シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

実は長い日記を書き上げたのにupに失敗して一気に消失
落ち込んでおりました。
今から再トライです・・・・。
多分随分短く端折るでしょうけど。


「ブリュルッセルは368日雨が降る」。
大使公邸のバトラーのムッシュー・プティ
(チビさん、ファミリーネームがプティ、チビさんなんです)は
私にそう言いました。
1年は365日ではないのかと聞きましたけど
いかなベルギー人のレトリックかは解りませんでしたが「368日」と言い張ります。
きっとベルギーでは雨が降らない日は無いと言いたかったのでしょう。
プティさんに言われた事がまんざらデタラメではない事は
暮らし始めて解りました。
雨脚の短い雨が1日に1度か2度サッと降ります。
パリでもそうでしたが、日本みたいな土砂降りは殆どありません。
霧雨みたいな雨が15分から1時間ぐらい降ってお仕舞いです。
なので、パリでもブリュッセルでも傘を差して歩いた記憶がありません。
パリジャンもブリュッセロワも(どちらも男性)基本雨が降っても傘を差しません。
代わりと言ってはなんですがパリジェンヌもブリュッセロワーズも
(どちらも女性)それはお洒落で素敵な傘をお持ちでした。
そう言う訳で、紳士物の傘は売れません。
男性諸氏は如何お過ごしかと言うと、みなさんカスケットcasquetteを
(ハンチング)お持ちです。
私も普段使いの物と、鱒釣り用に2個持っていました。
(帽子の数え方を今知りましたが1個2個なんですね)
降りしきる雨の中(そんなに雨は降りませんが)
ハンチングを深く被り、ブルゾンの襟を立ててお仕舞いです。
後は濡れるに任せます。
晩秋。雨に濡れた後、暖炉に火の熾っている
我が家に帰る嬉しさは例えようもありません。



そんなわけで、私の中では男は基本傘は差さないもので
それを何だか格好のよい事と言う考えがいつの間にかできていました。


そんなこんなで9年近く在欧生活は続くのですが
ある日突然の帰国です。
その時は全くの今浦島で私の些細な行動で随分と誤解をされたり
つまらないことでまごついたりで毎日が大変で
改めて日本人になるべくリハビリです。


”例えば満員電車の中で老婦人に席を譲るように
あんちゃんに言ったら喧嘩になったり。
私の車に乗せて家まで送ってあげた部下の女性が降りる時
車のドアーを開けてあげたり。
旅先で大きなトランクを持った女性の荷物を何気に持ったり、
エレベーターや百貨店のドアーが閉まらないように
開けて待っていたり・・・・。
向こうでは当たり前だった立ち居振る舞いが、
日本では対女性のトラブルになるのです。”



で、雨降りなんですが・・・・。
折角身に付けたライフスタイルは変えたくも無く。
雨の日に傘も差さずスーツとハンチングで出社する私はお笑い種の
気障も極まれりだったのですが本人気にしてはおりませんでした。

しかし、所要で繁華街まで出歩く時は最悪で すでに日本の激しい雨で
びしょ濡れの私が、大きな交差点で信号待ちをしていると
回りの方の傘の骨の先から滴る雨粒で更なる悲劇が始まります。
そして最悪の事態は、身長183cmの私の目の高さと
平均的日本女性が傘を差した時の傘の骨の先の位置が殆ど同じと言う事です。
うっかりしていると両目を突かれます。


<火>がなく煮炊きもできず暖も取れなかった人類に
「火」を贈ったばっかりに、その行いを怒ったけちなゼウスにより、
カウカソス山の山頂に張り付けにされ、
生きながらにして毎日肝臓をハゲタカに突かれる責め苦を強いられた
プロメテウスの気分はきっとこんな気持ちだったでしょう。
とは、大げさですがとにかく危ない。


この状態から解放されるには如何すべきなのか?



