラー
(久しぶりに読み返したら、やっぱり主人公のフィリップ・マーロウはかっこいいと言うか、男のあこがれですね。)
「宇宙衛生博覧会」筒井 康隆。
(全編ドロドロのブラックネタで深夜引きつったように笑う私は誰?)


今日は今日で「シャングリラ病原体」上下巻、
ブライアン・フリーマントルを、一気読み。
お口直しに、「何故美人ばかりが 得をするのか」ナンシー・エトコフを読み始める。



1日2-3冊読むとしても 我が家の蔵書だけで10ヶ月は
篭城できると解って案心したような、がっくりしたような。


他、最後の切り札。
友達の形見の 世界文学大全集 全64巻だけで
プラス2-3ヶ月はいけそうです。
で・・・そんなに篭城してどうするのかね?



”泣くさ嫌さに笑い候”という言葉がありますので 
今夜はみんなで笑いましょう

馬が笑う?

西部の町で ある男が夕暮れのバーで酒を飲んでいた。
バーテンと色々と話しているうちに、バーテンが
表に繫いである俺の馬を笑わせたら 今夜は好きなだけ飲んで良いと言った。
解ったと言って男は、その馬の耳元で何か囁いた。
すると、馬がゲラゲラ笑い出した。
その夜男は好きなだけ酒を飲んで帰った。

次の日その男が、夕暮れ時にまた現れてバーテンと話し始めた
昨日は馬が笑ったばかりに、まんまとやられちまったが
今日はひとつ俺の馬を 泣かせてみてくれないかい?

解ったと言って男は馬を引いて暗がりに消えた。
1分ほどして馬と男が帰って来ると、なんと馬がさめざめと泣いていた。
男はその夜も好きなだけ飲んで帰った。


それから2-3日してまた、男がバーに現れた
バーテンは今日は最初から只にするから、俺の馬が何で
笑ったり 泣いたりしたのか教えてくれと言った。

「OK!初めの夜は俺のナニはおめーのよりでかいと言ったんだ」。
「2日目の夜は暗がりに行って、チャックを下ろしてナニを見せてやったのさ」。


ワレサだ!
ポーランドの酒場で、ワレサという少し頭の涼しい男が飲んでいた
そこにショパンと言うやはり少し頭の足りない男がやって来た。
「おいワレサ何か面白い話はないか」?
「よし、じゃあお前になぞなぞを出すぞ、俺のおやじとお袋から生まれて、
兄貴でもなければ弟でもなく、姉さんでもなければ妹でもない。誰だ」?
「うーん・・・。わかんねえや」。
「答えは、俺さ」
「あーなるほど」とショパン
さっそく家に帰り、食事の時女房に
「おやじさんとおふくろさんから生まれて、兄さんでもなければ
弟でもなく、姉さんでも妹でもないものなーんだ」?
「そんなの、難しすぎて解らないわ」。
「よし!降参だな答えはワレサだ」!


小人閑居して不全をなしております。
  1. 2008/02/05(火) 23:37:32|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギョーザについて。

母から電話が・・・・・。
「お前は中国産の野菜なんぞは使ってはいないでしょうね」?

最近中国の一部の業者?に、またやられちゃったみたいで
はっきりした原因の究明を急いで欲しい。
(断定はさけるべきだが、日本では使われてもいなく、入手もできない殺虫剤
中国では最近まで出回っていた殺虫剤 どっちなんだろう?)


幸い、日本では死者はおらず今のところ、発症したみなさんも重篤な危機からは
脱したみたいで、不幸中のせめてもの幸いであるが。



母の、戒めは続く、
「お客さんが中毒になったり、入院でもしたら世間に顔向けが
できないから高くても安全な食材を、買いなさいね」。


私の店では基本的に、地産地消(一部の高級食材と言われる者は別ですが)を
目標にはしておりますが。
今の日本でそれを、望んでも100%は無理な事です。
(いいえ、我が店では100%だと言い張る方がいたら、かなり早いけど
今年のうそつき大賞をあげることにします)


和牛だから安全ですか?国内産の鶏や豚は安全ですか?
彼らに与える飼料は、日本で賄う事はできないんですよ?


では、私の店では何処の馬の骨?かも解らない食材を
使っているのかと言われても困るのですが。
私が言いたいのは、「パニックにならず冷静に対処しましょう」と言う事なんです。



貿易相手国として、いまやアメリカ合州国を抜いて1位になった中国。
好むと、好まざるによらず、仲良く健全な関係を構築していかないと
お互いが発展できなくなる、関係。



何処かのフレンチのシェフ、テレビではさんざん無農薬国内産有機野菜しか
私の店では使っていませんと 言いながら安い中国産の野菜を山のように
お買いになっていらっしゃる方がいるが・・・・。
中国産がすべて有害なわけなど まったく無いし 良い物ならば使うべきだし、
私が怒っているのは、一方で食における「尊皇攘夷」を振りかざし、
影でコソコソ開国するそのさもしい根性が嫌いだと言っているのです。
(業界では有名なお話ですが、この方の良心は一向に痛まないらしいのです)



随分昔に書いたけど、まったく無農薬で有機栽培は
プランター一鉢ならともかく商業ベースに乗せて、
美味しく安定供給するにはかなり無理があり
減農薬の選択、安全な輸入野菜の導入も、オプションとしては当然これから、
検討していかなければならない事だと 思います。



私の母の意見も、ごもっともなお話しだと思いますが。
確かに共産主義独裁政権の国、中国。
お話しにも民主主義国家とは呼べませんし、
何をしでかすか解らない国ですが、牛歩の歩みではあるでしょうが。
改革開放路線に切り替えてから、中国史で初めて働いて努力をして
運にも恵まれれば、誰でも豊かになれる、
路上で飢えて死ぬ事が無くなる、明日食べる物さえないのに
原爆を作って「打倒!アメリカ帝国主義」との戦争には備えなければ
ならないなんて事態には、もう後戻りできなくなっています。



食の上での”安全保障”お互いの国が冷静に対処、対応をできて
さらに両国が緊密になればよいと思います。
昔から言うではありませんか、「金持ち 喧嘩せず」。



2月3日の節分は今年は太巻き寿司は作らずに、お客さんの香港お土産の
蝦子麺を使った、蝦仁雲呑麺を作りました。
世間をお騒がせ中のギョーザならぬ 雲呑麺でしたが
ちゃんと、鶏モモ肉を山ほど入れた清湯スープで作った美味しいだし、
海老もたっぷりの雲呑、麺も予想以上に美味しく
久しぶりに絶品のお昼ご飯でした。



「鬼は外、福は内」!
最近にしては、ひどくまともなコメントを書いた様な?

  1. 2008/02/04(月) 15:20:32|
  2. 食材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。