シェフの戯言 黒いページ

リストランテ・ロアジのまわりで起きた様々な出来事を少し辛口につづってみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

暗い闇の中で 番外編

薬を飲んで少しは体調も落ち着いてきたので
先日書きかけて、消えてしまった続きを。

まず、「私のお気に入りのミュージカルベスト10」なのですが・・・。


私の家系は芸術関係の中で音楽以外の才能なら普通なんですが
事音楽に関しては誰一人もまともな才能は無い、
親戚御一同で楽器をまともに操れる者など聞いた例がないし
合唱コンクールなんぞで優勝したきれいな従兄弟もいないし
伯父なんぞはよせばよいのに、下手な歌をみんなの前で披露するのが
大好きで歌う前に音程の調整などと言って
「ド・レ・ミ・・・・」とやるのであるが、当然高い方に
音程は上がるはずなのに ドもレもミも全て同じ音である。

幸いピアノも弾ければフルートや琴まで弾きこなせる女性と結婚した
男が居て彼の娘は親戚一同初の音楽5でしたが・・・・。
一応私が親戚一同で一番歌が上手いらしい?のでそのレベルは推して知るべしなのですが。


まず、1位は
これは、言わずと知れた「サウンド オブ ミュージック」
これがあって、他はなしみたいに大好きなミュージカル
サウンド オブ ミュージックにしろ トラップ一家物語にしろ
実話を元に作られている事が面白い、実際のトラップ男爵とマリアの年齢差はなんと25歳と羨ましいかぎりですが・・・・。

この後に私の好きなスペクタクルベスト10も控えているのでサクサク行きます。

第2位は「ウエストサイド物語」あのシェークスピアの
悲恋を現代のニューヨークの下町のチンピラの抗争仕立てにするとは
中々の手腕です。

第3、4,5位えらくすっ飛ばしましたが
「スイングホテル、ホワイトクリスマス、雨に唄えば」でしょうか?
古き良きアメリカ、ビング・クロスビーの歌声やフレッド・アステアの
ダンスの素晴らしい事、後年マイケルがひとつの目標にしたのもうなずけます。


6位「シェルブールの雨傘」全編ことごとく歌のみ
普通のミュージカルにある普通の台詞はまったくありません。
ハッピーエンドなのか?アンハッピーエンドなのか未だに解りません。
若いころのドヌーブの可愛いこと。

7位「ダンサー イン ザ ダーク」
なんと21世紀初めて見た映画がこの映画でした大好きなとっても
エキセントリックなビヨークが主演です。
素晴らしい映画なんですが上映が終わっても誰も席を立とうとせず
館内のあちらこちらからすすり泣きが聞こえてきます。
今世紀初にするにはテーマが重過ぎました。

8位「王様と私」
お互いが最後には理解を深めるのですが、当時の白人がアジア人を
どう思っていたのか何となく解ります。
一部アジア蔑視な映画で、物語の舞台となったタイ国では未だに
上映禁止映画のままです。

9位「お熱いのがお好き」。
マリリンさえ見られればこのさい他はどうでもいいやーって事でランクインです。
でも以外とあったマリリンのミュージカル。


10位「コーラスライン」
ブロードウエイでスターダンサーを目指す若者達の青春群像ではあるが
這い上がっていくには何処の世界も厳しいですね。

その他、フラッシュダンス、フットルース、ライザ・ミネリのキャバレー、ムーランルージュ、オズの魔法使い、サタディナイトフィーバー・・・・。

やっぱりきりがありませんでした。


私の好きなスペクタクルベスト10

第1位「十戒」または「ベンハー」もしくは「エルシド」のなかの1作品
本当は3本とも大好きな作品なんですが
主演のチャールトン・へストンが全米ライフル協会の会長なんぞに
なって銃器の規制に断固反対しているので、思想的に1作品だけになりました。

2位アラビアのロレンス
ピーター・オトゥールの主演作品。
物語は主人公の事故死という場面から始まる
主人公の名前はトーマス・エドワード・ロレンス、残念ながら
トーマス・リーベンではありませんが
たかが少尉がこれだけの事をできるとは、本当にアラブを愛した男の話。

3位「謎の大陸アトランティス」
ほとんど誰も知らない作品ですが
生まれて初めて見た洋画で、初めて見たスペクタクル作品
なぜか日本語吹き替えでした、面白かったけど
それ以上に主人公が奴隷にされるシーンが恐ろしかった
豚か山羊か牛かどれかを選べと言われる、仕方なく動物の名前を告げてクリスタルを見ていると変身してしまうシーンでした
家に帰っても恐ろしくて夜泣きをしたような記憶が・・・・。

4位「七人の侍」スペクタクルのおもしろさが本当によくでています。
中でも冒頭の「左卜全」のアップシーンは色々な国でみたけど
みなさん大笑いです。

5位ユリシーズ
ジェームズ・ジョイスのマルセルプルーストの「失われた時を求めて」と
同じぐらいに読み終えたと言う話しを聞いたことの無い「ユリシーズ」ではない。
ホーマーの叙情詩「オデッィセイ」の映画化作品です。