答えは簡単でした。
私も傘を差せば、私の傘の半径×半径×3.14の面積には
余人の傘の骨先も侵入不可となります。
雨の日に傘を差さないダンディズムを捨てて
代わりに黒いこうもり傘を買いました。
それ以来雨の日には傘を差して歩いています。
カスケットは年に数度しか被らない珍しい帽子となりました。



本日九州、中国、四国、近畿、東海の各地方が梅雨入り。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/10(水) 03:56:42|
  2. 昔々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皇太子とカレーと

昨日は「みどりの日」だと思っていたら、
2005年より「みどりの日」は
5月4日に移動して4月29日は「昭和の日」だそうな。
昨年は天長節の事について書きましたが、今年は昭和天皇の
お孫さん現皇太子のお話を少し・・・・。

そのころ殿下は、オックスフォード大学に留学中で
ベルギーの王室とは付き合いも古く、フィリップ王子とお年も同じせいか
ふらりとよくベルギーにおいでになっていました。
いらっしゃる当日の朝、大使から「今夜殿下がお見えになりますので」と
たったそれだけ、伝えられます。
日程は前日からご存知のはずなのに、教えていただければ良いのにと思いますが
安全上の問題もあり、なるだけ隠密行動をなされていました。
もちろん、現在ブリュッセルの日本大使公邸に、殿下が逗留中などとも
決して他言はできません、殿下にはSPが一人お付なだけですから。
さて、皇太子御逗留の夜のお食事は・・・・・・?


何かお好きなものをと、大使がお尋ねした所
「カレー」を召し上がりたいとの事。
「なぬ?カレー?皇太子?カレー?何で?」。
下々の私にとって、日本国家の平和の象徴であらせられる
天皇家のプリンスが「カレー?」。
嫌も応もなく、キッチンにとって返し残り4時間でカレーを作りました。


よく、天皇陛下が御行幸なされて、逗留先の旅館やホテルで
出されたお料理を非情に美味しかったと、仰せになったと
まことしやかに言っている輩がおりますが、それはお傍にいた
現地の方が適当にそのような事を言っているのであって
決して味について、美味いの不味いのは仰せになったりはしません。
第一「美味しい」と言ってしまえば(事実美味しかったのでしょうけど)
その料理を作った料理長やお店は有頂天になり、下手をすると
商売に利用されてしまします。
仮にたまたま、その料理がお口に合わず「不味い」などと
仰せになったとすると、その料理長は多分その晩に
首を括る確率が50%ぐらいはあると思いますので
天皇陛下が美味しいと仰せになったと、地方の旅館やホテルで
言っていることは「嘘」です。

ただ、食後には「ごちそうさま」と仰り
出されたお料理は全て召し上がります。
お残しをなされると私がその晩に首を括るかもしれないからです。


嫌いなものや、体調が悪くてもお料理を残される事は
まずありません、私のカレーはお代わりをされたので
大使の秘書から「決して美味しいは仰せにはなりません」と
聞いてはいても、まあお喜びいただけたのかと安心しました。
都合3度ベルギーにおこしになりましたが、寿司だのカレーだのと
庶民的な物をお召し上がりになっていらっしゃいました。



皇太子殿下が留学時代を偲んで本をお出しになっております。


皇太子の留学記『テムズとともに』
 『テムズとともに』徳仁親王     学習院教養新書


お暇な時間があれば、ぜひ一読されてください。
  1. 2009/04/30(木) 00:56:06|
  2. 昔々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホテル・セントラル          

はるか昔、千葉や湘南でサーフィンなどをやっていたころ
海辺の傍らのラジカセからはイーグルスの
「ホテル・カリフォルニュア」が流れていたが・・・。


パリの2区 経営危機のフランス・ソワール新聞社のすぐ傍に
我らが「ホテル・セントラル」が在る。
セントラル・ホテル(中央ホテル)などと名前は凄いが
全21室の暖房のみ。風呂なし、シャワーは共同(殆ど水しか出ない)、
部屋によってはベットはくの字。
スペシャルサービスでオン・シーズンにはもれなく南京虫付き。


今考えると、よくあんな素晴らしい環境で暮らしていたと我ながら感心する次第です。
パリに居る頃は、私宛の手紙の住所がセントラル・ホテル気付でしたので
何も知らない日本の友人はホテル暮らしが羨ましいなどと
勝手に思っていましたが、とんでもないお話で
簡単に言えば東京の山谷や大阪の釜ヶ崎のあいりん地区にある
お泊りハウスに毛が生えたようなものでした。
一応、1階の入り口と自分の部屋の都合で2ヶ所の
鍵が唯一のプライバシーを守るための装置で
隣の淫乱なお姉さんが自慰に耽るあえぎ声や、
毎週末違う男と繰り広げる、狂宴の様は手に取るように
解る仕組みで、甚だ賑やかかつ落ち込む環境でした。


ホテルの経営者兼、オーナー兼、掃除夫のカスティロおじさんは
スペイン人のバイセクシュアルで、フランコファシスト政権が嫌で
スペインから逃亡 勇猛名高いフランスの外人部隊
それも極め付きのパラシュート降下部隊に入隊と言う輝かしい経歴の方でした。


なぜか、そのホテルは食い詰め者の吹きだまりみたいな所でした
日本人も何人かいたのですが、ざっと覚えているだけで
股間に綿を詰めるチビのバレエダンサー、シェパードを絞め殺したコック、
日本で騙されてパリに売られて、パスポートまで取り上げられて
蛸部屋から命からがら逃げ出した焼き鳥屋の兄ちゃん、
アルジェリアからのヤク中の流れ者、屋根裏部屋の三味線弾き等
今考えるだけでネタの宝庫で、彼ら一人一人で短編が書けそうな
ぐらい壮絶な経験をなさっている方ばかりでした。


シャルトルの契約が終わると、田舎は嫌だと都会に出てきたのですが
それでなくても外国人に冷淡なフランス人なのに、パリジャンやパリジェンヌ
などと聞こえは良いがとんでもない話で、パリで初めに覚えたジョークは
「パリは最高、これでフランス人が居なければもっと良いのに」と言うジョークでした。
ちゃんとした滞在許可証も労働許可証もない
我らが日本人の不法就労者がまともな、アパートなどに
入居できるわけが無く、切羽詰って木賃宿に宿泊せざるを得ない状態でした。
その頃は、ラ・ブルゴーニュと言う二つ星のレストランで
パティシエーをしていました、元々はキュージニエー(料理人)なのですが
手っ取り早くお金を稼ぎたかったのと、本格的に製菓を学ぶ必要があったからです。
パティシエーは朝が早いし、レストランでデセールは一番最後に出るので
帰りはいつも一番最後です。
そのためいつも慢性的な睡眠不足で、昼休みには必ずホテルに帰って
寝ていました。
在る日のこと、シェスタ(昼寝)をしていると
聞き覚えの在る音色が聞こえてきます。
でもまさか、ここはパリです三味線の音など聞こえるのは
只の幻聴でしょうと、また意地汚く眠りに就こうと目を閉じると
今度ははっきり聞こえます、間違いありません三味線の音が
大音量で上の階から聞こえてきます。
とりあえず、10分我慢しましたでも止みそうもありません。
仕方無しに着替えて上の階へ。
音のする部屋には誰か居るのは決まっているのですが
「イリヤ・ケルカン」?(誰かいますか?)とドアをノックする。
変な髭面の仙人みたいなおっさんが出てきました。
「ヴーゼット ジャポネ」?(日本人ですか)と聞くと
(時々日本人そっくりでも全く違う方がいますので)
「はぁ」?と聞かれたので今度は日本語で「日本人ですね」と
訊ねると「ハイ」との返事。
多分今現在このホテルには、夜の仕事のために仮眠中の
人間が3名は居るので、三味線の練習はやめて欲しい旨伝えました。