6位「スターウォーズ」全6作品の壮大なスペースオペラ。
実際の物理科学なんぞは無視しつくした宇宙版
西部劇なんですが、次の作品が待ち遠しかったのを覚えています。

7位「風とライオン」
このアンソニー・クイーンにしろカーク・ダグラスにしろ
冒頭1位のチャールトン・ヘストンにしろ
スペクタクル映画には必ず顔になる俳優がいます。

8位「スパルタルカス」
これも確かカーク・ダグラスだし。

9位「乱」
またもやシェークスピアの「リア王」の戦国時代物?
じつはこれもパリで見たけど、世の中は広いですね
シェークスピアの作品ばかり鑑賞している方が何人もいるのですね
日本語&スーパーのみなのに、みなさん絶賛でした。

10位「タイタニック」
デカプリオはあまり好きではありませんが、作品としてはかなりの重量感これぞスペクタクル作品?


その他 「ラストエンペラー」 「サムソンとデリラ」 「トロイ」 「トラ・トラ・トラ」。
やっぱり収拾が付きませんでした。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/22(土) 00:46:51|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暗い闇の中で 3

昨夜は日記を書いて、星新一の「かぼちゃの馬車」を1冊読んで就寝する。
最近よく星新一を読むのはNHKで毎週月曜日だかに
「星新一のショートショート」をやっているからであるが
高校生のころほとんど、完読していたはずなのにほとんどの
結末を忘れてしまっています。
(まあ、人間としてあたりまえな事ですが)
星新一のショートショートを読む楽しさは、半分近くまで読んで
自分で結末の予想をして紙に書いて さらに読み進めることでしょうか?


閑話休題
真夜中に眠りがノンレム睡眠から、レム睡眠に変わった時
枕元に「映画の神」が現れて私を起こす、ちょっと話しがあると・・・・。

こんな所で神様にお会いできるとは思いませんでしただの
生粋の無神論者が適当な事を言っています。
「今日のお前の感動物の映画のセレクトだが・・・・」。
「何か忘れとりゃせんか?」「えっ?何がですか」
「カサブランカは?フェリー二の道は?自転車泥棒は?風と共に去りぬは?
ローマの休日は?キャサリン・ヘップバーンの旅情は?
ベンハーは?十戒は?」
流石は映画の神様だけあって、立て板にドブ水、映画の作品名、監督
主演俳優と色々と詳しい事、ウムも言わさずたたみ掛ける

「随分と古い作品ばかりですね」。
「なに古いだと、神は永遠に生きるので古いも新しいもないんじゃが
比較的最近の作品で 野生の夜に は?ダンサーインザダークは?
ニューシネマパラダイスが入って イル・ポスティーノはなんで
入っておらんのじゃ、レオンは?グランブルーは?イングリッシュペイシェントというのもあるぞ、なんでタイタニックが抜けたんじゃ?」と
かなりお怒りのご様子です。

「おいこら」。
「はいなんでしょうか」。
「お前の映画好きも大した事はないな、もっと精進しろ」。
と言っていきなり私の頭を殴りつけて神様はお隠れあそばした。


上手の手から水が漏れる、猿も木から落ちる、弘法も筆の誤まり、
釈迦にも経の読み違い、河童の川流れ、めくら蛇に怖じず(これは違いました)
こうなる事は解っていたのですが、後でああすれば良かった
こうすれば良かったと思うことを フランス語でエスプリ・ド・エスカリエと言います。
まさに、この文章を書いている今ですらあれもこれもと映画の題名は付きません。


映画の話はまたいつか別な機会にします。
最後に1作品だけ紹介を

「歌っているのは誰」
旧ユーゴスラビヤの作品です、ブリュッセルでユーゴ語なんてないので
多分セリビヤ語?で聞いてフランス語のスーパーを読んで観たので
内容はイマイチ解りませんでしたが、とても良く出来た作品でした
オペラと同じで名作は、言葉の細やかな説明がなくても感動できるものかと。
  1. 2008/11/22(土) 00:45:29|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暗い闇の中で 2

さて、昨日の続きを書き始めるのですが
あいにくと身の回りのお酒を飲みつくして飲み物が無くなってしまいました。
ドリンカーとしては由々しきことです。


高いお酒ならあるのですが、たかが戯言を書く片手間にそんな
高級ワインを開けたくはないし、いつもの焼酎もわざわざ買いに
行くのは面倒なのです。
冷蔵庫を物色すると、ありましたmikaちゃんが飲んで下さいと
置いていってくれたシェリー酒それも「アモンティリャード」
私には少し甘口ですが、しっかり醸してあるので嫌味な甘さはありません。


私の好きな「映画ベスト100」そんなタイトルで書きたかったのですが
まず100本に絞れるのかそれが、疑問だし。
年代別なのか?、ジャンル別なのか?、国別なのか?
他にも分類の仕方は色々あるし・・・・。どうする?