「私は何処で練習したら良いのですか」?
「そんな事を聞かれても知るかよ」。
冷たいようですが知らない国でみんな自分の事が精一杯です
他人に変に優しくすると必ずそいつから、理由も無くパラサイトされてしまいます。
これはどうしたら良いのか?○○に行くにはどうすれば良いのか?
仕事を探してくれ、金を貸してくれと迷惑至極です。
同じ日本人だからとやたら甘える人間がパリに多いのは理解に苦しみます。
まあ、そんな人間は「パリゴロ」。と呼ばれていました。
語源はパリで無目的にゴロゴロしているからパリゴロ。
パリで暮らしていましたの台詞が吐きたくて暮らしている人は沢山います。
もうひとつは、ジゴロ(gigolo女性に養われる男、ひも)のゴロから
来たとも言いますが解りません。



件の「屋根裏部屋の三味線弾き」私が仕事に行った後も
弾いたらしく2-3日したら居なくなりました。
何でもみんなに脅されて仕方なく出て行ったとの事です。
仙人は、津軽三味線をフランスで広めるのが夢みたいでした
とにかく、色々な人が住んでいたホテル・セントラルでした。

  1. 2009/02/25(水) 22:44:50|
  2. 昔々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笑てきたれ

料理人は世界中で盗みを働くと言うことを書きましたが、
昨年の4月2日の日記に詳しく書いていました。


とにかく最寄の駅前で何気に自転車をかっぱらう
高校生のアンちゃんやネエチャンと同じぐらいに罪の意識がありません。
「これ笑て来ましてん」と戦利品を見せられる時ほど
我が同胞達の人間としてのレベルの低さに呆れる瞬間はありません。


物を盗んでいる内は良いのですが、苦節○○年晴れて
一家を構えて料亭やホテルなんぞのトップに立つとさらに酷い事を始めます。
特定の業者から袖の下を貰うのです。
特に価格の変動する、生鮮食料品業者(肉、魚、野菜)などは格好の餌食です。
私もかなり若くして、ホテルの総料理長なんぞになりましたが
まず、ホテルから口座を貰うために(つまり取引をしてもらうと言うことです)
連日の接待、まず高価な食事、中洲で大騒ぎ、帰りにはお土産。
さらに車代と称して 封筒の中には大体10万円以上入っています。
ホテルだと、食品、飲料関係だけで20社以上になります。
まあ、開業時にやるきになれば、200-300万円の臨時収入は
自分の懐に黙っていても入って来ます。


で・・・・。
悪事はそれで収まる訳がありません、そんなものはほんの
プレリュードにしか過ぎません例えば、伝票に
天然鯛kg3500円と書いてあったとします。
仮に100名の婚礼で20k仕入れたとします。
しかし納品されるのは養殖の鯛で価格は半値以下です。
で、差額の17500円は料理長の収入になります。
月に10回(実際にはもっとありますが)あったとしても
魚屋だけで175000円、更に高価な肉屋、安価だけど
コンスタンスな八百屋、他一般の食品会社など。
手取りで月60万円の料理長は、裏の収入も同じぐらいあります。
ほとんどの料理長の最終学歴が中学か高校止まりで、
当時の収入で年収1000万円以上。嗚呼悪い事はしてみるものです。
しかも収入の半分は無税です。
福岡市の大きなホテルでこんな、胸の悪くなる話しはいつもの事です。
何処何処ホテルの料理長は肉屋に家を1軒建ててもらったとか
(これは本当の話です)


随分と内輪の恥部をさらけ出してしまいました。
明日 博多湾に水死体で発見されたら内情をばらしたせいで
闇に葬られたと思って下さい。


で私の場合・・・・・。
機会はいくらでも何度もありましたし、誘惑は10年間いつもありましたが
一度も悪事には手を染めずに済みました。
私の場合はまず、収入が良かった事 
他に全うなコーディネイトの仕事で
収入もありましたし、とにかくかっこ悪い人種にと付き合いたくなかったのです。
福岡のホテルの料理長の集まりがありますが、1度だけ顔を
出して幻滅してまったくお付き合いはしませんでした。
若いのに付き合いの悪い奴と
影で随分酷い事を言われましたが、あんな絵に書いた様な
下らない料理人とは、こちらから願い下げです。
(立派な方ももちろん沢山いらっしゃいますよ)