まあ、悩んでも仕方ないので適当に書きます。


1.感動物の世界
「ニューシネマパラダイス」 20回以上観ています。
男の生き方に疑問を呈してくれる作品。
初めは何故か、大幅にフィルムをチョン切られていたのですが
後年ディレクターズカットを観てさらに好きになりました。


「シンドラーのリスト」 一部を除いてモノトーンの暗いタッチで物語りは進行していきます。
冒頭のブリキの缶からカフスを探すシーンは唸ります。
次のシーンが「シャトーマルゴーはあるかね」?だし。
トーマス・キニーリーの原作を一度読んでからどうぞ。

「生きる」 世界の黒澤作品 トム・ハンクス主演でリメイクするらしいので、早く観たい。


「グローリー」、「アミスタッド」の黒人差別物、深いです。
両方のお話しを調べて歴史のお勉強も楽しいかと思います。


「ライムライト」、「街の灯」我が青春の師匠とも呼ぶべき人チャーリー・チャップリン
カルチェラタンの場末の映画館で、一連の黒沢作品と同じく
ほとんど初期のサイレントの短編から、観尽しました。
ライムライトでは、落ち目だったバスター・キートンを
何処からか拾ってきてチャンスを与えて二人の初共演があります。
自伝の「若き日々」も合わせてお読みになるのもよろしいかと。


「大いなる幻影」、「西部戦線異状なし」。古い白黒の戦争物としては
白眉のでき。
エーリッヒ・フォン・シュトロハイムの背筋を伸ばして
ブランデーを一気にあおる姿、深夜独りの部屋で真似をしたものでした。

「卒業」ご存知ダスティン・ホフマンの出世作。
なぜかまだ、幼かったのに年上のお姉さんが連れて行ってくれました。
ミセス ロビンソン(アン・ヴァンクロフト)のお色気シーンで
ドキドキしましたが、サイモンとガーファンクルの音楽
とってもありえない結末は感動でした。


感動ものだけで100本は軽く越えてしまいそうな感じですが
とりあえずのお気に入りの10本の紹介でした。
つづく・・・・。
  1. 2008/11/22(土) 00:43:49|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暗い闇の中で

手元に若い牝がいる。

体重は知りませんが丸々として美味しそうな牝である。
昼間から全裸にして体中にラップを巻いて室内に放置プレイ。
完全に室温になったところで 更に残酷に縛り上げてドSの本領発揮・・・・。
SMの夜の始まり?
独り妄想に耽っています。


今日は仕事も休み朝から何処にも行かず、誰とも会わず1日中生ゴミをして過ごした。
裸にされて1日放置プレイをされて挙句、縛られた彼女は
今コンベクションオーブンの中で私の、バスデーディナーに
なるべく煉獄の中で焼かれています。
食べてしまいたいぐらい可愛い。女性が言うとほのぼのとしますが
男が言うと時たま本当に食べてしまうことがあるので
ブラックジョークのネタになります。
別に狂って佐川君をやらかそうと言う訳ではありません。
何年か前の私のつまらない出来事のために、鳥肌を立てて
ローストされているのは若鶏です。


週末は私のバースデーのはずでしたが、精神及び肉体は
それどころではない状況で結局何もしませんでした。
あと何年生きられるか解らないけど
とんでもない思い出の残る新しい1年の始まりでした。


いまだになにやらムカムカしたわだかまりがありますが、
それでも朝が来て、夜も来る。
気分を直してローストチキンと白ワインと読書。
独りのお楽しみの始まりです。


『赤壁の戦い』。言わずと知れた三国志の一番面白い戦いの話しであるが
よせばよいのに、突然三国志のおさらいを始めてしまい。
始めてすぐにそれがとてつもなく無謀な事と反省しました。
大体「桃園の誓い」から「死せる孔明、生ける仲達を走らす」
までの長い話を そんな1日や2日でおさらい等出来るわけも無しあきらめましたが
昔1度は読破したので、思い出すきっかけには良かったです。
で、「レッドクリフ」は観に行かない事にしました。


「マリリン・モンローも居る暗い闇」誰かの随筆にあったようなタイトルですが。
今はまともに物を考えたくないので、映画の話に逃げる事にします。


ものぐさもここに、極まりで寝転んでパソコンをいじっていたら
首筋を違えてしまいました、おかげで頭痛も始まりましたので
続きは明日か、近いうちにという事で。



ロースチキンは右足を舐めるように頂いたところで
飽きてきてお腹も一杯になりました。
白ワインは後三分の一程残っています。
気分を直してもう一度、Happy Birthdayと言ってみる 『悲しみよこんにちは』。
  1. 2008/11/22(土) 00:37:45|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ロアジネット

Author:ロアジネット
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。