私の部下の宴会の料理長もやっていました、
内部調査を慎重に進めて証拠が揃った所で証拠を見せて
「どうするのか」とだけ聞きました。
縄付きを出したくは無かったし、自分が悪いくせに知性も教養も無い人間は
逆恨みをすることがほとんどでしたから
自分で辞めたと言える花道だけは用意して辞めてもらいました。
結局料理長を務めた10年間、何度も同じような事がありました。



「笑てきたれ」
料理人の社会的地位はいつになったら上がるのでしょうか?
それにしても、同胞ながら馬鹿すぎます。
  1. 2009/01/28(水) 11:14:32|
  2. 昔々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笑てきたれ

前回は我々料理人がいかに無教養な人間が多いかというお話しを途中までしました。
初めは無教養でも良いのです、なぜなら人間すべて生まれた時は
教養なんてありもしなかったのですから。
しかし、いつまでも無教養なままでは問題ですし、
教養の無い人のさらなる問題は教養を馬鹿にと言うか、軽蔑する傾向が強く
教養を身に付けようとする人の邪魔をする人の多い事でした。
休み時間に本を読んでいると、いきなり賭場が開帳されて
休憩室は博打場に早変わり、当然ズルなんて当たり前の
チンチロリンだのオイチョ株だので、世間知らずの見習いの
ありもしない生活費は巻き上げられます。
本が読みたいからと断りでもしたら、当然仕事中にいじめが始まります。
とにかく、常に貧乏なフリでもしないとたかられ放題です。
自分の先輩に申し訳ないけど、こんな奴に使われて情けないと何度も思いました。
ただ、若いころに喧嘩に明け暮れていたせいでそれ以上のトラブルには
巻き込まれませんでしたけど、気の弱い奴は自然と淘汰されていきました。


知性の意味を調べてみる。
1物事を知り、考え、判断する能力。人間の、知的作用を営む能力。

2 比較・抽象・概念化・判断・推理などの機能によって、感覚的所与を認識にまでつくりあげる精神的能力。

少し解りにくいですね。
簡単に言えば物事の善悪や理屈をすぐに理解できる能力の事でしょうか?
さて、本題の「笑てきたれ」ですが
関西弁で「わろうてきたれ」と読みますが、月に何度か「笑てきたれ」もしくは
「笑てこい」指令が出ます。
大概は大きなイヴェントの後の打ち上げだの、職場の退職者や異動者の
送別会と称する極々内輪の盛大な賄いの時に
発令される場合が多いのです・・・・。
調理場用語で「員数」を合わせるという、恐ろしい言葉があります。
物の質はお構い無しで取りあえずは、頭数に必要な数量を合わせる作業で
員数が合わない時に、何処何処に行って何々を「笑てこい」との指令が出ます。
地方出身者には、「笑て来い」が関西弁でかっぱらって来い
などという意味だという事は解りません。
バットを持たされて(野球のではない)他所の部署に、「話しはついてる」の言葉を信じて
かっぱらいに行かされます。
これは、純然たる横領罪が適用される事で、
例えば主任クラスのお祝いが明日自宅で盛大に行なわれる場合は
かっぱらい品目の希望リストの食材も増えるわけで
給料をもらって盗みの片棒というか、実行犯になるのは
とても嫌な事でした。
そんなこんなで、就職が決まっていたそのホテルをお断りしたのですが
業界は世界中何処でも、同じようにスチール(盗み)をやっていました。


お話しはさらに続く。
  1. 2009/01/27(火) 17:41:01|
  2. 昔々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。